青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 0泊3日京都弾丸若冲ツアー | main | 「珠玉の日本美術 細見コレクション リクエスト展06」 >>

ロケハン「若冲・動植綵絵展」

既に告知済みですが、来年、平成19年5月13日(日)〜6月3日(日)
京都相国寺・承天閣美術館にて「若冲・動植綵絵展」が開催されます。



相国寺も承天閣美術館もこれまで一度も訪れたことがなかったので
昨日、来年の下見を兼ねて暑い中行って来ました。
(京都の友人に聞くと昨日は普段より暑くなかったとのこと汗汗

来年の5月はここのお寺と美術館凄い人出になるのでしょうね。。。
大混雑していてもあたふたしないように行かれる予定の方予習しましょう。

相変わらずの拙い写真ですが、今出川通りから相国寺、そして
境内にある承天閣美術館までの道程と美術館の様子をご覧下さい。
「若冲・動植綵絵展」のイメージトレーニング今からしておきましょう!

カメラアルバムはこちらですカメラ
その他 | permalink | comments(4) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

お疲れ様です!
私は今東京にいます。入れ替わりみたいですね。

この相国寺のそばには同志社大学があり狩野博幸先生がいたはります。
ドーヤンは素敵な建物が多いので、今度おいでのときはそちらにも足を伸ばしていただけたらなーと思っています。

お写真きれいでした。あそこは石畳が大好きです。
萬野さんのコレクションが散逸せず集まって、ほっとしています。
遊行七恵 | 2006/08/20 8:31 AM
Takさま、た、た、たいへんです!!

承天閣美術館の待合いに、私ども親子が写ってます!!
どんなご縁があるかわかりませんが、
袖振り合うこともあるかと思います。

不思議なことです。
お盆にお帰りになった、若冲が引き合わせてくださったのかもしれません。
あべまつ | 2006/08/20 10:56 AM
わー。すごい偶然ですね、あべまつさん↑。
Takさんの写真レポート、さすがです。
道順にロビーにミュージアムショップまでばっちり。
私の大好きな「一筆書き(風)ツル」の掛け軸が
売ってる様子までわかるじゃーありませんか。ほしすぎる…
来年、葵祭にかこつけて行くことにします。
京都で若冲オフしましょうよっ(笑)
秋津(Arthur-co. in mixi) | 2006/08/20 12:10 PM
@遊行七恵さん
こんにちは。

あらら、東京にいらしているのですか?
どちらを観て周られているのでしょう。

狩野先生、今、博物館辞めて同志社に
いらっしゃるのですよね。

萬野美術館の国宝「玳玻天目散花文茶碗」を
今回見られるかな〜と思って出かけたのですが
残念ながら出ていませんでした。
またチャレンジします!

@あべまつさん。
こんにちは!!

いやーー写真整理しているとき
もしかして。。。と思っていましたが
やはりそうでしたか〜
こんな不思議なこともあるのですね。

おかけになっていらっしゃる席に
我々も座っていましたからもしかして
覚えていらっしゃるかもしれません。

眠そうな目をした夫婦がいたと思います。

>若冲が引き合わせてくださったのかもしれません。
そうとしか考えられませんね。

@秋津さん
こんにちは。

偶然というか、怖いくらいですよね。驚いています。

京都相国寺・承天閣美術館ちょっと手ごわいです。
京都にお住まいで慣れていらっしゃる方なら
わけないのでしょうが、ビジターには。

こんな記事書いておきながら行けるかどうか
まだまだ分かりません。気持ちだけが先走ってます。
若冲オフまずは銀座あたりで。。。
Tak管理人 | 2006/08/20 12:16 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/735
この記事に対するトラックバック
いやぁ〜〜本当に関西の夏は、半端じゃないです。{/face_ase2/} 新幹線で京都のホームに降りたとき、即効で、新幹線にまた乗りたくなしました。 ムワァッとしたあの空気、どこから来るのでしょうか?? そうは言っても一行は8人。 我儘は許されません。 あきらめて、
奈良、京都の旅 | あべまつ行脚 | 2006/08/20 11:07 AM