青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ゴーギャンのひまわりは… | main | 『分岐点だらけの庭』 >>

「MOTコレクション-1960年以降の美術」

東京都現代美術館の常設展示
「MOTコレクション-1960年以降の美術」を観てきました。



っと書いておきながら恐縮ですが、
この常設展示室企画展へ行けば必ず一緒に観てくるので
4月から「MOTコレクション-1960年以降の美術」となり
もう何度も足を運んで様々な作品を観ています。

常設展示といってもばかにできません。
現代美術ですから、何これ?という作品もそりゃー沢山ありますが、
1階と3階二つの展示室を観て歩くときっと何点かは
「おっ!」と引っかかる作品あるかと思います。

展示室入ってすぐのアトリウムにある鋼と合板で作られた
変てこな彫刻?が10個円陣組んでどーんと設置されています。



最初行った時はその大きな物体の周りをぐるりと観て終りでした。
次行った時にどうしても気になったので「これなんですか?」と
美術館の方に思い切って聞いてみました。

すると返ってきた答えにビックリ!
大人の背丈より高く細い脚に支えられた「箱」は
真下ががら空きになっているそうで、
下から顔を突っ込んでみて下さいとのこと。

言われたとおりにやってみると…
何やら独特の香り?臭いが鼻をつきます。

「箱」の内側にハーブが塗られているためです。
10個とも微妙に香りが違います。

しかも「箱」の下から見上げると星座が!

教えてよ!もっと早く!!
てな具合に聞かないと損します

この臭いを感じ取りながら星まで観られちゃう作品
タイ人のモンティエン・ブンマー「呼吸の家」という作品です。

次、MOT行かれたら是非。9月24日までやってます。

ファッションの記憶―1960~70年代おしゃれの考現学
ファッションの記憶―1960~70年代おしゃれの考現学
伊豆原 月絵

因みに今回は、かみさんのお供で「ディズニーアート展」を観てきたのですが
一人で腕組みながら見た時とは全然違い、あれこれ会話かわしながら観られたので
随分と一度目より作品の観方、感じ方も違いました。

それにしても混んでいました!
「ディズニーの力」恐るべし!

で、で、で。
東京都現代美術館の常設展示室に行ってきて一番の収穫はこれ。


夏休みのこども向けのワークブックなのですが
この絵どこかでご覧になったことある方も多いのでは?

イラストレーターでグラフィックデザイナーでもある山下浩平氏のイラストが
贅沢にもワークブックの表紙のみならず今回の企画に使用されています。


「れきぶん8夏休みこどもカルチャー・ツアーズ」
キャラクターを考えているのは、マウンテンマウンテンの山下浩平さん。
山下さんはデザイナーで、TVや広告のお仕事や、おもちゃや絵本などを作っているんだ。キャラクターデザインだけじゃなく『れきぶん8 夏休み こども カルチャー・ツアーズ』のデザインもやっているよ。
山下さんも、れきぶん8の美術館や博物館が大好きで、よくみに来るんだって。


東京都歴史文化財団、お金ありますね〜
小学生が羨ましいです。

東京都歴史文化財団:れきぶん8 夏休みこどもカルチャー・ツアーズ

山下浩平氏と文房具のパイロットがコラボした商品帰りに買って大人は我慢我慢。



お知らせ

明日より5日間ほど仕事で留守にします。
出張先ではインターネットできませんが、
ブログの記事は毎日自動更新するようにして出かけます。

留守中もどうぞ宜しくお願い致します。
(頂戴したコメントは帰宅するまでレス出来ませんご勘弁あれ)


 東京都現代美術館では昨年から常設展示を「MOTコレクション」と改称し、当館の所蔵品を新たな視点から見つめなおす試みを行っています。
 2006年第1期−2期の「MOTコレクション」は1960年代以降の現代美術の紹介を行います。1960年代のポップアートから1970年代の東京国際版画ビエンナーレに出品された版画、1980年代にデビューした日本人アーティストの抽象絵画、そして1990年代のアジアの現代美術、2000年以降に制作された写真や絵画などを中心に展示する予定です。
 また特集展示では2名のアーティストに注目し、所蔵品を中心にそれぞれの活動を紹介します。ひとつは吉田克朗による1970年代に制作された版画の展示です。もうひとつは中村一美による1980年代〜2000年代に制作された絵画の展示です。
近年新たに収蔵された作品をふくめ、1960年代のポップアートから現在うみだされつつある表現までを展覧することで、現代美術の多様性を感じていただけたら幸いです。
展覧会 | permalink | comments(3) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

出張、お気をつけて。

>聞かないと損します。
えっ(・・)?
私は入場の際、受付の方が懇切丁寧に説明してくださいましたけど。空いてたからかな?(苦笑)。
shamon | 2006/08/09 10:37 PM
出張おきお気を付けてお出かけくださいね。

最近関西の美術館でもこども向けてキャプターつくったりしていろいろイベントされているところ増えました。

最近では大阪であった、シャガール展、京都近美のフジタ展、京都市美のコレクション展。 子持ちとしてはちょっとうれしかったりして。

十六夜 | 2006/08/10 5:26 AM
@shamonさん
こんにちは。

それはラッキーでしたね。
説明ないと分かりませんよね。
でもあまりいい香りしないんですよねあれ。

今日から復活します!

@十六夜さん
こんにちは。

疲れました今回の仕事は
初めてのことはとかく気をつかったりもします。

子供向けのパンフがとっても良く出来ていて
いつも欲しいなーーと指くわえています。
お子さんいらっしゃるとお得ですよね。

大人向けにも、もう少しサービスしてくれても
いいのと思うのですが。。。
Tak管理人 | 2006/08/16 11:16 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/725
この記事に対するトラックバック
世界と日本の逸品やJALオリジナル商品が9,500マイルで引き換えができます!
「JALワールドコレクション」が9,500マイルで引き換え可能! | マイレージサービス情報ドットコム | 2006/08/10 12:02 PM