青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「大エルミタージュ美術館展」 | main | ウォーターハウスのカレンダー >>

jakuchu 落札!

ちょっと前、古本屋さんでクリスティーズ(Christie's)の
オークションカタログを見つけたので買ってきました。

日本と韓国美術のオークションのカタログです。

その中に・・・ありました!jakuchu
我等が?伊藤若冲の作品がオークションで売りに出されていたのです。


右の髑髏を描いた作品と中央の蔓植物を描いた作品が共に若冲のものとして
オークションカタログには掲載されています。
因みに左の鶴を描いた作品は長澤芦雪のものだそうです。

さて、オークションとなると気になるのは落札価格。
一体どれくらいで競り落とされたのでしょうか?

オークションのカタログには落札予想価格(estimate)が掲載されています。
それによると。。。

 
こちらの作品(右)「Grapes & squirrel」(葡萄とリス)が
8,000-10,000ドルに設定されています。


もう一点はかなり高額設定「Weathered skuls」(雨ざらしの髑髏)
40,000-60,000ドル!!かなり強気の設定です。

エスティメートはあくまでも目安なので実際に幾らまで
価格がつりあがったのか分かりません。

ピカソやゴッホの作品がサザビーズやクリスティーズに競売にかけられ
予想落札価格の2倍以上で落札されたなんてニュースはよく耳にしますよね。

さて、さて、若冲さんは一体…

それにしても「Grapes & squirrel」(葡萄とリス)は
プライスさんが欲しがりそうな作品ですね。

伝説化している葡萄図」購入秘話が頭に浮かびます。

Weathered skuls」(雨ざらしの髑髏)は大阪、西福寺所蔵の
野晒図」を思い起こさせる作品です。


このオークションが開催されたのが昨年の三月です。
今頃はアメリカ人コレクターの手元にあるのでしょうか。。。(遠い目)


さて、さて話はがらっと変って山下先生による
「伊藤若冲 鳥獣花木図屏風」発売になりました。

伊藤若冲 鳥獣花木図屏風
「伊藤若冲 鳥獣花木図屏風」 山下 裕二

先日、早速見る機会に恵まれたのでぱらぱらと一読してみました。
「ぱらぱら」とという点が実はポイントです。

これ、書籍ではありませんね。
なんて言えばいいのかな。
写真集!!そんな感じです。(山下先生の写真集ではないですよ)

「鳥獣花木図屏風」がとにかく、これでもか〜と拡大して
一頁にどーんと載せられています。幾ページにも渡り。

文章はオマケ程度に真ん中に別刷りで挿入されていました。
確か十ページ未満だったような記憶が。。。

こちらの本で「鳥獣花木図屏風」のことを佐藤氏が真っ向から否定しているのですが、それに対する反論も一応載っていました。でも如何せん弱い。。。
(これには、はろるどさんもがっかりされていました。)
もっと知りたい伊藤若冲―生涯と作品
「もっと知りたい伊藤若冲―生涯と作品」 佐藤 康宏

「和樂」9月号で小林忠氏と対談している内容とほとんど変らない内容でした。

伊藤若冲『鳥獣花木図屏風』をめぐるエピソード
モザイクの秘話こっそりおしえます


また、今月の「文藝春秋 11月号」の中でプライス氏が「若冲ブーム、仕掛人は私」という文章を寄せられています。その中でも勿論この屏風について言及されているのですが、その中で山下先生は若冲がお弟子さんを使って仕上げさせたとプライスさんに話しているようなこと書かれてありました。

まだ本屋さんに沢山あるはずですので立ち読みでもしてみて下さい。

ぴかぴかその他の若冲関連お勧め書籍ぴかぴか
その他 | permalink | comments(4) | trackbacks(2)

この記事に対するコメント

Takさんご無沙汰してます。ダイゴロウです。

MIXIで、いきなり名前変えてスイマセン(汗

向こうはこの名前、こっちはこの名前でなんてやってると、
なんだかややこしくなって変えちゃいました(^^;

あっちでも、こっちでも、
よろしくお願いします♪(^^

ダイゴロウ | 2006/10/22 6:02 PM
こんにちは。
「鳥獣花木図」って再発見されてから25年しか経ってないんですね。「樹下鳥獣図」も料亭の調度品として使われているところを再発見されたとのことなので、参照資料が「白象群獣図」だけの現状では「僕が若冲を一番知ってるんだ!」自慢に陥る気も(笑)。

実質的な研究はこれからでしょうから、戦前から東博の蔵に眠っていたという謎解きが楽しみです。
mizdesign | 2006/10/22 6:17 PM
こんばんは。
雨ざらしの髑髏は特に一度拝見してみたい作品ですね!
どなたか公開していただければ…。(?)

>如何せん弱い

もっと頑張っていただきたかったです!!
それこそmizさんの仰るような実質的な研究を望みます。
はろるど | 2006/10/22 11:04 PM
@ダイゴロウさん
こんばんは。

あれこれ名前あると
間違えてしまいますよね。

これからも宜しくお願いいたします。
ダイゴロウさん!!

@mizdesignさん
こんばんは。

何でも東博の倉庫で眠っていたそうで。。。
それにしてもここ10年で若冲の評価
がらりと変ったことよく分かる話ですね。

>実質的な研究はこれからでしょうから
仰る通りだと思います。
あまりチヤホヤしないほうがいいと思うのですが。。。

@はろるどさん
こんばんは。

メールありがとうございました。
どうしたことかこの本、数週間前に見ることできました。
感想書こうか迷っていたのですが
はろるどさんからメール頂戴して書く気になりました。

しかしペラペラでしたねーー
買う気失せました。
Tak管理人 | 2006/10/23 12:19 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
只今、京都巡回中のプライスコレクション展でも話題の「鳥獣花木図屏風」が、この度一冊の豪華な「写真集」となって刊行されました。手がけたのは、この作品をこよなく愛してやまない日本美術研究家、山下裕二氏です。定価は税込みで3360円(!)。内容の95%ほどが「鳥
「鳥獣花木図屏風」の超豪華「写真集」、本日刊行! | はろるど・わーど | 2006/10/22 11:00 PM
ピカソの「夢」に穴  米カジノ王うっかりピカソの名画にうっかり自分で穴を開けてしまうとは鐔ワ愁鐔ァ
夢破れたり | 続・ささかま徒然ブログ | 2006/10/23 5:22 PM