弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
2006年 展覧会ベスト10
戌年も残すところあと数日。

年賀状も昨日やっと書き終え投函。(猪の図柄って難しいですね)
大掃除も終えたので今年のベスト10でも。。。

っと思ったのですが、難しい。毎年頭悩ませます。
「だいたい展覧会行き過ぎているのよ!」と
横から大変尤もなご意見をかみさんから下賜。

因みに昨年と一昨年はのベスト10はこんな感じ。
アート2004年 展覧会ベスト10
アート2005年 展覧会ベスト10

あらためて見なおし、振り返ってみると
いかに多くの方々に支えられこのblogを
続けてこられたかがよーく分ります。

今年もコメントやトラックバック有り難う御座いました。
何よりの励みです。あらためて感謝の意を表します。
TBをお返しするのが遅くなりがちでご迷惑おかけしました。
これに懲りずに来年もどうぞお付き合い下さいませ。

さて、さてそれでは今年2006年観た展覧会(180ほどでしょうか)から
独断と偏見のベスト10を発表させていただきます。ぴかぴか
(関連記事と併記してご紹介)

2006年 私が観た展覧会ベスト10

1位
プライスコレクション 「若冲と江戸絵画」展
プライス展の伊藤若冲
「若冲と江戸絵画」展オフィシャルブログ
「若冲と江戸絵画」展 記念講演会(ジョー・プライス氏による講演会)
二枚の「紫陽花双鶏図」
22年前の「プライスコレクション展」
秋風の草葉そよぎて吹くなへに…

2位
「花鳥ー愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉展」
第1期の感想はこちらです)・(第2期の感想はこちらです
第3期の感想はこちらです)・(第4期の感想はこちらです
第5期の感想はこちらです
伊藤若冲『動植綵絵』人気投票
「近世の花鳥画展」
石峰寺の伊藤若冲「五百羅漢石像」

3位
「オラファー エリアソン 影の光展」
オラファー・エリアソンの「BMW Art Car」
ルイ・ヴィトンのショーウィンドウにオラファー・エリアソン登場!

4位
「大絵巻展」
Run away to the left
「国宝 伴大納言絵巻展」
養源院の宗達襖杉戸絵//智積院 国宝障壁画

5位
「神坂雪佳展」
「珠玉の日本美術 細見コレクション リクエスト展06」

6位
「MOTアニュアル2006」
アーティスト・トーク「天明屋尚×松井冬子」
アーティスト・トーク「町田久美×三瀬夏之介」
締め括りは松井冬子
「三瀬夏之介 展 “web UFO”」
「第15回奨学生美術展」
「夜想耽美展」

7位
「ビル・ヴィオラ:はつゆめ」
来年1月六本木に宗達、応挙、蘆雪、蕭白そして若冲がやって来る!
Viola Life in Rojak
オリジナルカクテル「はつゆめ」&サーモンのムニエル シャンパーニュソース
―Collaboration with Mori Art Museum(1月8日まで)

8位
「伊東豊雄 建築|新しいリアル展」
伊東さんは「てりむくり」
シンポジウム「ポストバブルの建築シーン」
「パラレル・ニッポン 現代日本建築展」

9位
「国宝 風神雷神図屏風展」
「美術のなかの『写』展」
「風神雷神図屏風」もいいけど…
ショーウインドーの風神雷神

10位
「舞い降りた桜 ザハ・ハディドとめぐるドイツ銀行コレクション展」
カラスの独り言

いつも以上に今回は選出が難しかった気がします。
目玉となる誰しもが認める展覧会が若干少なかったかもしれません。

因みに11月5日までの展覧会の動員数によるベスト10こちら

今年は日本画、特に若冲はじめ江戸絵画に目覚めた年でもありました。
一位、二位は同率首位のようなものです。
因みにプライスコレクション展は元日から九州国立博物館へ巡回し開催!
何故かチラシが手元に…

数えると嫌になるので正確には分りませんが180から200近くは
展覧会や個展に行ったようです。自分でも呆れてしまいます。。。

ベスト10には入っていなくても、印象に残っている良い展覧会も
多くありました。最終候補に残った顔ぶれはこんな感じです。(観た順です)
・「アムステルダム国立美術館展」
・「転換期の作法展」
・「狩野一信の五百羅漢図」
・「よみがえる源氏物語絵巻展」
・「最澄と天台の国宝展」
・「燕子花図と藤花図展」
・「さよなら交通博物館」
・「アフリカ・リミックス展」
・「さよならナム・ジュン・パイク展」
・「驚異の深海生物展」
・「天空のシェリー/西野 達展」
・「川瀬巴水展」
・「ウィーン美術アカデミー名品展」
・「広重 二大街道浮世絵展」
・「仏像展」
・「化け物の文化誌展」
・「スーパーエッシャー展」
・「ぼくらの小松崎茂展」
・「杉本博司『本歌取り』」
・「山口晃『ラグランジュポイント』」
・「江戸の誘惑展」
・「ダリ回顧展」
・「佐藤卓 『日常のデザイン』展」



これとは別にドイツにお住まいでいつも素敵な言葉で魅了させて下さるblog「記憶箱の中身 散歩絵」のseedsbookさんが日本での個展「アーティストユニット「flugsamen展」」を開催されました。

また「日々道草」というブログを通して知り合うことが出来た大野博美さんの個展へも二度足を運ばせていただきました。「大野博美展」、「2005年ムーンライト展月光荘賞受賞「大野博美展」

お二人ともお忙しい中、作品を丁寧に解説して下さったり、制作秘話を聞かせて下さったりととても有意義な時間を持つことができました。再度お礼申し上げます。

更にまた、今年はいつもWeb上でお世話になっている方々とも実際にお会いしお話を出来る機会を沢山持つことができました。

ブログのコメントのやり取りだけでは伺い知ることの出来ない美術ブロガーの皆さんの素顔を垣間見ることでき、また親交を深めることができました。

「オフ会をやって下さい。」とのお声も頂戴するのですが、中々実現できず申し訳なく思います。ちょいちょいとお声はおかけ致しますし告知もしますので、ご都合が合えば是非ご一緒しましょう。mixi経由でご連絡いただけるのが一番早く対応できると思います。メールでも勿論okです。「PROFILE」の欄にアドレスあります。

(新年は2日に上野の博物館へ行くつもりです。お時間合えば是非。夕方から「新年会」でもやりましょう!!ご参加できる方はご連絡下さい。)

来年は4月以降かなり仕事が忙しくなりこんなにちょこちょこ出歩けなくなりそうな雲行きです。それでも今から楽しみな展覧会も既に控えているのでどうしたものかと思案中です。例えばこれも観に行きたい…

高崎市タワー美術館で2月4日まで開催している「日本画ってなぁに?展」
町田久美さんのこの絵観たい!!!!

雑念を払うこと出来ずに私は越年しそうですが、
今後ともどうぞお付き合いのほど、宜しくお願い致します。
来年も皆様にとって良い一年になりますようお祈り申し上げます。

最後にブログお持ちの方の中でご自身で展覧会ベスト10等の記事お書きになられましたら、是非トラックバック送って下さい。またブログお持ちでない方は、コメント欄にお書き頂いければ嬉しく思います。大歓迎です。





のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)
のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)
オムニバス(クラシック),グールド(グレン),ベートーヴェン,タール(ヤアラ),グロートホイゼン(アンドレアス),モーツァルト


| 展覧会 | 17:00 | comments(35) | trackbacks(17) |
Takさん
確かに今年は例年より選ぶのが難しかったと思います。
それだけ良い展覧会が多すぎたのでしょうか。
あるいは沢山観すぎているのでしょうか。
来年はもっと難しくなるような予感がしています。
| とら | 2006/12/29 6:01 PM |

Takさん

暖かいお言葉のコメントをmixiの方にも書いていただいて
大変ありがとうございました<(_ _)>

こちらこそ、Takさんのお陰でアートの輪がどんどん広がっていくようで感謝いたしております。

ベスト10は、360度私とは全く違うようですが、ダイナミックな感じで素敵です〜☆

TBが飛ばないので、下記拙ベスト10のURLを書かせていただきます↓
http://www.floralmusee.com/floral_muse/2006/12/2006_f8cb.html

私も2日はご一緒させていただいても宜しいですか?
mixiコミュにも書き込みますので、良ろしかったら
合同新年会をさせてくださいませ<(_ _)>

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
| Julia | 2006/12/29 6:45 PM |

こんばんわ。
今年は若冲ブームな感じでしたね。

展覧会じゃなくて、作品でベスト10を選んだらどうなるのか、ちょっと気になります。(^^)
| あんどぅ | 2006/12/29 9:09 PM |

こんばんは
'06は本当に充実した年でした。
わたしはベスト10余りになってしまいましたよ、トホホ。(優柔不断のため)
それでTakさんの記事を見て「おおおっこうすればよいのか!」とハダカ電球がピカッとついた感じです。
来年はそれにならわせてもらいます♪

今年は京都画壇をメインにした年だったように思います。
洋画もよかったですが、閉館した交通科学館や、文学者の展もわたしには色々思い入れの濃いものが多かったです。

1/2うらやましー。皆さん楽しまれてください。
わたしは1/6-8に首都圏を走り回ります。
| 遊行七恵 | 2006/12/29 10:04 PM |

こんばんわ
年の瀬迫るこの時期、Takさんの足下にも及ばないのですが、私もランキングを書いてみました。
展示会のトータル性で決めました。
心に残った絵とは別な感じで脈略が無いです。
しかし、TOPは同じでした。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。
| るる | 2006/12/29 10:28 PM |

takさん、こんばんは

やっぱり若冲関連が上位ですね。今年は若冲の名をよく聞いた1年でした。
ただ個人的には、三の丸の若冲全期行けなかったのが悔いが残ってます。

こちらからもTBさせていただきました。
来年もよろしくお願い致します。
| イッセー | 2006/12/29 11:13 PM |

若冲の夏でした。「ギョッとする江戸の絵画」も教えてていただいて、これから江戸絵画のお勉強をしていきたいと思っております。最近、mixiから仲間に入れていただきました。このお正月はtakさんの若冲のコメントゆっくり読ませていただこうと思っています。
来年も楽しみにしています。よろしくお願い致します。
| ヤンバル | 2006/12/30 12:10 AM |

Takさん:お久しぶりです。恒例のベストテン、拝見しに伺いました。若冲もの優勢ですね。

私の方も、外国ものは1つだけ。また、関西が優勢でした。

来年の「若冲・動植綵絵展」が待ち遠しいですね。

あと、ご存知かと思いますが、相原求一朗展が日本橋眦膕阿燃催されます。会期: 1/25〜2/6

では、良いお年をお迎え下さい。
| Ken | 2006/12/30 12:47 AM |

こんばんは。Minnetです。
私は美術愛好歴4年なので、まだまだ勉強中です。
今年は私にとって、日本美術は江戸絵画、西洋美術はエコール・ド・パリについて収穫が大きかったです。
そこで、私もベスト3選びました。
第1位:「藤田嗣治展」
藤田嗣治の生涯にわたる作品をたくさん鑑賞できました。
エコール・ド・パリの知識が一気に膨らみました。
第2位:「花鳥ー愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉展」
伊藤若冲の「動植綵絵」を観た衝撃は今でも余韻残っています。
第3位:「高島野十郎展」
絵と向き合うとき、作家の名前で判断せず、作品そのものから得られる感覚を大事にしなければならないと教えられた展覧会でした。
来年は、石橋美術館や豊田市美術館への初訪問を実現したいです。
| | 2006/12/30 1:29 AM |

管理人さん、充実した一年でうらやましいです。(笑)
こちらにお邪魔しだして日も浅いですけれど、いろいろ(楽しく!)勉強させてもらってます。
日本ではないですが、ルネ・マグリット展は良かった。
リアルな表現の幻想にはいつも魅了されます。
Takさん、はじめ皆様、良い年をお迎えください。
| OZ | 2006/12/30 6:54 AM |

@とらさん
こんにちは。

沢山観すぎていますね。絶対に。
選びきれませんでした正直。
来年は…無理しないようにします。
できるだけ。

来年もまたお付き合い宜しくお願い致します。

@Juliaさん
こんにちは。

こちらこそ色々企画していただき感謝の一年でした。
来年もまた宜しくお願いいたします。
ダ・ヴィンチも来ますしね!

2日の件ですが、そんな大それたイベントに
するつもりで書いたわけではなく、
もしお時間があればてな感じです。
お正月は皆さんお忙しいでしょうし(^^♪

私も年始の挨拶まわりもありますので
その時間なら行けるかなーってな感じです。

2007年もどうぞ宜しくお願いいたします。
イタリア語のお勉強頑張ってください!!

@あんどぅさん
こんにちは。

若冲ブームにまんまと乗っかりました。
気持ちよかったです。
ベスト10決めていながらあの時は
楽しかったな〜とえらく昔のように感じました。

作品ベスト10ですか・・・それはもっと難しいです(^_^;)
来年も宜しくお願い致します。

@遊行七恵さん
こんにちは。

選べませんよね。。。
えらく時間かかってしまいました。
年末の買出しにも行かねばならぬのに。
家の大掃除終わったと思ったら
まだブログの大掃除がまだのような気分になりました。
(^^ゞ

京都画壇の底力見せ付けられました。
細見美術館や石峰寺にへ行けたことも
よい思い出です。

>1/6-8に首都圏を走り回ります
早速始まりますね!どの辺狙って行かれます?

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

@るるさん
こんにちは。
TBありがとうございまーす。

いい感じじゃーないですか〜
それだけ行っていれば立派です。

>心に残った絵とは別な感じで脈略が無いです。
同じく。
一枚だけいい作品があった展覧会とかも数知れず。。。
トータルで私も選びました。

来年はるるさんも「悪の道」へ引きずり込みます!
どうぞヨロシクです?!

@イッセーさん
こんにちは。
TBありがとうございました。

若冲除いては今年は語れませんからね。
関連本も読み漁りました。
楽しかったです、あの時は。

来年は京都で開催しますよね。
期間が短いのですが、是非とも行って揃いの姿観てみたいです。

来年、猪年もどうぞ宜しくお願い致します。

@ヤンバルさん
こんにちは。

「ギョッとする江戸の絵画」はDVDに撮ってもらったので
もう一度、二度、お正月にのんびり観たいと思います。
特に北斎や若冲あたりを。
mixi経由でご連絡いただけると一番素早く対応できます。
何かありましたら是非。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。
よいお年をお迎え下さい。

@Kenさん
こんにちは。

海外はここのところ忙しくて行けていません
(T_T)
かみさんだけトルコへ行ってきましたので
写真だけ見て我慢しています(我慢できていませんが)

>来年の「若冲・動植綵絵展」が待ち遠しいですね。
ですね〜京都伺わせていただきます!

>相原求一朗展が日本橋眦膕阿燃催されます
これは知りませんでした。
情報いつもながら有り難うございます。
期間短いので行きそびれないようにしないと!

ネットの状況も昔と様変わりしましたが
どうぞ来年も宜しくお願い申し上げます。
よいお年をお迎え下さい。

@Minnetさん
こんにちは。

私なんて広く浅くがモットーですので?!
勉強まだまだ全然足りません。

藤田展は選ぼうかどうしよか迷ったのですが
展覧会として考えると中々上位に組み込めませんでした。

高島野十郎展は行けずじまいでした。
これ行ったら必ずランクインしていたでしょうね。
藝大で数点観ただけで心奪われました。

Minnetさんも精力的にご覧になっていらっしゃいますね。
コメントもいつも頂戴し有り難いかぎりです。

来年もどうぞ拙いブログですがどうぞ宜しくお願い致します。

@OZさん
こんにちは。

ディズニーランドへ行く回数が今年は減りました。
毎週日曜日は美術館へ行っているので(^^ゞ
かみさんが怒っています。
そろそろ行かないと。。。

マグリット展はベルギーで開催されたものですよね?
あれ街中マグリットに染まっていたようですね。
いつも海外の情報教えて頂き有り難かったです。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。
ご家族共によい年をお迎え下さい。
| Tak管理人 | 2006/12/30 10:38 AM |

私のベスト10と重なるものが、2つありました。プライス・コレクションとビル・ヴィオラ。
若冲は、学生の頃(ずーっと昔)東博で大きな展覧会があり、自分の家にある若冲も迫力ある鶏だし・・・なんてかるーく見に行きました。あの時が第一回若冲見直し・・だったと思います。ちょっと古い家には、若冲を持っていらした家が多いと思います。酉年にかけるのにちょうど良い軸ですからね。
プライスコレクションは、尊敬の念を持って見に行きました。時代の流れは面白いです。
風神・雷神はやはり幼い頃より、三点とも別々に何回も見ているので、わざと行きませんでした。やはり建仁寺で本物の宗達を見るのが一番です。
ビル・ヴィオラは文句なく面白かった!


| gakko | 2006/12/30 10:42 AM |

@gakkoさん
こんにちは。コメントありがとうございます。

>自分の家にある若冲
凄いですね!
お宅にあるなんて!!
羨ましいです。
先見の明ありです。
それを手放さずにいらしたのも凄い。

昔の若冲展でもプライスコレクションから
かなりの作品が来ていたようですね。

>やはり建仁寺で本物の宗達を見るのが一番です。
これまだ、願い叶わずにいます。
京都でゆったりと拝見させていただけたら
また見え方も随分と変ってくると思います。

ビル・ヴィオラは今日も買い物ついでに
観に行ってきます!
| Tak管理人 | 2006/12/30 11:18 AM |

Takさま、こんにちは。
今年は、本当に色んなこと沢山教えて頂き、充実の芸術探検が出来ました。
★ありがとうございます★
また、あちこちで、Takさんの残り香が漂っていたことが、親しく嬉しく思いました。
来る年も色んなところに行って、何かを残した人々の魂に触れたいと思っています。
ナビゲート、ヨロシクお願い致します!!
頼りにしてまっす。良いお年を!!!
| あべまつ | 2006/12/30 2:13 PM |

若冲にオラファー・エリアソン、ともに泣く泣く逃した展覧会です・・・(ノ_<。)うっうっうっ
若冲はTakさんのHPで楽しませていただき、人気投票、何度も投票させていただきましたよ〜♪(見る度に毎回お気に入りがかわります・・・(^_^;))

今年も大変お世話になりました、来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎え下さい。(^_^)/
| りゅう | 2006/12/30 3:59 PM |

こんばんは^^。

むふふ、Takさんにはやっぱり若冲が1番ですか。
よかったですもんね。私ももう一度行けばよかった・・・。

私のベスト1は「アフリカ・リミックス」です。
被征服者側から描かれた歴史の重さと100年後への期待値もこめてこれにしました。2番目は「藤田嗣治展」。

今年は大変お世話になりました。
来年も楽しい記事を期待しています。
よいお年をお迎えください^^。
| shamon | 2006/12/30 8:26 PM |

Takさん、こんばんは。12月になり現代アート、建築でビックネーム4連発でした。大竹伸朗、伊東豊雄、ビル・ヴィオラ、M.C.エッシャー。大竹伸朗、ビル・ヴィオラをベスト10に入れました。

京博が大絵巻展なら東博は仏像展。どちらもすごい展覧会でした。来年は関西の人が若冲を目一杯楽しむ番ですね。来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎え下さい。
| いづつや | 2006/12/30 8:53 PM |

Takさんこんばんは。私も恒例のベスト10を挙げてみました。
若冲は前々から一番にすると決めていたので簡単でしたが、
それ以外はやはり迷いました。「あれも良いこれも良い…。」という贅沢な迷いですが…。

動植綵絵を見る為に尚蔵館へ何度も足を運び、
プライス展もおかげさまで最高の環境で堪能出来ました。やはりもうこれしかありませんね!

アニュアルは私はベスト10に入れなかったのですが、
三瀬さんや町田さんなどは、
この展覧会がきっかけで好きになりました。
そう言えば来年のアニュアルももう間近ですね。
毎年楽しませてくれるので、次回も期待したいと思います。

それではまた年明け早々にお会いしましょう。
良いお年を!
| はろるど | 2006/12/30 10:12 PM |

@あべまつさん
こんばんは。

あべまつさんとは忘れもしません。
京都での超ニアミス事件。
あれには驚きました。
私が撮った写真にご子息が!!

あまり頼りにはなりませんが。。。

いつもコメントいただき励みになりました。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

@りゅうさん
こんばんは。

私も絵に描いたような優柔不断な性格なので
人気投票はいつも迷ってしまいます。
で、結局投票しなかったりね。

エリアソンは街中のヴィトンのショーウインドウに
年明けても飾ってあるので、そちらを是非。
近寄って見るといい感じです。

来年もどうぞよろしゅうに。(^^♪

@shamonさん
こんばんは。

アフリカリミックス展は衝撃的でした。
観光地と併設されている美術館で
開催するのも意味深でした。
ベストテンには入らなかったですが
記憶に残る展覧会です。

ご期待にそえないかもしれませんが
来年も見捨てずに?!
どうぞ宜しくお願い致します!!

@いづつやさん
こんばんは。

建築という新しい分野の面白さを
知ってしまった「悪い一年」だったようです。
深みにはまりそうです。
現代アートに感触が似ているのですが
それとはまた別の面白さがあります。
怖いコワイ.

京都へはいづつやさんのことですから
勿論行かれますよね?初日ですか??
来年2006年もよい年になりますように。
これからも宜しくお願い致します。

@はろるどさん
こんばんは。

>贅沢な迷いです
本当に贅沢な悩みですよね。
こんなこと発表できる立場でもないのですが
それは素人の強みでバンバンやちゃいましょう。
何にも縛られるものありませんから
その点は気が楽でいいですよね。

若冲は今年から来年にかけてもまだまだ。。。
1月からは森美術館で待っています!

アニュアル展は私の知らない世界をぐーんと
広げてくれた入口の展覧会だったので入れました。
来年の案内も届いていますよ。
同時に開催される展覧会も面白そうです。

また、来年も機会があればご一緒させて下さい。
ご指導ご鞭撻どうぞ宜しくです。
よいお年をお迎え下さい。
| Tak管理人 | 2006/12/30 11:10 PM |

展覧会へはあまり行けていないので、
その分Takさんの記事をいつも楽しみに拝読させていただいています。
今年はやっぱり「若冲の年」でした。

どうぞ良いお年を。
| tsukinoha | 2006/12/31 6:28 AM |

こんにちは。どうぞTBして下さいにつられてTBさせて
頂きました。来年もこちらのブログは参考にさせて
いただきます(あ、これ見なきゃ、も、あ、これ
見逃した!も)。
良いお年を!
| KIN | 2006/12/31 9:37 AM |

Takさん、こんにちわ。
遅まきながら、ベスト10を選出してみました。
わたしのベスト10はかなり偏ってるようです。

本年はありがとうございました。

今年はTakさんのおかげでいろいろとイベントに参加させていただき楽しかったです。

来年もよろしくお願いいたします。

では、よいお年を!
| あおひー | 2006/12/31 1:34 PM |

あすがTakさんのレビューは、日本で行われた展覧会を総括になってますね。

来年もTakさんにとって実り多き一年となりますように!
| Nikki | 2006/12/31 1:52 PM |

こんにちは。
Takさんのこのブログの情報が、今年のアート探訪の
指針となりました。
本当にお世話になりました。感謝、大です。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

| 一村雨 | 2006/12/31 3:02 PM |

Takさん
コメントとTBありがとうございます。

いろんな人のベスト10を拝見して、Takさんのが
一番意外性がありました。

新し芽の作品をみるのであれば、新年早々のこん
な企画がいいかもしれませんよ...
http://www.artatagnes.com/

今年は大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いします!
| lysander | 2006/12/31 4:40 PM |

@tsukinohaさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

若冲にこんなに入れ込むことができて
幸せな一年でした。
錦市場今日はたいそう賑わったでしょうね。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。
よいお年を!

@KINさん
こんばんは。

あまり悪いことは書かないようにしているので
行かれてがっかりされたこともあったかもしれません。
<m(__)m>
来年は少しペース落ちますが
どうぞお付き合い下さいませ。

よいお年をお迎え下さい。

@あおひーさん
こんばんは。

お忙しい中コメントありがとうございます。
偏ってないですよ!
私こそなんかポリシーの欠片もなくて。。。

皆さんのランキング見ていたら
手直しこっそりしたくなってきました。
(^^ゞ

イベントまたお誘い申し上げます!

来年もどうぞ宜しくおねがい致します。
ペンギン君と自爆ボタンつながりでも!

@Nikkiさん
こんばんは。

来年は「月1」ペースで
飲めるといいですね。
ミズシーさんも誘って。

刺激的なエントリ来年も期待しています。
佳き年になりますように。

@lysanderさん
こんばんは。

>一番意外性がありました。
そうですか?
Z軸が歪んでいるせいでしょうか?!

ご紹介していただいた
企画展面白そうですね。
場所も素敵!
帰りにまっすぐ帰れなそう。

来年もまた宜しくお付き合い下さい。
今年は何よりお会いできて嬉しかったです!
| Tak管理人 | 2006/12/31 10:10 PM |

ベスト10ではありませんが、印象に残った展覧会を羅列してみましたので、TBさせていただきました。
Takさんには、「若冲と江戸絵画展」に行こうか考えていたときに、背中を押していただいたことが一番印象的で、感謝しています。
お世話になりました。来年もよろしくお願いします。
| キリル | 2006/12/31 10:18 PM |

@キリルさん
こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

「若冲と江戸絵画展」明日から場所を
九州に移動させ展示ですね。
大宰府天満宮の初詣客がどっと
流れてくることでしょう。

若冲さんたちも新年早々大変ですね。

同じジュゲマーとして
来年もどうぞ宜しくお願い致します。
どうぞよいお年をお迎え下さい。
| Tak管理人 | 2006/12/31 10:25 PM |

こんばんは。
ベスト10を選ぶほど観ていないのでキーワードでまとめましたが、Takさんのベスト10と5つ重なってきてびっくりです。
観た展示のうち、触れなかったのはビル・ヴィオラ展のみ。夜景に気をとられたかな(笑)。
見逃した展示も多いので、来年は早めに出かけるようにします。
(行列にひるんで断念したケースも多い。特に平成館。)

良いお年を!
| mizdesign | 2006/12/31 10:43 PM |

Mixi日記へのコメントありがとうございました。

ぼくも「伴大納言絵巻展」「風神雷神図屏風展」はベスト10に入ります。
よかったですね〜〜。
出光美術館では、来年もよい展覧会が開かれたらいいなあと思います。

| すた | 2006/12/31 11:17 PM |

あけましておめでとうございます。
トラックバックとコメントありがとうございました。
話の筋はそれますが、のだめCDがどれだけ売れるのか、クラシックおたくのはしくれとして気になります。
| どんちゃん | 2007/01/01 11:57 AM |

TakさんTBありがとうございました。Takさんの内容を読ませて戴くと、正統派の方に思えました。今後も私の狭い了見があまり遠方に飛ばないように、正統派の軸として参考にしたいと思います。
| ジョヴァンニ・スキアリ | 2007/01/01 10:46 PM |

@一村雨さん
こんにちは。

お会いしたい方ナンバー1が一村雨さんです。
石峰寺のお話なども含めて!

今年(今日)はお会いできそうなので
大変楽しみにしております。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

@mizdesignさん
こんにちは。

あれは良いアイディアです。
ああいった角度からの選出もあるのだなーと感心。

ビル・ヴィオラ展は二度目か三度目に行ったとき
たまたまガイドツアーをしていたので途中から参加
知らないことばかりで驚きました。

今年も宜しくです!

@すたさん
こんにちは。
明けましておめでとうございます。

すたさんとも一度お会いして色々お話したいです。
シアター系の展覧会のことなども。。。
しかしミイラ展は酷かったですね。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

@どんちゃんさん
明けましておめでとうございます。

のだめのCDがクラシックコーナーへ行ったら
かなりのペースさいて置かれていたのでビックリ!
どれだけ売れるのでしょうね。

今年も宜しくお願い致します。

@ジョヴァンニ・スキアリさん
明けましておめでとうございます。

正統派なんてとんでもないです。
畑違いもはなはだしい。
ただ絵が好きなだけです。
文章上手いこと書けないので
いつも画像で誤魔化しています。

亥年もどうぞ宜しくお願いいたします。
| Tak管理人 | 2007/01/02 11:44 AM |

mixiからやってきました。こんな面白いブログがあったとは・・
今年からの観賞の参考にさせていただきます。

ベスト10を語るには量も質も足りないのですが・・・

昨年では若冲展がやはり心に残りました。今年、京都まで行けるかなあ・・

皆さんあまり触れていらっしゃいませんが、個人的にはウィーン美術アカデミー展で観たローベルト・ルスの「ベンツインクの湿地の早春」が「一枚の繪」でした。初めて知った作家でしたが、絵の前からしばしうごけなくなるような感動を受けました。

ヨーロッパの早春、下萌がうっすらと見えるか見えないか、でも空気に少しだけ暖かみがみえる頃。その夕暮れを描ききっていました。候補の中にこの展覧会も入っていたのでご覧になったかと思います。

それと高島野十郎展。これも出色でした。

「はつゆめ」は興味深く観ましたが、正直難解でした。

今年はナンと言っても「牛乳を注ぐ女」との再会、それにステーンを初めとしたオランダの風俗画が観られるとか・・楽しみです!
ナビゲーターよろしくお願いします。

| aki | 2007/01/05 3:30 PM |

@akiさん
こんばんは。
ようこそ。

喜んでいただけて幸いです。
背伸びして書いた甲斐がありました!

ウィーン美術アカデミー展は二度ほど
行きましたが、初回でルスの作品には
ビビっとくるものありました。
丁寧に描いていますよね。

二度目も変らぬ印象でした。
ああいった思わぬ作品に出会えるので
美術館巡りはやめられません。

フェルメールの「牛乳を注ぐ女」が
初来日するとは新年早々とても楽しみです。
今からワクワクしてしまいます。
これで秋までもつかな。。。

その前に京都で若冲ですね。

今度ともどうぞ宜しくお願い致します。
| Tak管理人 | 2007/01/06 9:29 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/874
2006年の「美術展ベストテン」
 2004年から行っている「美術展ベストテン」をアップしました。2006年も多数の良い展覧会に恵まれましたが、今年は国内美術の展覧会(里帰り展を含む)が大健闘でした。1. ブラド美術館展 06.3 2. 仏像- 一木にこめられた祈り 06.10 3. 江戸の誘惑- ビゲ
| Art & Bell by Tora | 2006/12/29 6:02 PM |
12月の記録と、今年見てよかったもの
大体一年間にかなり多くの展覧会を見ていますね。 美術ブロガーの皆さんは当然ながらそうなんですが、わたしは自分でもときどき疑問に駆られるくらい、東奔西走しています。 「なにか禁断症状でも」 うん、そんな気がします。
| 遊行七恵の日々是遊行 | 2006/12/29 9:51 PM |
美術館に通う【2006】
「下準備編」で41と書きましたが 結局今年は『43』でした。 (記憶にある展示会) ヴィヴィアン・ウエストウッド展に始まりスーパーエッシャー展 に終わりました。 私としては 10,11月に余り行かれなかったので 例年より少ない気がしましたが 4
| 翠松庵no散歩道 | 2006/12/29 10:14 PM |
2006年展覧会 ベスト10
昨日が仕事納めで、今日から休みです。そうなると毎年恒例のベスト10の季節となりま
| blog:Museum a_go_go ? | 2006/12/29 10:59 PM |
今年の展覧会ベスト10
美術ファンのブログで、今年のベスト10が花盛りです。負けじとばかり、私も大掃除そっちのけで考えました。1 花鳥−愛でる心、彩る技  半年に渡って、三の丸に通いました。あの情熱は何だったので しょうか?若冲のお墓参りも果たしたし、今年はこれがやはり 一番
| つまずく石も縁の端くれ | 2006/12/30 5:46 AM |
06年感動の展覧会・ベスト10! ? 日本美術
美術品、展覧会の振り返りの締めは日本美術関連の展覧会。?の西洋美術・現代アート
| いづつやの文化記号 | 2006/12/30 9:10 AM |
2006???Ÿ?10
先のコンサート編に引き続き、美術展のベスト10を挙げてみました。 「2006年 私が観た美術展 ベスト10」 1 「花鳥 - 愛でる心、彩る技<若冲を中心に>」(1期、2期、3期、4期、5期)    宮内庁三の丸尚蔵館 3/25-9/10 2 「プライスコレクション 若冲と江戸
| はろるど・わーど | 2006/12/30 9:54 PM |
今年の10本、いいや、もう総決算だ、自分的に。
毎年?恒例のこの一年に見た展覧会を振り返る。実はいつも私は年明けにこのネタを書い
| 今日の献立ev. | 2006/12/31 9:35 AM |
2006年 私のお気に入り アート
■アート ・アルテピアッツァ美唄(美唄市) 現代彫刻家、安田 侃(かん)の個人美術館。昔炭鉱で栄えた町の、廃校になった小学校を利用している。木造校舎や体育館の空間と、展示された抽象彫刻が調和し、一般の美術館では味わうことのできない新鮮な美を体験させて
| 中年とオブジェ〜魅惑のモノを求めて〜 | 2006/12/31 12:00 PM |
2006?Ÿ??10
今年見た美術関連のベスト10を選出してみました。 今年、このアート系カテゴリで書いた記事が約160件。とは言っても、これアート系グッズのことで書いたのもあるので実際に展示を鑑賞して書いた記事はもう少し少ないのです。 途中でこのブログの更新ペースが1日に3回
| あお!ひー | 2006/12/31 1:31 PM |
My Best 10 Art Exhibitions in 2006
gioved&igrave;, il 28 decembre 2006 sono le ventitre e tredici  今年は色々と多忙で、Best 10なのに数が足りなかったどうしよう・・・と一瞬不安が頭をよぎりましたが、ちゃんと10展以上行けていました。 1. 『プラド美術館展』 2. 『ルーヴル美術
| Megurigami Nikki | 2006/12/31 1:34 PM |
プレイバック 2006 (美術篇)
そろそろ今年も納めてしまおうかと... ギャラリー系 1. あるく時間のあしあと (秋山さやか展 高橋コレクション) 2. 池田学展「景色」 (ミヅマアクション) 3. 天上のシェリー 西野達展 (メゾン エルメス) # 銀座、京橋、清澄白河、中目黒、谷中、ぽつりぽつりと不定点
| 徒然と(美術と本と映画好き...) | 2006/12/31 4:26 PM |
印象に残った展覧会2006
間もなく2006年も終わりますので、今年を振り返ってみます。 自分自身が絵に親しむために、絵にまつわることを書いてみようという単純な動機でこのブログを始めたのが6月ですから、まだ半年ちょっとです。自分なりに想像していたことと違って、いつの間にか展覧会に出
| アトリエ・リュス | 2006/12/31 10:14 PM |
キーワード 2006
 今年のアート、街関連を三つのキーワードで振り返ってみます。  「今そこにある江...
| 柏をたのしむ@水上デザインオフィス | 2006/12/31 11:20 PM |
2006年展覧会ベスト5
どっぷり年末なので、1年を振り返ってみます。 今年は私の中での大ヒットはなかったです。 とくにピサロについては、ヒットほぼなし。 ではでは、私の展覧会ベスト5です。 順位はあくまで「勘」です。 かろうじて理由を挙げれば、私にとって新鮮だったかそう
| みゅーじあむ&クラシック音楽見聞録+おすすめ本 | 2007/01/01 11:53 AM |
新春に去年を思うランキング〜♪
ようやく去年のランキングアップしようという気になりました。 充実の美術館通いが実って、本当に楽しく一年を過ごすことが出来たのも、 やはり、先達の魂力があってこそ。 さて、私のお気に入りランキングは・・・・
| あべまつ行脚 | 2007/01/01 8:47 PM |
2006詩神を呼ぶ美術展 BEST10
今年も色々行ったな〜。。。 旅系が多かったのは気のせいかなァ。。。*^-^* 楽しかったな♪ というわけで、『2006詩神を呼ぶ美術展BEST10』で御座います☆ 1位 『川瀬巴水展』(ニューオータニ美術館、8月下旬)   
| Under Water | 2007/01/02 1:32 AM |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)が2月18日に発売になります。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...