青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『大地とともに-記憶の風景−』 | main | 「花鳥ー愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉展」第5期 >>

野獣派!!マティスのひまわり

5日間仕事で家を留守にしていました。
たった5日間ですが、庭のひまわりはすっかり生長。
お天気良かったですからね〜

ゴッホのひまわり、ゴーギャンのひまわりに続いて
マティスのひまわりが咲きました。
上手いこと次々に咲くものだと感心感心。

今回咲いた「マティスのひまわり」
サカタのタネのパッケージの写真ではこんな感じの花。


ところが、かみさんに留守中撮ってもらった「マティスのひまわり」は
これとは似ても似つかぬ、ごく普通の向日葵でした。

違いますよね?パッケージの画像とは。
これではJAROに報告せねばなりません!

「全然違う!」と声に出すと
かみさん曰く「開花して間もない頃の写真」とのこと。

日を追うごとにこの花がパッケージのような花に姿を
変化させていったというのですが、にわかに信じられません。

しかし、百聞は一見に如かず。
数日後の写真を見てビックリ!

この向日葵が数日経つと……
ジャーーン


おーーーこれぞ求めていた「マティスのひまわり」そのものです。
野獣してます。フォーブしてます。流石マティス。滅茶苦茶です。

光のように鳥のように…―画家マティスの物語
「光のように鳥のように…―画家マティスの物語」 ビジュ ル・トール, 今江 祥智

嬉しかったのは、向日葵の花に今回もまた虫がタイミングよくとまっていたことです。

バッタさんが一匹「野獣向日葵」の上にぽつりととまっていました。
撮影した時は気がつかなかったそうです。

因みにこの「マティスのひまわり」はご覧の通り
雄しべがすっかり隠れてしまっているので
切花にしても花粉が飛ばずに大変重宝されるとこのこと。

一見普通の向日葵とはイメージ違い戸惑いますが良い点もあるのですね。

マティスを追いかけて
マティスを追いかけて
ジェームズ・モーガン, 山岡 万里子



その他 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんにちは お疲れ様です。
ひまわりオイルとか採れそうな感じですね。
マティス・オイルローション、これであなたもフォーブになれる とかそんなコピーつけて。
濃くて綺麗な黄色と青い細いバッタが可愛いです。
遊行七恵 | 2006/08/16 12:49 PM
はじめてコメントさせていただきます。
写真拝見しましたが、まさに「マティスのひまわり」ですね!
ゴッホやゴーギャンのものもあるとは驚きです。
面白い商品を考え付く方がいらっしゃるのですね。
私は「文化庁メディア芸術プラザ」の運営をしている者ですが、
現在私どもでは文化庁メディア芸術祭10周年の企画として、
「日本のメディア芸術100選」というアンケートを行っております。
もしご興味がおありでしたら、ぜひご参加ください。よろしくお願致します。
chiba | 2006/08/16 1:05 PM
日を追う毎に変化するなんてなかなか粋なお花じゃないですか^^。
shamon | 2006/08/16 6:10 PM
馬鹿ウケです(^^)
「フォーブ」してますね〜
KAN | 2006/08/16 9:52 PM
@遊行七恵さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

野獣になったらどうしましょう?!
近所の学校のグランドとりあえず
10周走ってきます。とりあえず。

バッタさんはナイスです!エライ!!

@chibaさん
こんばんは。
はじめまして。コメントありがとうございます。

ゴーギャンのひまわりがイマイチでしたので
このマティスのひまわりで一気に巻き返してます。
いい感じですよね。とっても。

「日本のメディア芸術100選」のアンケート
時間のあるときにでもやらせていただきたいと思います。
告知ありがとうございました。

@shamonさん
こんばんは。

でしょ!
出来れば来年はプランターでなく
地植えにしてやります。もっと強くなるように!

@KANさん
こんばんは。

笑えますよね、これ。
パッケージ写真よりかなり強烈です。
これをマティスが描いたら…
どうなっていたでしょうね。
Tak管理人 | 2006/08/16 11:53 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック