青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「第15回奨学生美術展」 | main | 講演会「闘う建築家・安藤忠雄氏と語る」 >>

国際親善大使「酒井抱一」

今年はなんでもシンガポールとの国交樹立40周年だそうで、
郵政公社から記念切手が発売になっています。
(「国際文通グリーティング切手」という名称です。)



シンガポールのシンボル、マーライオンの絵柄が左側にどーんと立っているので
肝心の切手のデザイン見落としていましたが。。。
むむむ…よく見ると右下の2枚は日本画のようです。

拡大してみると:::
 
抱一の作品ではないですか〜

郵便局でもらってきた「切手図鑑」には
左は「タチアオイト白鷺」、右は「カキツバタとバン」と記されていました。

ネタ元の作品(特に「タチアオイト白鷺」)はすぐに分かりますよね。
「タチアオイトと白鷺」はこれ。

「四季花鳥図屏風」六曲一双屏風 陽明文庫
夏にホテルオークラで開催された「秘蔵のアートコレクション展」で
出展されていたのを観たのは、まだ記憶に新しいところです。

もう一枚の「カキツバタとバン」はこれ。

「四季花鳥図屏風」二曲一双屏風 京都国立博物館
画像の色合いが随分と違うので分かりにくいですが
画面左下の杜若と鷭が描かれている見えます。
因みに鷭(バン)の詳しい説明はこちらWikipedia
(日本画を見るようになってから花や鳥の名前多く覚えました!)

全く関係ないですが、
Flower (DVD付)
Flower (DVD付)
この人も「バン」ちゃん。元Do As Infinityの伴 都美子。

さて、さて汗汗
酒井抱一の作品からの切手とシンガポールの国花でもある
バンダ ミス ジョアキムを含む4種類の蘭が絵柄に採用されています。

これに、マーライオン、蘭などがデザインされた特製ケースと
蘭のデザインの便せんが付いてワンセット500円なり〜
まだ郵便局で売っているはずです。

抱一ファンのはろるどさん、明日郵便局へ急げ!(もう持ってるかな?)

因みに、私、これ初めて郵便局の窓口で見つけた時、興奮気味に
「これ下さい!」と威勢よく頼んだのですが、持ち合わせのお金が
430円しかなくて……「出直してきます」と次の日に買いに行きました。
情けない。。。_| ̄|○

そうそう、この切手何でも日本だけでなくシンガポールでも同様の切手が同時発行されるそうです。こういった形での「共同発行」は、日本郵政公社として初めての試みなんだとか。( ・∀・つ〃∩へーヘーヘーヘー

それにしても郵便局って「琳派」好きですよね。
また、若冲の切手でも発行してくれないかな〜


また、新刊のお知らせです。
秋は展覧会だけでも忙しいのに良い出版物も目白押しです。

仕事の帰りに本屋で発見&即購入!!

迷宮美術館 第2集
迷宮美術館 第2集
NHK『迷宮美術館』制作チーム

「迷宮美術館」の第二弾です!
フェルメールの回もしっかりと掲載されています。
価格据え置き980円(安い!)

それともう一冊。

CasaBRUTUS特別編集 安藤忠雄×旅 総集編
CasaBRUTUS特別編集 安藤忠雄×旅 総集編
マガジンハウス
時代の最先端を行く建築家・安藤忠雄。その評価は老若男女を問わず高く、特にここ数年は【表参道ヒルズ】など日常で接することの出来る建物の設計も多く、より身近な存在となっています。CasaBRUTUSでは2002年9月号の「安藤忠雄×旅」から小特集も合わせると5本の特集を組んでおります。今回のムックはその集大成ともいうべき商品で、この1冊に安藤忠雄のこの約5年間のすべてが詰まっています。安藤を扱っている書籍はどれも高額のものが多いなか、より多くの読者にお買い求めいただけるような価格設定にしました。

私、建築興味がないから〜という方にも是非お勧めの一冊。
これ読んでいた所為で今日の記事書くの遅くなってしまったほど面白いです。
騙されたと思って、明日本屋さんで手にしてみて下さい。
表紙は安藤さんが好んで使うコンクリートをデザイン化。
その所為か、中身が濃い所為か、ずっしりと重い一冊です。
読書 | permalink | comments(10) | trackbacks(2)

この記事に対するコメント

ご指名(?)ありがとうございます!

最近滅多に郵便局へ行かないので、全くノーチェックでした!
明日早速お昼にでもいってきます!
楽しみです!

>若冲の切手でも発行してくれないかな

動植綵絵全30幅!是非お願いしたいですね。
はろるど | 2006/10/10 11:57 PM
抱一さん切手に♪♪これは是非ゲットしなければ!!
教えてくださったありがとうございます。

今日、、念願のプライス展行って 抱一の12ヶ月。。障子越しの12幅 見に行ってきます。今日の京都は雨なので
雨明かりの ほのかな明かりの 抱一の軸。。。たのしみです。

もちろん若冲・芦雪。。。。もね♪

十六夜 | 2006/10/11 7:55 AM
私も国際文通グリーティング切手を買いました!
たまたま郵便局で見かけ、気に入って購入。
シンガポールでも同時発行されているそうですよね。
蘭の花も綺麗だけど、日本画も素敵ですね。
次も発行されないかと、今から待ち遠しいです。
echu | 2006/10/11 10:13 AM
こんにちわ、この若冲切手は、もちろんご存じですよね?
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2005/h170420_t.html

近所の郵便局では夏の初めまであったけど、そろそろ品切れです。最後に買い占めたのは、もちろん・・・
かえる | 2006/10/11 5:45 PM
Do As の「バン」ちゃん、僕もイイと思います(笑)
ブルータスカーサはたしか先月?日本の伝統建築の特集
してましたね。なので久々に買いましたが、
どうやら今回も買う事になりそうです。(笑)
ナムル | 2006/10/11 6:02 PM
Takさん、こんばんは。
今日ようやく手に入れました。
マーライオンに抱一。
謎な取り合わせですが、図柄が美しかったので良しとします。?!

小さな郵便局でも売っていたので助かりました。
TBさせていただきました。
はろるど | 2006/10/12 11:39 PM
おっ♪
知りませんでした〜
いつもTakさんの情報アンテナの感度の良さに関心しています。
嬉しいな♪
遅ればせながら本日郵便局に行ってみます。

この秋、まだまだ行きたい美術展がいっぱいですね。
名古屋だと諦めた肉筆浮世絵『江戸の誘惑』が楽しみですぅ〜
るる | 2006/10/13 7:23 AM
@はろるどさん
こんにちは。
TBありがとうございました。

私もたまたま発見して
「これは、はろるどさんに知らせねば!」
ととっさに思いました。
記事にするの遅くなってしまいすみません。

でも、手に入れられたようで安心しました。
もう完売の郵便局もあるそうです。
(^^)

@十六夜さん
こんにちは。

プライス展の日記拝読&拝見させていただきました。
東京展にはなかった工夫がされていますね。
あれはいいですね。
障子灯りで観る若冲。

なんだか、こういうの見るとまた懲りもせず
行きたくなるから病気ですね。。。
(^^ゞ

@echuさん
こんにちは。

おーーやはり買われましたか!
日本を代表する「美」となると
現代でもやはり琳派となるのでしょうね。
それか浮世絵。
今の作家さんの作品も国際的に通用するようになればいいのですが…

@かえるさん
こんにちは。

若冲切手、これインパクトありますね。
狭い中にギューーと詰まっていて(^^♪

もう売っていないでしょうね。。。
この人気だと。

@ナムルさん
こんにちは。


バンちゃん、一度ライブで真近に観て
ちょっとだけファンになりました。
ああ見えてかなりパワフルなんですよね。

カーサは安藤さんよく登場しますよね。
今回のは連載をまとめた価値ある一冊です。

@るるさん
こんにちは。

あちこちに顔出している甲斐?ありました。
もし郵便局になかったらこっそり教えて下さいね。
2セット購入してあるので
1つお分けしますので(^_-)-☆

「江戸の誘惑」展、私も今からとても
楽しみにしています。会場はイマイチですけどね。
Tak管理人 | 2006/10/13 7:58 AM
ありがとうございました!
酒井君に会えました…
キラキラエンボスが綺麗です。
御配慮感謝致しますm(_ _)m
これからも宜しくお願い致しますデス
るる | 2006/10/18 8:29 AM
@るるさん
こんばんは。

良かったです!
getできたようで。
お好きな方の手におさまるのが
酒井君も本望かと思います。

こちらこそ宜しくです!
(^_-)-☆
Tak管理人 | 2006/10/19 12:19 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/788
この記事に対するトラックバック
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=788 酒井抱一「四季花鳥図屏風」。 なるほど、ここがトリミングされたわけですね。 美術を切手で集めることでなんとなく満足しちゃう人は多いと思うんですが、 特に「間」を大事にす
「国際文通グリーティング」の原画 | きってコレクションblog | 2006/10/11 1:35 AM
と言っても切手のお話です。「BLUE HEAVEN」のTakさんに教えていただき、早速買ってきました。国際文通グリーティング切手(2006/10/3発行)の図案から、酒井抱一の「四季花鳥図屏風」です。 詳しくは「弐代目・青い日記帳」をご覧いただきたいのですが、この切手は単
四季花鳥図屏風がシンガポールへ | はろるど・わーど | 2006/10/12 11:10 PM