青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「動植綵絵」に命名しよう(その3) | main | 「動植綵絵」に命名しよう(その5) >>

「動植綵絵」に命名しよう(その4)

留守中特別企画第4日目になります。
「動植綵絵」の作品に現代風のタイトルを考えていただく企画です。

今回は現在、三の丸尚蔵館で公開中のこの六作品です。
(NHK新日曜美術館で紹介後来館者増えたそうですよ〜)

「老松白鳳図」「向日葵雄鶏図」「大鶏雌雄図」
「群鶏図」「池辺群虫図」「貝甲図」

6幅の新しい名前考えていただいたら
コメント欄に書き込んで下さると嬉しいです。

回答用フォーム一応簡単に作りましたので
これコピペしてお使い下さいませ。

「動植綵絵」新・作品名
No.1・
No.2・
No.3・
No.4・
No.5・
No.6・


画像をアップする順番は
「花鳥−愛でる心、彩る技<若冲を中心に>」展の
第1期から第5期に展示された作品順となっています。
本日は第四期の6作品です

これ用に新しく画像をスキャンし直したので多少は見やすいかと思います。
細部もなるべくはっきり見えるようにできるだけ工夫しました。

では、では、本日のお題はこちらの6作品です。

No.1


No.2


No.3


No.4


No.5


No.6


この6幅が展示された第4期の感想はこちらです。

『動植探絵』は、若冲が42歳の宝暦7年(1757)頃から明和3年(1766)頃までのおよそ十年間を費やして完成された若冲の代表作で、全30幅に及ぶ大作である。鳥は、鳳風や鶴から鴛驚・鶏、さらに雀などの小鳥まで、植物は松・梅・桃・紫陽花・向口葵・勾薬など、鯛や蛸などの種々の魚貝、蝶・蝉・蜻蛉などの昆虫、さらに蛙や蛇など、全30幅に描かれる動植物は実に様々である。いずれの画面も、若冲の凝視から生み出された独特の構図に、華麗な色彩を用いて細部まで丁寧に描き、描写対象の質感を見事に表している。
本来は、いまも京都・相国寺に伝わる『釈迦三尊像』と共に、若冲自らが帰依した同寺に寄進した作品である。



新しい作品タイトル考えてください。
(例えばNo.5・「貝殻大図鑑」とか)

宜しくお願いします

ゆくゆくは「動植綵絵」人気投票も行いたいと思っています。

伊藤若冲
伊藤若冲
伊藤 若冲, 小林 忠
お知らせ | permalink | comments(7) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

癸院Σ个猟察塀蚓篇)
癸押ο∈邨棔η髻憤豈)
癸魁ο∈邨棔黒(二羽)
癸粥ο∈邨棔η鮃(筆がとまらない!)
癸機辛抱できずにジャンプ!(あるいは騒々しい楽園)
癸供静かな楽園(絵自体は騒々しいですが…)

5と6は、なんかボッスを思わせますね。
タテ | 2006/07/29 5:37 AM
「動植綵絵」新・作品名
癸院ξの企み
癸押散歩
癸魁α蠍互い
癸粥θ甦邯髻
癸機α々しき夜よ
癸供Τっ罎遼鬼兌

インスピレーションで付けさせて頂きました。
ミズシー | 2006/07/29 4:58 PM
「動植綵絵」新・作品名:何がなにやら(笑)
癸院Ε薀屮薀屮薀
癸押ξ叩夏モード
癸魁Ωつめあう視線
癸粥Σ翹大会決勝
癸機Σ撞戮澆亮由研究
癸供寿司喰いねえ
mizdesign | 2006/07/30 7:28 AM
「動植綵絵」新・作品名

癸院ΕΕ┘妊ングドレス。
癸押折りたたみヒマワリ。
癸魁Δ舛腓辰反兇蠍いてみた。
癸粥Δ砲錣箸蠅犬紊Δ燭鵝
癸機Εエル座禅の図。
癸供Ε汽競┐気鵝
つが | 2006/07/30 12:13 PM
「動植綵絵」新・作品名
癸院ν僅
癸押θ爐瞭常(凝視)
癸魁θ爐瞭常(邂逅)
癸粥β減澆亮臘
癸機座して仏に
癸供Π襪鯀曚

No.5「座して仏に」は、禅僧・仙ガイ(漢字が変換されない…涯から「さんずい」を取った字)へのオマージュのつもり(笑)
菊花 | 2006/07/30 3:55 PM
一貫性がなくて、すみません。4・5って、とにかく混み合ってますね。なんでこんなに盛り込みたかったのか、聞いてみたいです。もちろん、お釈迦様の周りで、命の賛歌を歌ってほしかったんでしょうけど・・・ 若沖って、お弁当開けた時にぎゅうぎゅうにとりどりのおかずとごはんがつまっているのを見ると、きっと幸せを感じたでしょうね。
1. 高貴かつ艶美とは、現世にあらず。
2. ヒマワリがぐったりしても、ボクはへっちゃらさ。
3. 天然の美、夫婦の妙
4. もう少し増やせたかな。
5. 五分の魂の宴
6. 引き潮
sato | 2006/07/31 12:51 PM
こんにちは。
留守中に「難題」に挑んで下さいまして
どうもありがとうございました。
ネット環境の無いホテルで5日間過ごしていました。
帰宅して多くの皆さんのコメントが宝物のように
感じたのは想像に難くないことかと思います。
感謝感謝です。

第四期は現在開催中とあって更に
多くの皆さんからのコメント頂戴しました。
ありがとうございます!

@タテさん
こんにちは。

そうなんだよね、若冲って海外の画家さんを
想起させるような作品が多いのも特徴。

「静かな楽園」
絵自体は確かのごちゃごちゃしているのですが
静けさを感じさせる作品ですね。

「筆がとまらない!」笑わせてもらいました。

@ミズシーさん
こんにちは。
ご参加ありがとうございます。

印象派コミュの管理人さんだけあって
また一味違いますね〜

「恋の企み」
こうきましたかー
いかんせんハートですからね。

@mizdesignさん
こんにちは。

今回はテーマに沿って名前付けるの
難しそうですね。

「涼☆夏モード」
星が効いてます。
この鶏がアイドルのようです。

@つがさん
こんにちは。
ご参加ありがとうございます。

「にわとりじゅうたん」まさにその通りですね!
座ると落ちつかなそうですよね。
お尻つつかれそうです(^^ゞ

@菊花さん
こんにちは。

禅僧 仙僂禄亳美術館に多くのコレクションありますよね。
ヘタウマ風な絵がとてもいい感じです。
私も好きで、ポストカード何枚もあそこ行くと買ってしまいます。

「誘惑」
1番はどうもそう見えてしまいますよね。
観ていてもドキドキしてしまいます。

@satoさん
こんにちは。

まとまらないですよね。若冲自身も
一気に描きあげたわけではなさそうですからね。

しかしお弁当箱の比喩は笑えます。
絶対そうですよね!

「もう少し増やせたかな。」
増やしたかったのでしょうね。きっと。
それとも訳ありの数だったのでしょうか。




Tak管理人 | 2006/07/31 1:54 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/713
この記事に対するトラックバック
伊藤若冲展第四期。目当ての画集でみた服装倒錯の白い鳳凰の絵を みたら色っぽくなくて、そのとなりの鳳凰の絵にひかれた。白い鳳凰は 高貴で清純派な感じというのかなあ。全体的にさらっとしてる。両方とも ポーズはほとんど同じなのですが(鳳凰の脚は微妙に違う)
若冲展第四期。 | つが つれづれ 日記 | 2006/07/30 12:15 PM