青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「大地の芸術祭 -越後妻有アートトリエンナーレ2006-」 | main | 「ポップアート1960’s→2000’s 展」 >>

二枚の「紫陽花双鶏図」

今晩放送されたテレビ番組「たけしの誰でもピカソ」
特集は先日もこちらでお伝えした通り伊藤若冲。

山口晃が出演しているのだから折角なら
彼にもっと若冲について話して欲しかったのに
要らん連中がベラベラと。。。

しかも憂慮した通り、若冲を「ニート」なんて
言葉で括り説明し始めてしまうのだからイライラ。

言いたいことは色々ありますが
自分の思うような番組なんて無いと思っているので
まぁ戯言はここまでにしておきます。

ただし、間違いはきちんと正さねばなりません。

放送中に「動植綵絵」(どうしょくさいえ)を紹介していましたが
「動植綵絵」三十幅に含まれる「紫陽花双鶏図」の画像が違ってました。

「動植綵絵」の「紫陽花双鶏図」はこれ。


で、間違えて使われていた画像がこれ。


↑この絵は現在「プライスコレクション 若冲と江戸絵画展」に
出展されているジョー・プライスさんが所有する「紫陽花双鶏図」です。

勿論、両方とも若冲の筆による真筆です。

でも、比較してみると随所に違いがあるんです。
並べてみますね。



プライスさんの作品の方が早くに描かれたものです。
ですから紫陽花の上部の空間が間延びしてしまってます。
それを訂正するかのように宮内庁所蔵の「動植綵絵」では
紫陽花が画面全体からはみ出さんばかりに描かれています。
鶏を包み込むようです、まるで。

雄鶏の姿はほぼ一緒ですが、雌鶏はポーズが違います。
またどちらも羽の模様なども実は違っています。
同じような作品でも似て非なるものなのです。

ついでに言うなら紫陽花の花の描き込みも
「動植綵絵」の方が細かく描かれています。

実は、今日も仕事帰りに平成館でプライスコレクションを
観てきたばかりなのですぐに違う!と分かりました。

私もケアレスミスばかりですから人様のこと言えた義理では
ありませんが、差し出がましいながらも間違い指摘させてもらいました。



TV番組 | permalink | comments(8) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

そうだったのか!気がつきませんでした。
教えていただいてありがとうございます。

なんだか終始、若冲はこんなに偉い!って喚き続けられた印象の番組で、がっかりでした。
そして、あの執拗さをオタクとは言えるかもしれないけど、ニート呼ばわりは違うんじゃないかと。

山口晃さんは良かったですね。もっと話してほしかったな。
大の | 2006/08/05 1:03 AM
こんばんは。
私はこの番組を見なかったのですが、
ニートだ、やれダ・ヴィンチだの忙しくて、
肝心の絵が疎かになっていたようですね…。

>今日も仕事帰りに平成館でプライスコレクション

行かれましたか!
私もそろそろ三度目に挑戦しようかと思っているのですが、
混雑具合は如何でしょう。
次はお盆休み中にでも行こうかと思ってます。
はろるど | 2006/08/05 2:09 AM
こんにちは。
私もついつい観ておりまして・・・
紫陽花双鶏図に「ええ〜っ」と思いました。
微妙ですが絵の比率が違いますからね。
山口さんのお話はおもしろかったです。
tsukinoha | 2006/08/05 9:26 AM
@大のさん
こんにちは。
リクエストにお応えして?
この記事書かせてもらいました。
やっつけ記事ですのでご勘弁あれ。

ニートとかいう言葉でしか
伝えられないのが悲しいです。

情けない。まぁテレビですから。

@はろるどさん
こんにちは。

えーーとですね。
プライス展、大混雑中です。
NHKの放送の所為でしょうね。
特に若冲の部屋は大変です。
例のモザイク画なんて5,6重の人だかりです。

ご一緒した時が嘘のようです。

ただ、第四室はわりと楽に観られました。
はろるどさんの記事楽しみにしています!

@tsukinohaさん
こんにちは。

知ってしまった以上観ないわけにもいかず。。。
私もついつい。
突っ込みどころ満載でした。
「分かりやすく」することとはあんな風に
説明することとは違うと思います。

山口さんと村上さんが救いかな。
Tak管理人 | 2006/08/05 12:33 PM
Takさま、お暑うございます。

昨日、私も誰ピカみました。
ゲ??って思うことありましたよね。
若冲のおうちは裕福だたったはずなのに、
えらいちっちゃな仏壇がお部屋にあって、噴出しました。

山口 晃さんの谷間な人って発言に、愛情感じました。

いろんな人のいろんな若冲像が一人歩きして行くのですね。ちょっと、心配〜〜宿命なのかなぁ・・・
あべまつ | 2006/08/05 5:51 PM
@あべまつさん
こんにちは。

確かにつっこみ所満載でしたね。
まぁ、仕方ないでしょ。

山口さんが「ブルータス」に描いている
若冲双六を見るだけで、若冲に対する
真の理解や愛情が感じられます。
いいひとですね。

有名税なものですね。
これから益益。。。
Tak管理人 | 2006/08/07 8:21 AM
こんばんは。TB、コメントありがとうございます。
たけしのピカソは録画しただけでまだみていません。
こちらのコメントで見なくても良いかと思案中です。
私もBrutusの双六気に入りました。
若冲をニートとしか表現できないたけしの表現力が寂しいですね。
映画監督としては国際的な評価を得ているのに、、、
ダヴィンチと喩えるよりもっと別の芸術家がいるような気がしますが、、、
bonejive | 2006/08/08 10:56 PM
@bonejiveさん
こんばんは。
こちらこそTBありがとうございました。

分かりやすくするために
最近使われている言葉に
すり替えてしまうのは安易ですよね。
情けないです。

山口氏のコメントを聞くだけでも
この番組価値あるかと思います。
それと村上隆氏も。
Tak管理人 | 2006/08/08 11:02 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/720
この記事に対するトラックバック
BRUTUS (ブルータス) 2006年 8/15号 [雑誌] 先日出たBrutus No.599 若冲をみたか?  私、今、若冲にはまっています。 お気に入りのブログで興味を持ち、NHKの新日曜美術館の特集番組で止めを刺されてしまいました。 先日寝台列車で北海道に行った時、上野で