弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「ピカソとモディリアーニの時代展」
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の
「ピカソとモディリアーニの時代 リール近代美術館所蔵」展に
行って来ました。



行ってから随分と時間が経ってしまったので記憶曖昧です。
覚えていることだけ簡単に。

まず↑のチラシの出来がいいですね。
モディリアーニの作品「母と子」の魅力フルに使っています。
子供を抱いた母親像を中心に両脇に縦書き
展覧会名や場所、日時、そして解説文を書き入れてあります。
見事です。

目の錯覚によって心なしか普段のチラシより縦長に見えてしまうのはその所為です。
やっぱりモディリアーニは縦長でないとね!

ただ描かれている対象はモディリアーニしては珍しくお母さんと子供。
ほんわりしたあたたかな雰囲気をかもし出しています。

モディリアーニといえば、お洒落で、酒好きで、詩を詠んだり…加えて女好き!
悪いことに?ハンサムだったので女性にとってももてたらしいですね。
       
当然、若い女性のモデルさん扱うのも手馴れていたことでしょう。さぞかし。

そんな彼もイタリアからパリへやってきたばかりの頃に描いた
若い女性の胸像」(モディリアーニ24歳の時の作品)は
ごつごつした感じでセザンヌのような塗り残しがあるらしくない作品でした。

それと、基本的に女性好きなので男性描くのあまり得意そうではないですよね。
例えばこれ。
 モイーズ・キスリング
キスリングこれじゃ怒るって!
笑っちゃいました。思わず。でも憎めないんですよね〜そこが色男たる所以。
(「赤毛の少年」は良かったですよ)

今回は出展されていませんが、あのジャン・コクトーも犠牲になっています?
 

この当時、ピカソやジャコメッティもアフリカ芸術に感化され
作品に反映していますが、モディリアーニも同じ延長線上にいたのでしょう。
彫刻のための頭部の習作」が2点ほどありました。

こちらは完成品(リール近代美術館所蔵)

それぞれのモディリアーニ
「それぞれのモディリアーニ」 川上 直彦

展覧会の構成以下の4章から成り立っていました。
第1章ピカソ/キュビスムの世紀
第2章モディリアーニ/芸術の都パリ
第3章ミロ/シュルレアリスムから抽象画へ
第4章ビュッフェと素朴派/二極化する具象表現

題1章のブラックの作品は記念碑的なものなので観られて良かったです。
家と木
セザンヌの作品の一部を拡大して切り抜いたような作品です。

レジェも多くありました。昔「レジェ展」をここで観たので
Bunkamura=レジェの印象強いです。

アンリ・ロランスの30cm足らずのテラコッタ数点ありましたが
一木彫の円空の仏像に通ずる要素を感じました。
東博が呼んでいます。。。

第3章の中で一番気に入ったのが、ウジューヌ・ネストール・ド・ケルマデック
   (名前長くてとても覚えられそうにありません…)

イマイチ良い画像がないので説明しにくいのですが、
線に色を置く」そんな作風の絵です。

昔、岡崎京子がわざとスクリーントーンをずらして置いたのと似た作品でした。
リバーズ・エッジ
「リバーズ・エッジ」 岡崎 京子
岡崎京子さん好きなんですよね〜実は。

第4章にあったビュッフェの作品群にはちょっと怖さ感じました。
線が鋭くまるで凶器のようです。

タイトルも「石打ち刑
救われません。。。

最後にこの一枚。

アンドレ・ボーシャンの「ステュクス川

遠目からこの作品観た時、エルンストだ〜と思いましたが
近寄ってみたら違いました。戸谷成雄が作り出す木のような谷。
遠くから観ても良し、近くで観ても良し。

こういう予期せぬ出会いがあるから展覧会行くのやめられません!

Modigliani 2007 Calendar
Modigliani 2007 Calendar
Modigliani

今回の展覧会は名前に惹かれて随分とお客さん来ているようです。
「ピカソとモディリアーニの時代展」は上手いと思いました。
もし「リール近代美術館展」にしてたら…「スコットランド国立美術館展」の反省を生かしているように思えましたが、考えすぎかな。でも「リール近代美術館展」じゃお客さん来ませんよ。きっと。

リール近代美術館ジョエル・ピジョディエ=カボ館長曰く。
「これだけはぜひ日本の愛好家に見てほしい」と挙げたのが、以下の5作品。ブラックの《レスタックのリオ・ティント社の工場群》は「初期キュビスムの中で最も完成度が高い」。ピカソ《女の顔》は「アフリカ彫刻の影響が如実で、東洋的な陰と陽の考え方やユーモアもある」。モディリアーニでは「彫刻を思わせる量感とすばらしいタッチで《肌着を持って座る裸婦》が一押し」。そして、ミロの《絵画》、レジェの《横たわる女》。「どれも私たちにとって最高の遺産といえる作品ですから」

フランス美術鑑賞紀行〈2〉パリ近郊と南仏編
フランス美術鑑賞紀行〈2〉パリ近郊と南仏編
井出 洋一郎
 19世紀末の印象派の後に、20世紀初頭のパリでは、新しい絵画運動としてさまざまな表現様式が生まれました。ルネサンス以来の遠近法を捨て去るという近代における最大の美術革命とも言われるキュビスム(立体派)がピカソとブラックによって始められ、同じころモンパルナスの悲劇の画家モディリアーニは、大 都会の憂愁をたたえた近代肖像画の傑作を次々に生み出しました。
本展覧会では、北フランスのヴィルヌーヴ・ダスクにあるリール近代美術館が所蔵するモダン・アートのコレクションの中からモディリアーニの作品12点やピ カソの作品をはじめ、ビュッフェの大作、ブラック、レジェ、カンディンスキーやミロといった20世紀を代表する画家たちのクールな作品約100点を紹介し ます。20世紀美術の優れたコレクションで世界的に知られるリール近代美術館の所蔵品が、日本で大々的に公開されるのはこれが初めてです。
| 展覧会 | 21:32 | comments(18) | trackbacks(14) |
Takさん
こんばんは

> レジェも多くありました
そうそう。久しぶりにレジェの作品がみられて嬉しかったです。
# あまり紹介される機会がないですよね...
| lysander | 2006/09/26 11:36 PM |

ビュッフェの描く女性の顔が、男に見えてしょうがなかったのですが(笑)
| aaa | 2006/09/27 1:04 AM |

私もアンドレ・ボーシャンの「ステュクス川」を遠めで見たときに
連れにあれは、エルンストだよとしたり顔で話してしまいました。
汗顔の至りでした。でもあの岩肌のリアルな感じと裸婦の
素人っぽさの取り合わせが面白い絵でした。
| 一村雨 | 2006/09/27 8:40 AM |

この展覧会は、たしかにネーミングがうまかったですね。知名度のあるピカソとモディリアーニをタイトルにどーんともってくるあたり。。。

このふたりの作品は少ししかない。

でも、よく考えると美術館展ってみんなそんなものなんで、おこりもしなかったですけど。

個人的には、ビュッフェやブラックにひかれました。
| ウインバレー | 2006/09/27 9:02 AM |

ぼくもケルマデック(この展覧会まで知らなかったのですが)の作品が一番気に入りました。
かなり長い展覧会の感想を書いたのですが、
いかんせん画像がないので図録片手にでないと読みにくいものなってしまいました・・・
| John | 2006/09/27 4:00 PM |

@lysanderさん
こんばんは。

レジェって単発で観ても
あまり面白くないですよね。
以前の回顧展良かったです。
もう今では望めませんね…

@aaaさん
こんばんは。

今回のビュッフェはインパクトありましたね。
線がとっても強く感じられました。

@一村雨さん
こんばんは。

エルンストだとてっきり思ってしまいました。
フロッタージュではありませんでしたね。
それでも嫌いでない作品でした。
こういう新鮮な出会いは大切ですよね!

@ウインバレーさん
こんばんは。

オフ会参加できずに申し訳なかったです。
コミュでお知らせあればチェックします!

モディリアーニは人気ありますね。
あの空間だけ人がたまっていたように思えます。

セザンヌの例の言葉からブラックへ持っていく
流れは良かったですね。

@Johnさん
こんばんは。

ブログ拝読させていただきました。
テキストの量半端じゃないですね。
私は文章書けない文画像で誤魔化しています(^_^;)

ピカソとセザンヌの関係見逃したの悔まれます。
| Tak管理人 | 2006/09/27 10:20 PM |

こんにちは。
ウジューヌ・ネストール・ド・ケルマデックは、印象的でした。
チラシの文字が縦に書いてあったところに、気がつくとはさすがです。
| ak96 | 2006/09/28 6:55 AM |

こんばんは。
ブラック《家と木》チョット感動ものでした。しかも、セザンヌ様のお言葉からの流れるような展示、Bunkamuraやりますね〜(^o^)丿
カンディンスキーが1枚しかありませんでしたが、ミロ、クレーの可愛い作品を堪能しました♪
クリーブランド展の後に鑑賞しましたが、クリーブランド展の延長のような構成で、内容もクリーブランド展を上手く補完してくれたように感じました。
| りゅう | 2006/09/29 1:20 AM |

@ak96さん
こんばんは。

チラシが妙にタテにながいなーーと感じたので
よく観たら縦書きでした。しかも両脇に!
>ウジューヌ・ネストール・ド・ケルマデックは、印象的でした。
ですよね!!

@りゅうさん
こんばんは。

セザンヌの言葉から飛び出してきたように
ブラックの作品が展示してありましたね。
上手いことやります。

>内容もクリーブランド展を上手く補完してくれたように感じました。
確かに。
秋にこれだけ展覧会あると同じようなものだぶります。
ベルギー展とウィーン展もセットで見るとよろしいかと。
| Tak管理人 | 2006/09/30 5:47 PM |

コンパクトに収まった見易い美術展でしたよね。
Bunkamuraの雰囲気というのも好きです。
モディリアーニのキスリングの肖像、そうですよね、ワタシも前から、笑っちゃうなあ、なんて思っていました。多分同じ頃だと思うんですが、ポール・ギョームの肖像もヘンで、片眼がないのもあるんですよね(ご存知ですか?)
でも、味があるから不思議で、きっと、描かれた本人は、その味に頷いて、文句いわなかったのかもしれませんね(不満だったかもしれませんね、分かりません)
| Sa | 2006/09/30 6:05 PM |

@Saさん
こんばんは。

Bunkamuraは付き合いオープン当初から
あるのでもう腐れ縁のような感じです。
ポール・ギョームの肖像知ってますよ!
あれも笑っちゃいますよね。
どうしてあんな風に描いたのかな?

色男は何やっても許されてしまいます。
モディが羨ましい〜!!
| Tak管理人 | 2006/09/30 6:23 PM |

Takさん、こちらにも失礼します。
展覧会タイトルはまぁ悩ましいものですね。
私もモディリアーニに惹かれて行ったクチですが、色々な近代絵画が見れて良かったと思います。
Bunkamuraでは来年もモディリアーニの展覧会をするようですが、今回はその良い前哨戦となりました。
| アイレ | 2006/10/02 2:10 AM |

@アイレさん
こんばんは。

モディリアーニ思ったより沢山あったと思います。
それにも増してお客さんの数も多かった〜
絶対これはタイトルのせいだなと確信。
Bunkamuraさんも色々学んでいます。
次のエッシャーも気になりますね。
チラシ4種類ゲットされました??
| Tak管理人 | 2006/10/02 9:25 PM |

Takさん、こんばんは
チラシ4種類もあるのはエッシャー展ですか?
そ、そんなにあるんですか?
多分、手元には1種類しかなかったような…

_| ̄|○

Bunkamuraも頑張ってますね〜(泣笑)
| アイレ | 2006/10/03 12:40 AM |

@アイレさん
こんばんは。

私もはじめ一種だと思ったら
Bunkamuraに4種類あってビックリ!
お送りしましょうか?
メールでも頂ければ幸いです。

気合入っているようです。
なんせ「スーパー」ですからね(^^♪
| Tak管理人 | 2006/10/04 11:26 PM |

こんばんは。
コメントとTBをありがとうございました。

>アンリ・ロランスの30cm足らずのテラコッタ数点ありましたが
一木彫の円空の仏像に通ずる要素

同感です!
全く知らない方でしたが、かなり惹かれました。
仏像展はまだ迷っているのですが、
これは行かなくてはなりませんね!

>戸谷成雄が作り出す木のような谷

上手いですねえ!納得です!

>「リール近代美術館展」にしてたら

私も思いました。客数半減でしょうかね…。
何と言ってもピカソのネームバリューは凄まじいですから…。
| はろるど | 2006/10/10 12:13 AM |

こんばんは。
私も、ビュッフェの絵がこんなに物悲しいのを初めてみました。色調と、モデルの顔、特に女性が怖かったです。
| mari | 2006/10/10 1:35 AM |

@はろるどさん
こんばんは。

仏像展は知人から猛烈に薦められているので
前半後半共に行くことになりそうです。
お坊さんなんですけどね。。。

戸谷成雄さんの個展を開催を以前
紹介していただきましたよね?
あの時は行けませんでしたが
先日行ってきました。倉庫でした。。。

名前勝ちですね。

@mariさん
こんばんは。

ビュッフェってあまり怖いイメージないにも
かかわらず環境によってここまで
作品が変ってしまうものなのですね。驚きました。
| Tak管理人 | 2006/10/10 11:36 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/774
ピカソとモディリアーニの時代 (Bunkamura ザ・ミュージアム)
モディリアーニの描く人物。そこに存在する色と形... 無関心のように見えてちょっと傾いだあたま、生真面目なようで不 ぞろいの肩、筆のあとに感じる温もり、混ざった、色... モディリアーニに初めて気付いたのは私が新入社員の頃、上野の西 洋美術館で開催されたバー
| 徒然と(美術と本と映画好き...) | 2006/09/26 11:38 PM |
ピカソとモディリアーニの時代展  Bunkamura・ザ・ミュージアム
この展覧会も「ピカソとモディリアーニの時代」というタイトルでくくっていいのかという疑問が残る。どうしても先入観としてエコール・ド・パリの作品の数々を思い浮かべてしまうのだが、それを期待してくるとみごとに肩透かしを食らう。シャガール、ローランサン、キ
| つまずく石も縁の端くれ | 2006/09/27 8:36 AM |
「ピカソとモディリアーニの時代」展を観る!
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されている「ピカソとモディリアーニの時代」展を観てきました。観に行ったのは、実は9月2日土曜日、展覧会の初日でした。初日、土曜日にしては、思ったほどには観客は少なく、比較的ゆったりと観られました。副題には「リール近代美術
| とんとん・にっき | 2006/09/27 1:49 PM |
「ピカソとモディリアーニの時代」展:リール近代美術館/Bunkamura
現在、渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムで北フランスにあるリール近代美術館所蔵作品を 紹介する「ピカソとモディリアーニの時代」展が開催されています。 リール近代美術館の所蔵品が日本で大々的に公開されるのは初めてのことです。 北フランスにあるリール
| デザイナー:TOHRU HIRANOの視点 | 2006/09/27 10:42 PM |
リール近代美術館所蔵 ピカソとモディリアーニの時代
レジェ、モディリアーニが何点もならんでいるのは圧巻です。このほか、ボンボワなど初めて知る作家も多く楽しめました。@Bunkamura 10/22まで
| 徒然なるまままに | 2006/09/28 6:56 AM |
ピカソとのモディリアーニの時代展
渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「ピカソとモディリアーニの時代」展を観に行きました。この展覧会は、北フランスのリール近代美術館が所蔵するモダン・アートのコレクションの中からモディリアーニの作品12点やピカソの作品をはじめ、ビュッフェの大作、ブ
| 隆(りゅう)のスケジュール? | 2006/09/29 1:03 AM |
ピカソとモディリアーニの時代〜リール近代美術館所蔵
先日、Bunkamura ザ・ミュージアムで「ピカソとモディリアーニの時代」を見てきました。 Takさんのblogでもおっしゃているように、この美術展、題名を考えた学芸員(だか誰だか分かりませんが)の勝利ですよね。 この題名だけで「行きたい!」と心惹かれるヒ
| 覚え書き | 2006/09/30 5:58 PM |
Bunkamura「ピカソとモディリアーニの時代」展
今日は、Bunkamuraザ・ミュージアムへ「ピカソとモディリアーニの時代」を見に行ってきました。恥ずかしいのですが、白状します。会場に入ったら、いきなりジョルジュ・ブラック! キュピズム絵画でびっくり〜!そうなのです、これは「ピカソとモディリアーニ」展で
| なつの天然生活 | 2006/09/30 10:45 PM |
ピカソとモディリアーニの時代
ピカソとモディリアーニの時代 リール近代美術館所蔵9月8日 Bunkamura ザ・ミュージアム(〜10月22日)  リール近代美術館は、ベルギー国境付近のヴィルヌーブ・ダスクにあります。ヴィルヌーブ・ダスクはフランス北部の中心都市リールの衛星都市だそうです。
| 青色通信 | 2006/10/02 1:54 AM |
リール近代美術館蔵「ピカソとモディリアーニの時代」
公式サイトはこちら。 ピカソとモデリィアーニが売り物・・・の展示会のはずなんです
| ひねもすのたりの日々 | 2006/10/02 9:12 PM |
「ピカソとモディリアーニの時代」 Bunkamura ザ・ミュージアム 10/1
Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷区道玄坂2-24-1) 「リール近代美術館所蔵 ピカソとモディリアーニの時代」 9/2-10/22 フランス北部、ベルギーとの国境に面した街リールから、20世紀絵画の充実したコレクションがやって来ました。表題のピカソやモディリアーニを
| はろるど・わーど | 2006/10/10 12:01 AM |
ピカソとモディリアーニの時代
ピカソの作品群を、昔観賞に行って少々気味に帰宅した覚えがありました。今回も気が重く行きましたが、このコレクター、デュティユールの観賞眼と、斬新さに、ピカソがステキに見えました
| まぁ、お茶でも | 2006/10/10 1:40 AM |
●ピカソとモディリアーニの世界@Bunkamuraザ・ミュージアム:10/11(水)
いや〜、お待たせしましたって言う相手がいなくなるくらい、久しぶりの更新です。(^
| 映画とアートで☆ひとやすみひと休み | 2006/10/13 1:36 AM |
ピカソとモディリアーニの時代@BUNKAMURA
アメリカのカジノ王がピカソの夢という作品に誤ってひじ打ちをして穴をあけ他の美術品収集家に転売が決まっていたのが契約破棄になって、まさしく100億円を越えるビジネスが夢と消えたというニュースがありましたが、ピカソとモディリアーニの時代@BUNKAMURAを鑑賞
| Star Prince JUGEM | 2006/10/21 8:57 AM |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...