青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「クリーブランド美術館展」
森アーツセンターギャラリーで開催中の
「クリーブランド美術館展 女性美の肖像 モネ、ルノワール、モディリアーニ、ピカソ」に行って来ました。



森美術館で開催している「BMW 革新の軌跡−ヒストリックカーでつづる発展の歴史」展を観たくて会社帰りに六本木まで。
森美術館のウリの一つは何と言っても夜間開館!
夜の8時なんて当たり前!11時まで開いていたりします。

余裕を持って出かけ、いざ会場へ入ろうとすると警備員さんに止められました。
「もう、今日は展覧会終了しました。」
ってまだ6時じゃん!!8時まで二時間もあるのに何故??

BMW展の開館時間をチラシで確認してみると…
9月13日〜15日 10:00〜17:00
9月16日・17日 10:00〜22:00
9月18日〜20日 10:00〜20:00

刻むな〜どうしてこんなに刻むのよ!!
会期それでなくても短いんだからちゃんとやろうよ!!

因みに私が行ったのが15日でしたので
上の時間帯の通り5時でクローズ。。。ショック

どうして隣で開催している「ロエベ展」が全日
10:00〜22:00までやっているのに、ただ車並べてあるだけのBMW展が…
1/18 BMW 2002 BAUR CABRIO ( ARKTISBLUE METALLIC )
1/18 BMW 2002 BAUR CABRIO ( ARKTISBLUE METALLIC )

なんていつまでも駄々こねていてもしゃーないし、折角六本木まで来たのだから
「クリーブランド美術館展」も観ることに決定!!

森美術館の会員はたったの700円で観られるとのこと。
な〜んだ。早く言ってよ!BMWのことなんかすっぱり忘れるから。

「ロエベ展」観たあとだったのであと一時間で閉館時間。
嘘のように空いている展覧会会場でした。
悪いことばかりではありません。

展示作品数もここは少なめですから、
じっくり観ても一時間かかりません。

展覧会の構成は以下の通りです。
1.モネ、ルノワール、ドガ:印象派の時代
2.セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン:後期印象派 
3.ロダン: 近代彫刻のさきがけ
4.ピカソ、ブラック、マグリット:20世紀の前衛
5.ミュンター、モンドリアン、ムーア:北ヨーロッパの光

断トツで頭ひとつ抜きん出て良かった作品はいつもながらセザンヌ。
小川

これだけ自然界に三角形紛れ込ませて、それでいてちゃんと
風景画に見えてしまうのですから凄い!木だって良く観ると
いい加減に描いているようですが計算して色を置いているのが分かります。

彼が目指した「再構築」がしっかり成されている作品です。
目の前の風景をただ写し出すだけなら写真で充分ですからね。

今でこそセザンヌの作品観ても驚きも何もしないでしょうが
今からおよそ100年前にこれ観た人の驚きは想像に難くありません。
彼に続く画家さんたちがこぞって学んだのも納得です。


この作品は現在Bunkamuraで開催されている「ピカソとモディリアーニの時代展」に出展されているジョルジュ・ブラックの「家と木」という作品です。

激しくセザンヌの影響受けているの分かりますよね。
セザンヌの作品の一部を切り取ったかのようです。

Cezanne to Picasso 2007 Calendar
Cezanne to Picasso 2007 Calendar

さてさて、セザンヌ礼讃はこの辺までとして
次の作品誰のものだか分かります?

c. 1905-1907

分からないですよね〜私もキャプション見ても「えーー」と思ちゃいました。
で、第二ヒント?です。
次の作品も同じ画家さんの作品です。横に並べて展示されていました。

1906

菊の花です。若冲じゃないですよ。
初期の作品ですから全く特徴ありません。
因みにセクション5「ミュンター、モンドリアン、ムーア:北ヨーロッパの光」
この中の誰かです。

展示室にはもう一枚横に次の作品が展示されていました。
赤と黄色、青のコンポジション」という作品です。
もう分かりましたよね。

1927

ピエト・モンドリアンです。
「ブロードウェイ・ブギ・ウギ」に代表されるような
幾何学的な抽象絵画の印象ばかりが強いモンドリアンですが
初期には↑のような風景画などを描いていました。

知識としては持ち合わせていても実際に初期の風景画の前に立つと
これがモンドリアンの作品??と疑心暗鬼になります。いつも。

「クリーブランド美術館展」の一番の観所はモンドリアンの作品かもしれません。

Mondrian
Mondrian

他の作品も駆け足でご紹介。

ロメーヌ・ラコー
ルノワールの初期の作品は良いです。
キャプション観るまでルノワールと気が付きませんでした。。。
20代に描いているそうです、これ。
どうしてこのまま年を重ねなかったのかな〜〜

赤いスカーフ、モネ夫人の肖像
モネは奥さんのことしばしば絵に描いていますが
この作品はとても寂しそうな雰囲気漂っています。
それもそのはず、この後32歳という若さで他界してしまいます。奥さん。
生涯モネが手元にこの絵を置いたと書かれてありました。

こちらを振り向いたモネ夫人がサヨナラを告げているようです。

セザンヌの真向かいにゴッホが2枚ありました。
「プラタナス」

     サン=ミレのポプラ

どちらもゴッホ独特の力強い筆致でぐいぐい描かれています。
観ていて気持ちがいいですね。特に「サン=ミレのポプラ」は色合いも最高。

Van Gogh 2007 Calendar
Van Gogh 2007 Calendar

Bunkamuraの展覧会とだぶりますが、この二人も。
モディリアーニ
女の肖像

ピカソ
ケープを纏った女(ジャンヌトン)」
ピカソ19歳の時の作品です。
やっぱり天才ですね。
一見荒い筆致ですが的確に対象物捉えて迷いなく描いている様子伺えます。

最後に私の好きなエルンストの作品。

あの有名なマネの「草上の昼食」のパロディーだそうですが
どこをどう見てもそうとは見えないところが愉快です。

500の自画像
500の自画像

この展覧会以下の理由で実現したそうです。(中国、日本、韓国を巡回)
現在、2011年の完成を目指して建築家ラファエル・ヴィニョーリ氏(東京国際フォーラム設計者)による本格的な増改築工事が進行中、この工事により同館の代表作の海外貸し出しが実現することとなりました。

この秋、あなたはどんな女性美の肖像と出遭いますか。

クリーブランド美術館(アメリカ・オハイオ州)は、世界中から収集された40,000点以上にのぼる所蔵品を有する全米屈指の総合美術館です。本展は、同館が誇る近代美術コレクションの中から、日本初公開の50点を含む、選りすぐりの60点を紹介するものです。モネ、ルノワール、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンなどの印象派・後期印象派の作品から、近代彫刻の先駆者ロダン、そして、マティス、ピカソ、マグリットなどの20世紀美術まで、西洋近代美術の流れを概観することができます。また、ルノワールの《ロメーヌ・ラコー》、モネの《赤いスカーフ、モネ夫人の肖像》、モディリアーニの《女の肖像》(3点とも日本初公開)等、魅力的な女性のポートレート作品が数多く含まれているのも本展の特徴のひとつです。
| 展覧会 | 22:13 | comments(13) | trackbacks(12) |
おっ、行ってこられたんですね。
私はレディース・デー狙いです。

デュフィ展、レビュー(簡単ですが)アップしました^^。
| shamon | 2006/09/20 11:11 PM |

ひょっとしたら、今、一番、ワクワクな企画かもしれません。

土曜は晴れますように。
出光、損保、森、歪な一筆書きに出撃じゃ
| 鼎 | 2006/09/20 11:40 PM |

@shamonさん
こんばんは。

水曜日女性だけ1000円ですよね。
メンズ・デーとかないかな〜

デュフィ展の感想読ませていただきました。
読むと行きたくなるから困りものです。

@鼎さん
こんばんは。

展示作品数は少なめですけど
近代美術館に比べれば見やすく納得いきます。

出光、損保、森→豪華な顔ぶれですね。
損保でお会いするかもしれません。
| Tak管理人 | 2006/09/21 10:35 PM |

Takさん
TBありがとうございました。
私はモネの絵が3枚、観られた事で大満足でした〜☆
セザンヌの風景画も良かったですね!
TB、こちらから飛ばないかもしれませんが
試してみます。今日は、ベルギー美展、
とても楽しみです〜☆
| Julia | 2006/09/24 6:52 AM |

ルノワールに限らず、ピカソも若い時の方が好きです。
若い頃のルノワールの方が好き、と言う人は結構いますよね。
以前、ブリヂストンで開催されたルノワール展では、時期により、かなりタッチが違っていました。
ピカソも、「ケープを纏った女」は、webで見るより、大胆なタッチで驚きました。
モネの一連の睡蓮でも、初めの頃は具象画ですが、晩年は抽象画みたいですよね。みんな、変えて行かないと気が済まないのかも知れませんね。一応、「進歩」と、言う事で。

今回も、「後期印象派」という表現ですが、美術館も、いい加減に「後期印象派」という、表現はやめて欲しいと思います。印象派には「前期印象派」と「後期印象派」があるのかのようです。
Post-Impressionismなんだから「ポスト印象派」でいいように思うのですが。
昔、「マティスとモディリアーニが好き」と、言ったら、「印象派か」と言われました(笑)。

絵葉書買って来ました。モジ様と、若き日のピカソ様とルノワール様の絵葉書でございます。ふち無し絵葉書で、全面が絵です。スタンドに立てても見栄えがして、よろしいかと。
| 鼎 | 2006/09/24 10:44 PM |

@Juliaさん
こんばんは。

セザンヌは基本的にハズレなしです。
あの確固たる姿勢が伝わってくる作品好きです。
TBちゃんと届いていましたよ!
ありがとうございます。

ベルギー美術館展はこの秋ナンバー1だと思います。

@鼎さん
こんばんは。

様式を変えていかないとやっていけないのは
理解できなくもないですが、ルノワールの初期と
それ以降はよくまぁあれだけ変ったものかと
驚いてしまいます。イタリア旅行が
相当ショックだったのでしょうね。

ピカソの作品あれを若干20歳で描いたのですから
やっぱり天才だな〜とつくづく思いました。
信念が伝わってくる絵です。

>今回も、「後期印象派」という表現ですが、美術館も、
>いい加減に「後期印象派」という、表現はやめて欲しいと思います。
まったくの同意見です。
こういう表現するから「印象派の中のモネは好きだけど
セザンヌは嫌い」とか言われてしまいます。
比べる対象ではないのに。。。

一人でふらりとでかけた展覧会にしてはまぁまぁでした。
それより次からの森美術館の展覧会が楽しみです。
中沢新一が来る日都合悪いんですよね。。。
| Tak管理人 | 2006/09/24 11:01 PM |

こんばんは。
イマイチ何を見せたいのかよくわからない展覧会でしたね。
「女性美の肖像」というサブタイトルが鑑賞を邪魔していたようにも思いますヾ( ̄ー ̄)ゞ
Takさん、気づかれましたか?
今回のゴッホ《大きなプラタナスの木》は、昨年この場所で開催されたフィリップス・コレクション展の《道路工夫》のファースト・バージョンですよ♪
図録を並べて見比べましたが、本当にそっくり!!色や線の違いを見つけてみるのもなかなか面白いですね!!
| りゅう | 2006/09/25 1:20 AM |

こんにちは〜
エルンストの「草上の昼食」、
マネの絵との関連を考えたのですが、よく分かりませんでした。
それでも、この絵、楽しいです。エルンストにしては
何が描かれているかよく分かりましたし。
| 一村雨 | 2006/09/25 4:40 PM |

@りゅうさん
こんばんは。

サブタイトル確かに邪魔ですね。
無理やりこじつけているようです。
さらにレディースデーとか設けちゃって。
やだやだ。

>《道路工夫》のファースト・バージョンですよ♪
そうだったのですか〜
どうりでどこかで見た事あるなーーと思ったんです。
これでもやもや解消しました!!
ありがとうございます(^^♪
スッキリです。

@一村雨さん
こんばんは。

エルンストよりもマグリットっぽい作品でしたね。
あの深海魚のようなものは何なんでしょう?
「草上の昼食」言われないと分からないですよね。
単純にあの絵一枚だけで観ても仰る通り楽しい作品でした。
| Tak管理人 | 2006/09/25 10:28 PM |

TBさせていただきました。
あっけなく見終わってしまい、なんか中途半端な展覧会という印象でした。最近出かけた展覧会は見終わるとエネルギー切れになるものが多かっただけに・・・。
| キリル | 2006/10/05 12:04 AM |

@キリルさん
こんばんは。

中国、韓国、日本を巡回するアジアンツアーですが
仰る通り中途半端ですね。
目が肥えてきたのでしょうか。
贅沢になってきました。
| Tak管理人 | 2006/10/05 11:13 PM |

Takさん、こんにちは
TBありがとうございます。
自分のブログできついことを書いてしまいました。
こういう展覧会もたまにはあるものですね…

セザンヌは鑑賞した時「きっとTakさんがお好きだろうな〜」と思いましたが、やっぱりそうでしたね!!!
セザンヌの再構築ぶりがはっきりとわかる絵でしたね。
| アイレ | 2006/10/29 4:11 PM |

@アイレさん
こんばんは。
やられました。
昨日は、完敗です。
久々の黒星です。。。
やるな〜ジュビロ。
しかしあの主審はナンだ!!
次次次!!

この展覧会はセザンヌに救われました。
| Tak管理人 | 2006/10/30 12:27 AM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/767
BMW革新の軌跡展「ヒストリックカーで綴る発展の歴史」〜その4
BMW革新の軌跡展「ヒストリックカーで綴る発展の歴史」〜その3の続報です。 本日から一般公開スタートということでチェックしてきました。 堺市に行かずに古いBMWが見ることができる絶好の機会ですからね。 ロープなどが張られておらず、間近でチェック
| BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ | 2006/09/20 10:59 PM |
『クリーブランド美術館展』 @森アーツ(II)−鑑賞会 No.21
先週の土曜日に見に参りました  『クリーブランド美術館展     女性美の肖
| Floral Musée | 2006/09/24 6:55 AM |
クリーブランド美術館展
六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーで開催中の『クリーブランド美術館展−女性美の肖像−』を観に行きました。この展覧会はクリーブランド美術館の増改築工事に伴い実現した国際巡回展として、同館が所蔵する近代美術コレクションのなかから選りすぐられた、日本
| 隆(りゅう)のスケジュール? | 2006/09/25 1:06 AM |
クリーブランド美術館展 森アーツセンターギャラリー
このクリーブランド美術館って、まったく知らなかったのですが、オハイオ州にある美術館とのこと。現在改装中で、その間、日本に出稼ぎに来たようです。出展数も60点とさほど多くはなく、えっ、もう終わりという感じで終わってしまいました。そういえば、昨年、ここで
| つまずく石も縁の端くれ | 2006/09/25 4:34 PM |
「クリーブランド美術館展-女性美の肖像-」
六本木ヒルズ、森アートギャラリーにて開催中。昨日土砂降りの中ヒルズまで行きました
| ひねもすのたりの日々 | 2006/09/28 7:13 PM |
クリーブランド美術館展
森アーツセンターギャラリーに「クリーブランド美術館展」(9/9〜11/26)を観に行きました。 初の森ビルです 以前、「ダヴィンチ・コード展」を観ようと近くまで行ったことはあったのですけど、そのときはあまりの混雑に退散してしまいました 六本木一丁目から、よ
| なんとなく、そんな感じで | 2006/09/29 9:40 PM |
「クリーブランド美術館展」をみる
[:アート:]「クリーブランド美術館展」をみに、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーに行ってきました。 ここを訪れたのは初めて。連れ合いは森美術館には来たことがあるとのこと。 どうもエレベータに乗るときからとっつきにくい印象で、苦手です。さて入場し
| アトリエ・リュス | 2006/10/04 11:53 PM |
クリーブランド美術館展のモディリアーニ
森アーツセンター(六本木ヒルズ森タワー52F)で開催中の“クリーブランド美術館展
| いづつやの文化記号 | 2006/10/29 8:54 AM |
クリーブランド美術館展
クリーブランド美術館展 女性美の肖像9月13日 森アーツセンターギャラリー(〜11月26日)  レディースデーを利用して、六本木ヒルズに行ってきました。 アメリカ・オハイオ州のクリーヴランド美術館の巡回展です。総数で60点。国際巡回展という割には少ないです
| 青色通信 | 2006/10/29 3:45 PM |
クリーブランド美術館展 森アーツセンターギャラリー
クリーブランド美術館展 女性美の肖像 モネ、ルノワール、モディリアーニ、ピカソ 2006年09月09日〜11月26日 森アーツセンターギャラリー 雨の月曜日ということもあったのでしょうが、意外にガラガラの中、機嫌よく鑑賞できました。印象派は最近は飽きられているの
| 徒然なるまままに | 2006/11/03 1:43 PM |
クリーブランド美術館展
六本木ヒルズ森美術館で開催中の クリーブランド美術館展行って見ました♪♪♪ クリーブランド美術館展
| まろ茶らいふる | 2006/11/07 5:15 PM |
「クリーブランド美術館展」 森アーツセンターギャラリー
森アーツセンターギャラリー(港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階) 「クリーブランド美術館展 - 女性美の肖像 モネ、ルノワール、モディリアーニ、ピカソ」 9/9-11/26(会期終了) 森アーツセンターギャラリーにて、先日まで開催されていた「グリーブランド
| はろるど・わーど | 2006/12/12 9:43 PM |
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...