青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ゴッホのひまわり咲きました! | main | 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」 >>

22年前の「プライスコレクション展」

現在、東京国立博物館で絶好調開催中の
「プライスコレクション 若冲と江戸絵画展」

7月4日に始まったこの展覧会もいよいよ今月27日まで。
愉しい時間が過ぎるのはまさに、あっという間です。

来週はまた出張があって行けそうにないし、
あと行ける日を数えてみたら4日間しかないこと発覚!

かみさんからは「もう五回も六回も行ったのだからいいじゃない」と
諭されるのですが、「これが最後の里帰り展になるでしょう」なんて
プライスさんに言われてしまうと、せめてあと一回は。。。

悔しい思いして↓の巡回先へ追いかけるなんてことは流石にしたくないのでたらーっ
京都国立近代美術館 平成18年9月23日〜11月5日
九州国立博物館 平成19年1月1日〜2月25日
愛知県美術館 平成19年4月13日〜6月10日


さてさて、このプライスコレクションですが、
日本にやって来たのは今回が初めてではありません。

伊藤若冲ナンバー1サイト「ハマリごと-伊藤若冲」によると
昭和59(1984)年9月15日〜11月4日に
「異色の江戸絵画−アメリカ・プライスコレクション−」展が
開催されていたことが分かります。

開催された美術館が驚きです!
何と赤坂にあった懐かしのサントリー美術館なのです。

赤坂のサントリー美術館今はもう閉館してしまっていますが
一度でも行かれたことある方ならお分かりだと思います。
狭かったですよね〜

あそこへ82点ものプライスコレクションが陳列替えがあったにせよ
展示されていたのですから、仰天です。

図録表表紙

図録を観てみると、13枚の若冲の作品が出展されていたようです。
(括弧内の作品名は今回のプライス展での作品名です。)

「紫陽花双鶏図」
「虎図」
「雪芦鴛鴦図」(「雪中鴛鴦図」)
「旭日雄鶏図」
「梅竹双鶴図」(「竹梅双鶴図」)
「伏見人形図」
「伏見人形図」
「鷲図」
「葡萄図」
「芭蕉雄鶏図」
「鯉魚図」
「双鶴図」
「花鳥人物図押絵貼屏風」(「花鳥人物図屏風」)

赤字で示した2枚の作品は今回出展されていないようです。
今回展示されている縦長の「伏見人形図」とは趣のまた違った作品です。

  
「伏見人形図」

もう一枚今回にない作品「双鶴図」
タイトルの通り二羽の鶏が描かれているのですが、どうもアヤシイ。
これもしかして当時は若冲の作品とされていたものが
今では若冲の手によるものではないとされたのかな?

古い図録なので小さな白黒写真しかないので言い切れないのですが
「あやしい」描かれた二羽の鶏が呼応していなんですよね。。。
素人判断なのでそれこそ怪しいですが若冲らしくないな〜



この図録の巻末には、プライス氏の「私のコレクション」と題する
文章が掲載されています。

またお馴染みの辻惟雄氏の「プライス・コレクションについて」と
小林忠氏の「プライスコレクション里帰り展に寄せて」が載っています。

そうそう、この展覧会の図録の裏表紙も中々良いですよ。


雌鶏の目が相変わらずいい味出しています。
それと「サントリー美術館」の活字懐かしいな〜
(六本木へ移転してもこの字体使って欲しいです)
その他 | permalink | comments(9) | trackbacks(2)

この記事に対するコメント

Takさ〜〜〜ん☆
rossaもう、ここで、しっかりお勉強して、京都展に通いつめるね〜☆(笑)Takさんの完全主義的作家への愛〜☆ほんとすばらしいです☆フェルメールがやきもち?焼いてるかも?(笑)
>悔しい思いして↓の巡回先へ追いかけるなんてこと。もし、お二人で(笑)ありましたら、ご連絡くださいね☆
rossa | 2006/08/07 12:30 AM
サントリー美術館であったのは初耳です!

2000年の京博の若冲展がはじめてだとばかり思っていました(^^ゞ
あーもうすぐ京都にやってくる(^^)V
秋は雪佳さんの展覧会 プライスコレクション いまからソワソワしてしまいそう〜!

十六夜 | 2006/08/07 1:02 AM
赤坂のサントリー美術館は結構いい展覧会やってましたね。狭かったけれど・・。
それと、昔の職場にこのプライスコレクション展の図録があったんですよ!
懐かしい〜!
いやぁ、いいものを見させていただきました。ありがとうございました。
tsukinoha | 2006/08/07 5:39 AM
@rossaさん
こんにちは。

フェルメールに関しても書きたいことや
やらねばならないことあるのですが、
今は若冲一色になってしまっています。
熱しやすく冷めやすい?この性格ですから。

こっそり日帰りで細見さんのとこでも。。。

@十六夜さん
こんにちは。

昭和46年に国立博物館で開催された
「若冲展」というのもあります。
これ今なら大変な騒ぎでしょうね。
手元にある当時の図録には出展作品83点とあります。
鼻血出ます。。。

@tsukinohaさん
こんにちは。

赤坂の良さが六本木へそのまま移行されれば
良いのですけどね。。。
しかし、この図録ご覧になったことがあるとは!
昔も今もこのアジサイ鶏が表紙なんですね。
Tak管理人 | 2006/08/07 9:20 AM
はじめまして、戯れに若冲と検索してヒットしたTaKさんのこの弐代目・青い日記帳に若冲より目を奪われてしまいました。美術愛好家(?)としての視線の位置が素晴しく、項目別の展覧会を2006年1月8日まで一気に読ませて頂きました(実は凄い情報量に、流石にここまでで疲れてしまいました・笑)。トップページの「TB・リンク大歓迎です!」のお言葉に甘えて、お気に入りにリンクさせて頂きました。今後ともご活躍を期待しております。
ocean | 2006/08/07 10:36 AM
つい最近、ブログをつくりました。
へなちょこでお恥ずかしいですが、
私もリンクをはらせていただきたいです。
よろしくお願いします。
ふぇ | 2006/08/07 7:38 PM
@oceanさん
こんばんは。初めまして。

過分なるお褒めのお言葉頂戴し
恐縮してます。小さくなってます。
好き勝手きままに書いています。
展覧会の項目も分割しなくてはと
考えているのですが手一杯です。

こちらからもリンクさせていただきました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

@ふぇさん
こんばんは。

ブログ開設おめでとうございまーす(^^♪
早速拝見しましたよ。
リンク大歓迎です。
こちらからもリンクしておきました。
これからもよろしくです!
Tak管理人 | 2006/08/07 10:12 PM

 もうプライスコレクション展はされないのでしょうか。

 最後と書かれてますね。

 また見たいなあ…。

家麿 | 2010/01/22 11:31 PM
@家麿さん
こんにちは。

日本贔屓のプライスさんですからきっとまた。

まとめての展覧会はありませんが昨年の
「だまし絵展」にもプライスコレクションから
良い作品出ていましたよ。
Tak管理人 | 2010/01/23 10:01 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/722
この記事に対するトラックバック
かぜがひどくなってきたので医者に行ってきました。 ワンコ友達のご紹介のお医者さんです。 待合室にいると『若冲』の画集がありました。 診察が一通り終わると私は聞いてみました。 『若冲』がお好きですか? 急ににこやかな表情にかわったお医者さ
『若冲』お医者さんにて | bobの書庫 | 2006/12/15 8:27 PM
                                下はプライスコレ
伊藤若冲 「鶴図」 | 家麿日記 | 2010/01/22 11:22 PM