青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 横浜美術館開館記念日「ミュージアム・フェスタ」 | main | 「光彩時空」 >>

『山口晃が描く東京風景 本郷東大界隈』刊行記念講演

丸善・丸の内本店 3階 日経セミナールームで開催された
『山口晃が描く東京風景 本郷東大界隈』刊行記念講演に行って来ました。
「山口晃と歩く本郷東大界隈」(東京大学出版会)



マイミクで山口氏の大ファンのさちえさんから誘っていただいた講演会。
いや〜楽しかったです。愉快愉快。
あっという間の二時間でした。

今回、山口氏が出された本は書き下ろしポストカード24枚からなる一冊。
東京藝大出身の山口氏、東京大学はほとんど知らないとのことで
作品を描くにあたり、実際に東大構内及びその界隈をご自分の目で
見て周り「これは絵葉書になる!」と思われる場所をご自分でチョイス。



東大=赤門や安田講堂がすぐ思い浮かびますが、そんなメジャーな場所も
絵葉書に収めつつ、こんな場所何処にあるの??なんて具合の山口氏の
お眼鏡にかなったレアな場所(及び人物・動物)まで独自の視線で描かれています。

山口晃が描く東京風景―本郷東大界隈
山口晃が描く東京風景―本郷東大界隈
山口 晃

ポストカードと言っても官製はがきよりも1.5倍はある大きなサイズのものです。
それが24枚と更に以下の作品も収録されている大変お買い得な一冊です。

公共広告機構マナー広告「江戸しぐさ」の為の原画
成田国際空港 飛行機百珍圖 
成田国際空港 南ウィング盛況の圖 
伊藤若冲「斗米庵双六」
東京圖 神田神保町 
水戸名所圖畫 偕楽園


これで、1500円は安いです。
(アマゾンならこれ一冊で送料無料で手元に届いちゃいます。)

さて、さて講演会ですが、この「東大名所圖畫」に収録されている
24枚の東大に関連する作品を無謀にも?実際の場所を撮影した
写真と共に山口氏に一枚一枚解説してもらうという展開でした。


東大と藝大。「谷ひとつ隔てただけでも全然違う二つの大学。」

パワーポイントで映し出される作品に解説を加えるだけではなく
お得意の絵をホワイトボードにすらすらと描いて説明。
当たり前ですが、絵、上手いです。感心しちゃいました。
頭に思い浮かんだことをすぐ「形」にし絵として表現できる人
問答無用で尊敬しちゃいます。私には欠片もない能力です。


「山口晃が描く東京風景―本郷東大界隈」 山口 晃
このポスターに載っている24枚の絵が収められた一冊です。

正直同じテンションで描かれているとは思えないほどばらつきがあります。
それは山口氏も仰っていました「作品のレベルにムラがある」と。

例えば↑にアップした「赤門」はやはり顔ですから気合も入っているの分かります。
また「東大出版会」も気合十分です。(試しに一番初めに描いたそうです)

また「三四郎池」などはメジャーな場所ではありますが、普通に描くと
つまらなくなってしまう典型的な場所のようです。建物ないとね、やっぱり。。。

山口氏の特徴が一番よく出ているのは「法文2号館 教授の部屋」でしょう。
部屋を俯瞰した作品ですが、とても細かくちまちまと描かれています。
法学部の木庭(こば)教授の部屋を描いたそうですが、出来上がった作品を見て
木庭教授も「あれだけ見ただけでよくこれだけ描けたね〜」と感服されたそうです。
それくらいよく仕上がっています。

「旧発電所」は今は直接見ることが出来ないので資料写真を元に描いたそうです。
廃墟のイメージを自分の頭の中に膨らませながら。
「ハヤオをぱくった」ような絵になっています。

「七特堂」は帝冠様式を採用した独特の雰囲気のある建物です。
こういったものには山口さん強く反応されるようです。
帝冠様式は東京国立博物館本館や九段会館に用いられている建築様式です。
たまたま今読んでいる本の中の一冊に帝冠様式を解説した箇所があったので
ナイスタイミング!聞いていてすんなり理解できました。



山口氏のお話はおもちゃ箱をひっくり返したようで
色々な面白い話題が次から次へと口をついて出てきます。

芸術家さんでありながら「俺の話を聞け!」なんて態度を
ちっとも見せないところがエライです。

それによく動く!時折ジャンプまでしていました。それと屈伸も。
どうして講演会でそれらが必要なのかは。。。謎です。
きっと山口さんはサービス精神旺盛な方なのだと思います。
それと大変気を遣う方のように思えました。

山口晃が描く東京風景―本郷東大界隈
「山口晃が描く東京風景―本郷東大界隈」 山口 晃
内容紹介
『山口晃作品集』(2004年刊行)以来,さらに活動の場を拡げ,最近では「読売新聞」連載のドナルド・キーン氏自伝「私と20世紀クロニクル」(2006年1月〜)の挿絵や成田空港の壁画,槇原敬之のCDジャケットで話題の現代画家山口晃の描き下しポストカード・ブック.独自の日本画の手法を用いて豊かな歴史の息づかいと変貌する空間を鮮やかに描く山口ワールド満載.ポストカード24枚.描き下し!

〈ポストカード〉
東大名所圖畫 全24枚

「赤門」「理学部2号館向い 百萬石」「旧発電所」「法文2号館 教授の部屋」「工学部2号館 上部建増し」「三四郎池」「七徳堂」「法文2号館 地下街」「医学部3号館うらて アルムな場所」「医学部3号館 仮設の庇」「理学部2号館よこ ビヤホール化計画」「東大タワー」「ラテンな清掃員 もちろん日本人」「附属病院第一病院棟 秘密のは・な・ぞ・の」「大講堂南側 謎の建物 」「附属病院第一病院棟 外階段」「S坂」「環境安全研究センター」「第2食堂まえ ロータリー」「東京大学出版会」「旧診療棟 グレーゾーン」「いけのはた レッテルの店」「本郷館」「安田講堂」

山口晃作品集
山口晃作品集
山口 晃


山口晃さんの個展情報です。

山口晃展 ラグランジュポイント
中京大学アートギャラリー C・スクエア 10/30〜11/25

ミズマアートギャラリー 12/5〜1/20


風が強く吹いている
「風が強く吹いている」 三浦 しをん

おまけ


講演会終了後花束をもらい戸惑っている山口晃氏。





遊び心あふれるフィクションとイメージによって描き下された
24枚の「東大名所圖畫(ずえ)」。今回ポストカードブックとして刊行されたこれらの絵を実景写真とあわせて紹介いたします。

講演会 | permalink | comments(9) | trackbacks(5)

この記事に対するコメント

Takさん
こんばんは

今日はどうもありがとうございました!
lysander | 2006/11/05 12:13 AM
お疲れさまでした〜
お付き合いいただいてありがとうございました。
楽しいお話でしたねー
東京駅の構内に「江戸しぐさ」の大きなポスターがあったので、撮りに行かなくちゃ!
P.S. この山口さんの写真、イイですね。
さちえ | 2006/11/05 12:44 AM
Takさん、昨日は有難うございました。
土地勘があったのでとても楽しめました。
作品の出来、不出来については作者も認めていますね。
もう一度買ってきたポストカード集を見ながらメモとコメントをホームページに書いてみました。
とら | 2006/11/05 4:53 PM
@lysanderさん
こんばんは。

こちらこそどうもありがとうございました。
(寄り道してはいけませんよ。)
また機会があれば是非。

@さちえさん
こんばんは。

講演会のこと教えていただきありがとうございました。
おかげで生・山口氏を見ることでき
そして楽しいお話聞くことができ最高でした。

写真はサイン会前の緊張した山口氏です。
お茶目な雰囲気出てますよね!

@とらさん
こんばんは。

こちらこそ有り難うございました。
とらさんのよく存じ上げている「風景」が
ああやって本になりスライドで紹介されるのは
悪くない気分だと思います(嬉しいですよね)

今週の土曜日もどうぞ宜しくお願い致します。
Tak管理人 | 2006/11/05 10:19 PM
Takさん、写真有難うございました。さっそく黒髪に変えてアップしました。
とら | 2006/11/06 7:05 PM
@とらさん
こんばんは。

私が申し上げるのもなんですが、
>さっそく黒髪に変えてアップしました。
こういうお茶目なとこ大好きです!
Tak管理人 | 2006/11/07 11:06 PM
再びお邪魔します。
花束写真、なんだかイイですねー
最後の授業を終えた人気者の塾講師のようです(笑)
さちえ | 2006/11/08 12:17 AM
こんばんは。
遅くなりましたが、今更ながらにレポをアップしました。
Takさんの臨場感溢れる記事を拝見して、
改めてまたあの日の楽しいトークを思い出しました。

>帝冠様式を採用した独特の雰囲気のある建物です。
こういったものには山口さん強く反応

そうなのですよね。
作品にいくつも帝冠様式の建物が出てきます。
お好きなのかもしれません。

それにしても山口さん、カッコいいですよね!
はろるど | 2006/11/08 12:54 AM
@さちえさん
こんばんは。

ご希望にお応えしてアップしてみました。
平井君にやはり何処となく似ていますね。
しかしばつの悪そうなお顔ですね!!

@はろるどさん
こんばんは。

レポ全部書くときりがないので
適当にはしょって書きました。
本当はユッキちゃんのことも
書きたかったんですけどね。
(あの山羊の写真あるはずなのに
見つからないのでやめました)

病院入口の守衛さんも
今度行った時チェックしなくてはいけません。
それと掃除のおじさんもね!!

「てりむくり」の感想もそろそろ書かなくては!
Tak管理人 | 2006/11/08 11:52 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/813
この記事に対するトラックバック
丸の内のオアゾは丸善で開催された講演会です... 山口晃さんのひょうひょうとした人柄が感じられる講演会でした。 話せば話すほどぼろが出るというか... その壱、こんなに言い訳の多い絵描きさんは見たことありません... その弐、こんなに腰の低い絵描きさんも見たこ
山口晃講演会 | 徒然と(美術と本と映画好き...) | 2006/11/05 12:13 AM
丸の内の丸善で山口晃さんの講演があったので行ってきた。前にもちょっと書いたけど、山口さんが今みたいにメジャーになる前に一度、科学技術館という北の丸にある博物館に置くコンテンツの制作をお願いしたことがあり、それ以来個展やら何やらの際には可能な限り顔を出
山口晃が描く東京風景 | WEB2.0(っていうんですか?)ITベンチャーの社長のブログ | 2006/11/05 12:19 AM
誘われて山口晃の講演会に行ってきた。彼の近作「山口晃が描く東京風景ー本郷東大界隈」の販促サイン会を兼ねた講演会。場所は東京駅北口の丸善本店3階「日経セミナールーム」 ホワイトボードにすばやく漫画を描きながら、当意即妙の滑らかな弁舌。たまたま知ってい
山口晃と歩く本郷東大界隈 | Art & Bell by Tora | 2006/11/05 4:54 PM
丸の内丸善で開催された『山口晃が描く東京風景 本郷東大界隈』刊行記念講演に行って来ました。わたしが山口さんの作品を初めて見たのが日本橋三越創立100周年記念の広告絵柄でした。当時三越でもらうショッピングバッグや外商で記念品としていただいたジグゾーパス
山口晃 講演会 | What's up, Luke ? | 2006/11/05 5:04 PM
丸善丸の内本店 「『山口晃が描く東京風景 本郷東大界隈』刊行記念トークショー」 11/4 15:00〜 出演 山口晃 ご一緒させていただいた方のブログには、既にこの講演の充実したレポが掲載されていますが、一応私のメモもアップしておきます。三越での大個展の記憶も