青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 杉本博司 「本歌取り」 | main | 青木世一さんと語る会 >>

2007年イヤーズプレート

YEAR'S PLATE A.D. 2007 永遠の都ローマ「トレヴィの泉」


ROMA CHIESA DI S. MARIA A TREVI(ローマ トレヴィの泉)

今日から12月。2006年も残すところあと一ヶ月となりました。
月並みな表現ですが、月日の経つのは早い。

毎年恒例となったリチャード・ジノリのイヤーズ・プレート。
毎年購入するようになったのは、昨年の記事でも書きましたが、
2000年に知人からこのイヤーズ・プレートを頂戴したのがきっかけ。

毎年イタリア各地の名所名跡を図柄にしジノリならではの
シンプルな模様で仕上げた嫌味のない素敵なお皿です。

2000年から昨年2006年までの絵柄は以下の通り。
2000  西暦2000年の象徴
2001  フィレンツェ 「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」
2002  ミラノ大聖堂サン・ピエトロ大聖堂
2003  ローマ「Piazza di Spagna(スペイン広場)」
2004  ヴェネツィア「サン・マルコ大聖堂」
2005  歴史の流れに架かる橋「ポンテ・ヴェッキオ」
2006  「ナポリ」世界遺産都市


(2005年の記事はこちら。2006年の記事はこちら。)

ダイニングテーブルの脇の壁にずらりと並べ掛けてあります。
(このイヤーズ・プレートには壁掛け用の絵皿ハンガーが付随されています)
飽きっぽい性格&忘れやすい性格なのでまさかこんなに何年も続くとは
思ってもいませんでした。現在では一列では足らず二列目使い飾っています。

さて、さて。今年の絵柄「トレビの泉」についてですが、ジノリのサイトにちゃんと解説がご丁寧に載っていますので引用。
この噴水は1453年教皇ニコラウス5世の時代に着手されました。16世紀半ばに彫刻家ベルニーニが手がけ、最終的には、1734年になって法王クレメンス12世が催した噴水設計コンテストで優勝したニコラ・サルヴィによって完成されました。中央には海神のポセンドンが君臨し、その足元にはトリトンが海馬の手綱を引いています。左右の壁にはピエトロ・ブラッチ作の豊壌と健康の女神像が配されています。

↑今年のジノリのイヤーズ・プレートに描かれたトレヴィの泉

よく知られた迷信では、「この泉に向かい肩越しにコインを投げ込むと再びローマを訪れることができる」というもの。皆こぞってコインを投げ込んでいます。ローマ市内の環境名所は何処へ行っても人が溢れていますが、ご他聞にもれずこのトレヴィの泉の周辺も大勢の人で賑わっています。
←これは少ない方です。人出。

実は初めてローマへ行った時、丁度このトレヴィの泉が改装工事中か何かで、バロック時代の彫刻にも鉄製の足場が組まれしかも泉には全く水が入っていない状態でした。「こんなのトレヴィの泉じゃなーい」と心の中で叫びつつ「絶対また来る!」と願いと誓いを込めて空の泉へコインを投げ入れた思い出があります。当然乾いたチャリンという音が返ってきました。。。

その乾いた音が功を奏したかそれから数年後あらためてローマを訪れることができました。これはその時に撮影したトレヴィの泉です。(2002年)

「観光地」ですので周りには観光客目当てのお店も幾つかあります。
すぐ目の前にジェラート屋さんがありましたが、当時そこのお店のメニューに
「nakata special」と名づけられた日本人観光客向けのジェラートもありました。

でもやっぱり「トレヴィの泉」といえばこの映画でしょうか。
ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版)
ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版
(初回生産限定版)


こんなサイトもありました。映画
人気映画のロケ地散策マップ ローマの休日MAP

このイヤーズ・プレート飾っておけばまたローマを訪れることができるでしょうか。
まだまだ見逃したところ、そしてもう一度観たいところが山のようにある街です。

ところで

昨夜のNHKのニュースや今朝の朝日新聞でも告知されていましたが、フィレンツェのウフィツィ美術館所蔵のレオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」が来年3月に日本にやってきます。

 イタリア・ルネサンス期の巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452〜1519)の傑作「受胎告知」が来春、日本で初公開されることが決まった。30日、マリオ・ボーバ駐日イタリア大使が発表した。「イタリアの春2007」のメーンイベントとして3月20日から東京国立博物館で開かれる特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ――天才の実像」(朝日新聞社、NHKなど主催)で展示される。
 「受胎告知」は世界に十数点しか現存しないダ・ヴィンチの絵画のうち、最も早く制作された記念碑的作品。幅217センチあり、完成品としては「最後の晩餐(ばんさん)」に次ぐ大作だ。約140年前、フィレンツェのウフィツィ美術館に収められて以来、一度も館外に貸し出されたことはなかった。


池上英洋先生によるとダ・ヴィンチの真作とよべるの作品は現在わずか11枚しかないそうです。それについてはこちらの記事「たった11枚の真作」で全て画像付きで以前紹介させてもらいました。

ダ・ヴィンチの遺言
『ダ・ヴィンチの遺言』池上英洋

そんな中の一枚、しかも「受胎告知」が日本にやって来るのですから俄かには信じられません。先生が「何か大事なものがくる」と仰っていたのがまさかダ・ヴィンチの「受胎告知」だったとは!

今回の夢のような企画については色々と書きたいことあるのですが、きちんとした正式発表(記者会見)などを終えてから順次お知らせします。

昂ぶった気持ちを抑えるべく早朝のひと気の少ないウフィツィ美術館の写真でも。

いかん!余計に興奮してきてしまった汗汗




その他 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

燃え尽きるのがコワイので冷静を装う私です。
しかしドキドキしますね。
ウフィツィで見たとき「あーこれがー」という<見たこと自体への>感想しかもてなかったのですが、日本に来るというのにはやっぱり動悸が高鳴ります。

トレヴィの泉のそばのアイス屋さんでアイスを買い、ちゃんと階段に座って食べましたよ、無論気分は☆☆!です。
(ジェラート屋さんなのに、氷まじりのをたのんだのです)
遊行七恵 | 2006/12/01 11:37 PM
ジノリのイヤープレート・・!
下の子を妊娠中だった2004年の秋に、その年のプレートを買い、その後は出産→育児のドタバタ生活で、買いに行こうと思いながらも2005年以降のはまだ買えてません(汗)
今日の記事でそのことを思い出させていただけたので感謝です。
旦那の冬のボーナスが出次第、デパートに電話して代引き・着払いで送ってもらいます(ちょろちょろする6歳児とペピーカーの1歳児を連れてデパートに行くのは至難の技なので。笑)。
せっかく好きで集めているのに中断したままになっているのも心の片隅でずっと気がかりでした。
踏み切るきっかけを与えていただき、ありがとうございます♪
「トレヴィの泉」もジノリらしい繊細な仕上がりの作品ですね。


うさみん | 2006/12/02 12:51 AM
イヤーズプレートの話しから、日記を読みながら気持ちはイタリアに飛んで行き、そしてダヴィンチと共にまた日本に戻ってきました。
私もウフィツィ美術館で「受胎告知」を観た時に、「これがあの有名な・・お目にかかれて光栄です!!」と思いました。笑。
それが日本で観れるなんて!
きっとたくさんの人に囲まれてしまうのでしょうが、行かないわけには行きませんね。考えるだけで、今からワクワクします☆
イタリアは大好きで、特にポンテ・ヴェッキオは理由も無く惹かれます。
ジノリのイヤーズプレートを眺めながら、気持ちはイタリアを旅していそうですね。
mihoo | 2006/12/02 3:00 PM
@遊行七恵さん
こんばんは。

「事務所」美術館でこの絵を観た時
あまりの美しさに言葉を失いました。
それからあの色を求めて画集やサイトを
探していますが、未だ見つかりません。
この絵を観てから多分「絵は本物でなくては」と
思うようになった気がします。

中田スペシャル食べてしまいました。。。
あの頃所属していたチームカラーの
青と黄色のジェラートでした。

@うさみんさん
こんばんは。

>2005年以降のはまだ買えてません(汗)
これまだ手に入りますよ!
ジノリに問い合わせてください。
在庫は必ずあるはずです。
アウトレットなどでは安くして販売もされていますので。

一年が経つのがあまりにも早くて困ってしまいますが
こうして何でもいいので「家庭内年中行事」があると
そのスピードを少しは緩めることができます。

年中行事を大事にしてきた昔の人の智慧って
あらためて凄いなーーと思ってしまいます。

@mihooさん
こんばんは。

やっと観られたようで安心しました。
このブログセキュリティーソフトが入っていると
表示されないんですよね。。。
以前成田空港で出発前にチェックしようとしたら
やはり真っ白で何にも見えませんでした。

「受胎告知」は本当にやってきます。
担当者が知り合いの方なのですが
展覧会へ向けて詰めの作業に追われていて
とても大変そうです。

イタリア何度行ってもよい国ですね。
また例のお菓子屋さんにも顔出してくださいね。
Tak管理人 | 2006/12/03 10:16 PM
こんばんは^^。
ジノリのイヤープレート素敵ですね。
毎年同じ銘柄のワインを買い込んでる我が家より
ずっとお値打ちで目の保養になりそうです。

今年も美術展は充実してたと思いますが、
来年は今年以上に大物がご来日ですか。
体調を整えて鑑賞に臨まねば(笑)。

>いかん!余計に興奮してきてしまった
記憶ほど甘美で素敵で何度も無料でいつでも楽しめる娯楽もありませんからいいんじゃないでしょうか(^^)。
shamon | 2006/12/05 8:33 PM
@shamonさん
こんばんは。

うちはワインを買っても飲みきれないので
もったいなくて中々買えません。
でも毎年そうやって一本一本
買い揃えていくのも良いですね。

お皿は割らないようにします(^_^;)

「受胎告知」に関する記者会見が
昨日行われ朝日新聞から「号外」もでました。

これからバンバン盛り上がるはずです。
Tak管理人 | 2006/12/05 11:44 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック