青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「動植綵絵」に命名しよう(その2) | main | 「動植綵絵」に命名しよう(その4) >>

「動植綵絵」に命名しよう(その3)

今日で3日目となります。
「動植綵絵」の作品に相応しいタイトルを考えていただく企画です。

「梅花小禽図」「秋塘群雀図」「紫陽花双鶏図」
「老松鸚鵡図」「芦鵞図」「蓮池遊魚図」

6幅の新しい名前考えていただいたら
コメント欄に書き込んで下さると嬉しいです。

回答用フォーム一応簡単に作りましたので
これコピペしてお使い下さいませ。

「動植綵絵」新・作品名
No.1・
No.2・
No.3・
No.4・
No.5・
No.6・


画像をアップする順番は
「花鳥−愛でる心、彩る技<若冲を中心に>」展の
第1期から第5期に展示された作品順となっています。
本日は第三期の6作品です

これ用に新しく画像をスキャンし直したので多少は見やすいかと思います。
細部もなるべくはっきり見えるようにできるだけ工夫しました。

では、では、本日のお題はこちらの6作品です。

No.1


No.2


No.3


No.4


No.5


No.6


この6幅が展示された第3期の感想はこちらです。

『動植探絵』は、若冲が42歳の宝暦7年(1757)頃から明和3年(1766)頃までのおよそ十年間を費やして完成された若冲の代表作で、全30幅に及ぶ大作である。鳥は、鳳風や鶴から鴛驚・鶏、さらに雀などの小鳥まで、植物は松・梅・桃・紫陽花・向口葵・勾薬など、鯛や蛸などの種々の魚貝、蝶・蝉・蜻蛉などの昆虫、さらに蛙や蛇など、全30幅に描かれる動植物は実に様々である。いずれの画面も、若冲の凝視から生み出された独特の構図に、華麗な色彩を用いて細部まで丁寧に描き、描写対象の質感を見事に表している。
本来は、いまも京都・相国寺に伝わる『釈迦三尊像』と共に、若冲自らが帰依した同寺に寄進した作品である。



新しい作品タイトル考えてください。
(例えばNo.2・「雀襲来!」とか)

宜しくお願いしまーす。

後々「動植綵絵」人気投票も行いたいと思っています。

目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』
目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』
お知らせ | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

satoです。品格を出すのは、むずかしいです。そういうと、『動植探絵』を見ていて思ったのですが、ほとんどの絵に(高価そうな)鉱物質の青や緑が、広い面積ではありませんが効果的に使われていて、特に青に目がいきました。「青」のtak さんが若沖に惹かれるんですもんね。

1. 老いて小禽を遊ばせる
2. 編隊、降下!
3. 下じゃなくて、上見て。
4. 鳥にも格差
5. 鵞鳥の孤独
6. 極楽の涼
sato | 2006/07/28 1:59 PM
スキャン画像の印象は、絵を観たときや図録とも異なりますね。

「動植綵絵」新・作品名:スキャン画像に忠実に
癸院η濂屮薀ぅ肇▲奪廖
癸押雀来襲!吉兆か災厄か
癸魁Δ修凌綸メークはどうなのよ・・・
癸粥Δたふく風邪治った?
癸機Εアガアガア
癸供Ε好ぁ璽辰閥中遊泳。えっ空?
mizdesign | 2006/07/30 7:18 AM
こんにちは。
留守中に「難題」に挑んで下さいまして
どうもありがとうございました。
ネット環境の無いホテルで5日間過ごしていました。
帰宅して多くの皆さんのコメントが宝物のように
感じたのは想像に難くないことかと思います。
感謝感謝です。

@satoさん
こんにちは。

仰るとおりなんですよ!
青が随所に生かされていますよね。
面積的には僅かなのですが。
ただそれがかえって効果発揮していました。

「極楽の涼」
そうかーーここは極楽だったのですね。
それならすんなりと納得です。
不自然な構図も!

@mizdesignさん
こんにちは。

スキャンしてその後、ちょっとだけ加工しています。
画面で映えるようにしてあります。
本物と違って見えるのはそのせいかと。。。

「おたふく風邪治った?」
確かに。
おたふくですね。
我が家はオカメですが。。。




Tak管理人 | 2006/07/31 1:33 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/712
この記事に対するトラックバック