青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「フェルメールの雨傘」 | main | フェルメール・カルテット♪ >>

「ハウルの動く城」

宮崎駿監督の新作映画「ハウルの動く城」を観てきました。

この画像は今年7月に東京都現代美術館で開催された「日本漫画映画の全貌」展に出展されていた「ハウルの動く城」立体模型。
実際にギシギシ動いていました。

この映画、本当なら↑の展覧会が開催された夏に公開の予定だったものが
絵コンテが完成していないとの理由で夏から秋へ公開をスライド。

前作から3年も経っているので、どんな作品に仕上がっているか楽しみだった。
英国の作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童文学を原作に18歳のソフィーが魔女にのろいをかけられて90歳の老女となり「動く城」でハウルと共同生活を送る物語。宮崎監督が「生きる楽しみ、愛する歓び」を描いた。
魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
声優も魔法使いのハウルをスマップの木村拓哉、主人公のソフィーを倍賞千恵子さん、ソフィーにのろいをかける荒地の魔女を美輪明宏さん、そしてカルシファーを我修院達也さんが演じるなど公開前から話題いっぱい。

潮留に移転した日テレと電通が強力タッグを組んで宣伝をバンバンしてくるのでいやがうえにも期待は膨らむ。前作「千と千尋の神隠し」がとっても良かったので、その延長線で意気揚々と映画館へ向った。

肝心の感想は・・・
「千と千尋の神隠し」のような一度観ての分かり易さのようなものは
この映画にはありません。観終わった後いくつもの???が残ります。
当然、意図的に製作者の方も???を残したのでしょうが、それでも
ちょっと多すぎる感じは否めません。

???はご覧になった方の解釈にお任せします。
というのは都合のいい発言でもあるような気がします。
ある程度はまとまりつけないといけないのでは?
子供さんたちもジブリの作品とあって楽しみに観に行くわけですからね。

ベネチア国際映画祭コンペティション部門で最高賞にあたる「金獅子賞」を受賞できなかったのも何となく分かりました。

ただ、「オゼッラ賞」(技術貢献賞)を受賞したことも、
この作品を観て納得します。
確かにアニメーションとしての技術は今更言うまでもなく一流。
ハウルの城の「動き」などはちょっとビックリします。
宮崎監督の好きな飛行艇の翼の動きもまた、滑らかでした。

「物語」である以上、多少の疑問点は残ってもそれはそれで良し。
観る側があれこれ想像する機会を与えてくれることになります。
一度観て全て納得。これだと面白みないかもしれません。

ただ、「ハウルの動く城」に関してはちょっと多いかな?と感じました。
言ってみれば消化不良。
あんまり難しくしなくていいんじゃないの〜監督さん。
「天空の城」の頃にはもう後戻りできないのかなーー寂しい。

>宮崎監督が「生きる楽しみ、愛する歓び」を描いた。
確かにそれは納得。でも時間が短すぎ。これ描くには。
最後の方は「ぐぃーーん」「びゅーーーん」ってな感じの
シーンでお茶にごされているように思えてなりません。

少しは「なるほどね!!」ってなことないと。

でも、でも酷評されかねないキムタクの声優起用に関しては
正解だったと思います。キムタクの声気にならないし
あのぶっきらぼうさがハウルに合っていて良かった。
登場の仕方も突然だし、とにかく謎の多いキャラなので。

カルシファー役の我修院達也さんもいい味出していました。
彼でないと演じられない役どころ。
キムタクとの「契約」をもっとはっきり描いてくれるとより良かったけど。

「動き」や「声優」だけでなく、音楽も良かったですよ。
サウンドトラックCDは、「千と千尋」に続き、新日本フィルハーモニー交響楽団。主題歌「世界の約束」は作詞を谷川俊太郎さんが担当し、主人公ソフィー役を演じる倍賞千恵子さんが歌っています。
ハウルの動く城 サウンドトラック

ハウルの動く城 主題歌 世界の約束


こんなのもあります。
「ハウルの動く城占い」
映画・観劇 | permalink | comments(6) | trackbacks(8)

この記事に対するコメント

TBありがとうございました。この映画最大の見所っていったらやっぱり「動く城」でしょうね。予告でみたときからもっと見たい!って思ってましたから。しかしながら本当にそこだけになってしまったような感じも・・・。まぁ期待しすぎてた点もあるんでしょうけど、ちょっと微妙でした。もっとシンプルなメッセージをこめて作ってくれればなぁと少し思ったかな。最近のアニメ映画ってどんどん話が難しくなってきてて、素直に楽しめるものが減ってきている気がするんですよね。そこを誰が見ても楽しめる映画として宮崎監督に期待してた部分もあったんですが・・・。

なにはともあれTBありがとうございました。
codomo | 2004/11/29 6:10 AM
@codomoさん
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、アニメ敷居が高くなってしまって
メッセージ性の強い作品ばかりになってしまいました。
もっとシンプルに笑えて泣けて楽しめるもの
もう日本では作れないのでしょうか??
ディズニーに喰われてしまいかねません。
宮崎監督ももっと肩の力ぬけばいいのに・・・

早くも次に期待でしょうか。
(あっ!期待するからいけないのですね)
Tak管理人 | 2004/11/29 5:03 PM
トラックバックさせていただきました。

> 観終わった後いくつもの???が残ります。

そうでしたね。後半はテンポが速くて、何が何や
ら...という感もありました。

だから初日から大ヒットしているのは嘘のように
思えます。ただ「千と千尋の神隠し」はとてもわ
かり易い映画でしたが、その割には両親が豚にさ
れてしまうなど、メッセージ色が気になりました。

一方、ハウルの場合は、単に気持ちよく観るだけ
であれば、きれいな映像ときれいな音楽。それだ
けでもいろいろな表現方法があるはずだ、そんな
新しいやり方を試みているのではないかなぁ...
と思いました。

# 深読みですが...

ただし、
> 子供さんたちもジブリの作品とあって楽しみに
> 観に行くわけですからね。
という視点は忘れられないポジションにいるわけ
ですね...

十年前の紅の豚のように、作り手がとことん楽し
む大人のジブリが観たいなぁ...そんな風にも思
いました...
lysander | 2004/12/07 1:42 AM
@lysanderさん
こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。
映画は滅多に観ないので好き勝手書いてます。

これ、展覧会で散々テンション上げられた映画です。
電通恐るべし。

宮崎監督の作品という肩書きが
重すぎますね、きっと。
ほんとうはもっと楽しめるはずなのに・・・

絵的には綺麗で
描き込みも丁寧です。

後半だけですかね。問題は。

ナウシカのコミック版を映画化してもらいたいです!
Tak管理人 | 2004/12/07 8:50 PM
Takさん、あけましておめでとうございます。
よいお正月をお迎えのことと思います。

ハウル、公開されてすぐご覧になったんですね。
私が言いたかったことをTakさんが簡潔に
書いていらっしゃる!!
そうそう、そうなんですよ。
メッセージ性が強すぎてはてなマークがあたまの中を
ずらずらっと。。
正直、子供が観て楽しめるのかな、と思いました。
でも、ハウルとソフィーのラブストーリーというか、
ファンタジーとしては楽しかったです。
映像もきれいですよね。「動き」が流れるようで。
観客動員数に関しては、宮崎作品の新作という
話題性もさることながら、電通の力もかなりあるのでは
と思いました。
はな | 2005/01/02 9:08 PM
@はなさん
明けましておめでとうございます。
実家から昨夜遅くに帰ってきました。

宮崎監督の映画を悪く言うと
「分かってないなーー」とか言われてしまうので怖いです。
素晴らしい監督の作品こそ駄目な時は声を大にして駄目だと
言わないと、次もその次もそのまた次も駄目な作品作ります。
きっと。
絶好調の時こそ謙虚に。

本屋さんでハウルの本立ち読みして
あそこはこういう事だったのかーーーと
理解している私です。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。
Tak管理人 | 2005/01/04 4:57 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
ハウル動く城 見ました。うーん・・・正直見た感想をいえば「微妙」につきます。まあ期待しすぎてた部分もあるのでなおさらそう思うんだとは思うんですが、まず、なにを伝えたいのかがよくわからなかったし、ラストの終わり方もそんなんでいいの?って感じで拍子抜け
ハウルの動く城 | Electronic Cafe | 2004/11/29 6:11 AM
見てきましたよ。「ハウルの動く城」を。友達と。 木村拓哉の声もそんなに気になることはなかったよ、私は。 以下ネタバレです。と言うより見てないと分からない。
「ハウルの動く城」を見ました | Ripen Ф Blog | 2004/11/29 11:05 PM
邦題:ハウルの動く城 原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 監督:宮崎駿 出演:倍
映画: ハウルの動く城 | Pocket Warmer | 2004/12/03 2:03 AM
今日は家にいるつもりだったのですが、劇場招待券が手許に あったので『ハウルの動く城』を観にいきました。公開直後 で混雑を心配していたのですが、横浜の相鉄ムービルで19時 の回は比較的空いていました。 とても面白いファンタジー映画です。 後半で展開が早くな
新しい地平へ(ハウルの動く城) | 徒然と(美術と本と映画好き...) | 2004/12/07 1:31 AM
 先週、観ました、「ハウルの動く城」。 私の周りでは評判はイマイチだったけど・・ おもしろかった〜!! でも、なんだかメッセージ性が強くなって                正直、???な部分もありましたが。そして、アニメとは言え、ラブストーリーです
ハウルの動く城 | 花のいろ | 2005/01/02 9:10 PM
  人に怒られ、悪態つかれて、重い気分で劇場に向かう。   その人にとってはまじめにこつこつ生きて、優秀な成績を  修めて成功し、出世 することが最上の人生(あまりに古典  的で笑ってしまいそう だが、まだまだこういう方はいらっしゃ  るのである)で
「ハウルの動く城」その1 | 右腕をきたえたい | 2005/01/06 2:07 AM
宮崎駿監督の「ハウルの動く城」を観ました。 こんなに、純真な恋。 空を飛ぶことさえ、恋心。 恋するということの不思議をなんのてらいもなく自然に描いている。 あの綺麗な御花畑で揺れているかわいい花たちの風にそよぐ動きでさえ恋心。...
「ハウルの動く城」---宮崎駿 | af_blog | 2005/04/13 12:28 PM
ハウルの動く城 こういう世界観を創ることが出来る人、尊敬します。 宮崎アニメって、その題名を聞いて、これで良い映画になるの?感動できるの?って、思ってしまうのです。この映画もそう。題名を聞いただけでは、見たいと思わない。今までの宮崎アニメの中で、題名
ハウルの動く城 今年の225本目 | 猫姫じゃ | 2005/11/17 3:06 PM