青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フェルメール「牛乳を注ぐ女」初来日! | main | 「地球の旅人展」 >>

「戸方庵井上コレクション名品展」

板橋区立美術館で開催中の
「嗚呼 しづかなる墨 群馬県立近代美術館所蔵戸方庵井上コレクション名品展」に
行って来ました。



美術散歩」のとらさんに勧められて重い腰上げて板橋まで行ってきました。ここ不便なんですよね。。。以前、ミッフィー展(ディック・ブルーナ展)を観に行ったのが最後。久しぶりです。電車&バスだと時間がかかるので車で行きました。
自動車駐車場は無料。

ここの館長さんの安村敏信氏は、美術をより親しみやすく我々に見てもらおうと
色々なユニークな企画を実践なさっている方。板橋区立美術館に安村氏あり。

こちらの本はその一端を綴った大変面白い一冊。おススメです。
美術館商売―美術なんて…と思う前に
「美術館商売―美術なんて…と思う前に」 安村 敏信
美術館はどんな工夫で来館者を誘っているのか? 一般人から学芸員志望者までが読んで楽しめる、美術館の裏側、創意の巧みさを、名物学芸員が面白おかしく案内する。

今回もキャプションを小難しく書かずに、「なかなか細かいですね。」「楽しいですね。」「でも、難しいんです。」ってな具合にまるで、まるでブログの解説文のような簡潔で分りやすいキャプションになっています。安村館長自らの解説だそうです。


しかもその解説文には、今回出展されている風外慧薫の「布袋図」に描かれている布袋さんを登場させるなどお茶目な工夫もなされています。

チラシにもちょいとした可愛らしい工夫が。用いられている作品は雪村周継の「葛花、竹に蟹図」ですが、「戸方庵井上コレクション名品展」と記された部分の下になにやらいますよね。。。拡大すると…

これまた今回出ている仙儺想陲痢万才図」に描かれている犬。
一筆書きでさらりと描いた何とも愛くるしいワンちゃんです。
尻尾だけあとから書き足したようですね。カワイイ。

さて、さて展覧会。

戸方庵こと井上房一郎氏の蒐集したコレクション。普段は寄贈先の群馬県立近代美術館にて公開されているようですが、群馬県立近代美術館にアスベストが使用されていた為、現在閉館し改装工事中。その間に貴重な「戸方庵井上コレクション」の一部を貸してもらい今回初の都内での開催になったそうです。


この話って、昨日書いたフェルメールの「牛乳を注ぐ女」貸し出しの経緯にそっくりですね。。。アスベスト自体は困った代物ですが、災い転じてナンとやら。

雪村周継の「山水図

岩の上の三人の関係が気になります。一人は子供でしょうか。
画面右上には雁が連なって飛んでいます。大小で遠近感見て取れます。
大気圏突破し月まで飛んで行ってしまいそうな勢いです。

俵屋宗達の「騎馬図
館長のキャプションには馬かロバか分りませんね。とありましたが確かに。
いい感じで垂らし込みが用いられています。
私はこれ観て山口晃氏の作品を思い起こしました。

立林何帠「菊図

タテバヤシカゲイという初めて知った絵師さんです。
何でも尾形光琳のお弟子さんだったとか。詳しいことは分らない人です。
初見で中村芳中の作品かと思いましたが、そこまで力抜けていませんでした。
でも、芳中好きの私にはたまらない作品です。

尾形乾山の「富士山図

乾山……
ヘタウマなのか、本当に下手なのか疑ってしまいます。。。
乾山……
でも、結構気に入ってしまいまいした。Kenzan magic.

酒井抱一の「屋形船図
抱一って水墨画描かせても上手いのですね。感心。
もう一点あった「朝顔図」は金地に描かれ琳派琳派していましたが。。。
「抱一は吉原の芸妓を女中さんとして迎えるなど粋な遊びにも通じていたんだ。」
とのキャプションにかみさん幻滅。でも江戸時代それくらい出来ないと。。。
みんな若冲のようじゃないわけですしね。

葛飾北斎の「鯉図
これ元気いっぱいの鯉に目が向きますが
水中の水草や藻の表現が凄い!!
拡大してみると…↓

恐れ入谷の鬼子母神。

白隠慧鶴の「座頭渡橋図

一本橋は怖い。
杖をついても、四つん這いになっても怖い。
左奥の山々が怖さ増幅させているように見えますね。
さて、この二人は渡りきることできたのでしょうか。。。

墨絵の中に混じって屏風絵も何点かありました。
一点だけご紹介。
長谷川宗宅の「柳橋水車図屏風

長谷川等伯の二男。長男久蔵急逝の後、長谷川一門を背負って立つべく
父・等伯の描いた「柳橋水車図屏風」をそのまんま描いた作品。

因みに父さんの作品はこちら。

注:同じ画像ではありません。
しかし、長谷川宗宅も父等伯の後を追う様に亡くなってしまったそうです。
やはり狩野派の陰謀??

因みに館長さん、狩野派の著書も何点か書かれています。
もっと知りたい狩野派―探幽と江戸狩野派
もっと知りたい狩野派―探幽と江戸狩野派
安村 敏信


それでは最後に「今日の一枚
(珍しくかみさんと意見が一致)

池玉瀾「菊図・蘭図

池大雅の奥さんだそうです。池玉瀾。
旦那さんの作品も並べて展示されていたのですが、こちらの方が良いです。
菊も伸びやかな雰囲気で描かれているのですが、それにも増して蘭図が好い。

蘭のイメージよりも菖蒲のようなスラリとした、しかも確かなラインが魅力的。
夫婦揃ってお見事。(それに比べてうちときたら…)




おまけ

2004年にここ板橋区立美術館で開催された「ディック・ブルーナ展」の名残がまだトイレ奥の扉に残っていました!!


それと、男性用のトイレもここは必見!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=882
戸方庵(こほうあん)井上コレクションは、室町時代の名品「伝蛇足(じゃそく)筆 山水図」(重要文化財)を含む、質の高い水墨画コレクションや中国絵画によって知られる、全国でも有数のコレクションです。
 群馬県高崎市出身の実業家・井上房一郎(いのうえ ふさいちろう)氏(1898〜1993)は、1920年代にパリに留学されるなど芸術への造詣が深く、帰国後は群馬県の文化推進者となる人物です。戦前に来日した建築家ブルーノ・タウトの後援、敗戦直後の昭和20年11月には、今井正監督の映画「ここに泉あり」で知られる高崎市民オーケストラ(現在の群馬交響楽団)の設立、アントニン・レーモンド設計による音楽センターの建設、高崎哲学堂設立運動など、数多くの文化支援を精力的に行っています。そして1962年、群馬県立近代美術館の創立を期に、収集された200点もの古美術品を「戸方庵井上コレクション」として同館に寄贈しました。その後も寄贈を継続され、現在では230点を有する一大コレクションとなっています。
 本展では、コレクションの中から、中国絵画・室町水墨画・琳派・南画・近世禅僧画など、重要文化財を含む名品を69点選び、一挙に公開します。今回、東京で初めて本コレクションがまとめて公開されます。
 古来、「墨に五彩あり」と言われるように、墨一色の水墨画からは様々な色彩を感じられるものと言われています。戸方庵井上コレクションの水墨画の世界を充分に堪能して頂ければ幸いです。



展覧会 | permalink | comments(11) | trackbacks(3)

この記事に対するコメント

こんばんは
詳細なリポートにいつも感服しています!

板橋美術館は私の家からは
車で10分くらいのところにあります。
私はブルーナ展は2回行きましたよ。
今回の日本画も面白そうですね。
「布袋図」とワンちゃんがいいですね、
やはり北斎の「鯉図」も見たいです。
近々出かけようと思いました。
ricico | 2007/01/06 11:29 PM
力の入った記事で、エンジョイされた様子が分かります。今朝、新日曜美術館で紹介されていたので、今頃は混んでいるかも・・・。

池大雅と池玉瀾が並んで展示されていましたが、わたしも奥さんの圧勝だと思います。特に花は同じような描き方なのですが、玉瀾のほうがずっと伸びやか!ひょっとすると玉瀾は食事の準備のため、急いで描く必要があった?

白隠慧鶴の「座頭渡橋図」は同じ人がだんだん怖くなってきた異時同図かなと思ったのですが、いかがでしょうか。
とら | 2007/01/07 11:23 AM
あけまして☆おめでとうございます〜。.:*:・'゚☆
Takさ〜ん。
rossaも、尾形乾山の「富士山図」めっちゃ☆すきな感じです(笑)へたうま?(笑)おもしろいです。
抽象的かつ、品があって、香るような愛らしさ(笑)ありますよね。とても素敵☆!
今年もよろしく☆
rossa | 2007/01/07 1:38 PM
こんにちは。
日曜美術館でも取り上げておりましたか!
最終日にでも行こうかと思っているのですが…。

抱一も楽しみです。
(駅から迷わないように頑張っていきます。)
はろるど | 2007/01/07 2:01 PM
「群馬県立近代美術館つながり」でTBしました

本当に良いもの持っている美術館です
こちらには、こういうもの貸し出ししていたのですね(笑)
私は「板橋区立美術館」より高崎の方が楽ですが、所蔵していても必ずすぐに観られるというものではないので、レポみたらここで観たくなりました
えみ丸 | 2007/01/07 3:02 PM
@ricicoさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

いいですね!お近くで。
ここ観に行きたい展覧会多いのですが
中々足が向きません。
でも今回は行って大正解でした。

実際に見るともっともっとよさが分ります。
オペラグラスを貸してくれるのも親切です。

@とらさん
こんばんは。

やってましたね。NHKさんで。
ちらっと見ました。
14日までですよね。

池玉瀾の上手さには脱帽です。
あれ並べて展示しちゃ、池大雅の顔が
たちませんよね。。。
奥さんが権力握っていたのでしょうか。

>異時同図
この解釈もされていましたね。
確かにそれも面白い!

@rossaさん
おめでとうございまーす!
年賀状もありがとうございます。

乾山の「富士山図」
力の抜け具合が絶妙。
山と木の大きさのバランスとか
完全に無視しているのも素敵☆彡
rossaさんフェルメール東京に来ますよ〜

@はろるどさん
こんばんは。

車の方が楽かと思います。
高速使わなくてもすぐ分ります。

抱一はもう一枚「朝顔」の絵が
ありましたがそれはベタでした。

@えみ丸さん
こんばんは。
TBありがとうございます。

板橋の館長さんの趣味です。
こういった作品は年中出せる
わけではないので観られるチャンス
本館であっても稀ですよね。
Tak管理人 | 2007/01/07 9:48 PM
池玉瀾さんもありました。思い出しました。今年もよろしくお願いします。
ak96 | 2007/01/10 10:50 PM
@ak96さん
こんばんは。
コメントありがとうございます!

奥さん上手でしたね。
池大雅の東博にある国宝の屏風絵
あれも奥さん手伝ったりしたのでしょうか。。。

今年も宜しくお願い致します。
Tak管理人 | 2007/01/11 10:04 PM
こんばんは。
結局電車+徒歩で行ってきました。
いやはや本当に充実したコレクションですよね。
目当ての抱一はそれなり(?)でしたが、北斎に白隠に池大雅の奥様にと、名品揃いなので驚きました。

また噂のキャプションも拝見しました!
他では真似出来ませんね。
是非続けて欲しいです!

ちなみにトイレも楽しんでみました。(?)
少し恥ずかしかったかもしれません…。
はろるど | 2007/01/14 12:48 AM
こんばんは。Minnetです。
群馬県立館林美術館で開催中の「群馬県立近代美術館名品展」でも、14日まで戸方庵井上コレクションの一部が展示されていて、重文・伝蛇足「山水図」(14日のみ展示)を観てきました。修復後だけあって、いい状態で作品を堪能できました。当日の美術館講座も途中まで聴講したのですが、話を聞けば聞くほど、戸方庵井上コレクションの全貌が知りたくなりました。しかし、気がつけば今日は15日。無理してでも板橋区立美術館に行っておくべきでした。(苦笑)
| 2007/01/15 1:05 AM
@はろるどさん
こんばんは。

お疲れ様でした。
距離的には近いのに
遠く感じる美術館ですよね。

でも、今回は行って損はなかったのでは。
キャプションも館長の個性発揮されていて
とても楽しかったです。身近に感じられます。

トイレは「泉」の隣で用をたしてきます。
いつも。。。

しかし、白隠面白すぎ!山下先生がハマるのも分りますね。

@Minnetさん
こんばんは。

館林まで行かれたのですか!
あそこはいつ行っても気分よくさせてくれます。
重文・伝蛇足「山水図」は確か板橋でも
期間限定で展示されていたようです。
私は観られませんでしたが。

>戸方庵井上コレクションの全貌が知りたくなりました。
ですよね。
群馬県立近代美術館でクローズしている間に
一冊カタログにまとめてくれないかな〜
Tak管理人 | 2007/01/15 9:29 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/882
この記事に対するトラックバック
 こちらは遠い。都営三田線の「高島平駅」よりバスということだが、至って不案内な土地。タクシーに乗った。でもこれが正解。結構な山坂がある。10分ぐらいで美術館に着く。こちらも立派といいたいが、まあ中ぐらいの建物。  しかし今回の展示品は凄い。コレクタ
今年の初美術館はどこにしようかと、今夜は「娘の下宿泊」なので迷っていました しかし、あっけなく近くの館林美術館が「美術館初め」となりました 「館林でみる群馬県立近代美術館名品展」 一昨日、館林美術館のHPを観ていた時に、友だちが会おうと言って来たの
やっぱり好きな館林美術館 | 冬の虹 | 2007/01/07 2:56 PM
嗚呼 しづかなる墨 群馬県立近代美術館所蔵 戸方庵井上コレクション名品展 2006年11月25日から2007年1月14日 板橋区立美術館
戸方庵井上コレクション名品展 | 徒然なるまままに | 2007/01/10 10:48 PM