青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「川柳と浮世絵で楽しむ江戸散歩展」 | main | 「光と影展」 >>

毎月100円で買える「奈良美智」

以前もちょっとだけこのblogで紹介した
筑摩書房のPR誌「ちくま

この「ちくま」の表紙を昨年一年、あの奈良美智さんが担当していました。
書店で見かけた方も多いはず。(「ちくま」あまり置いてませんけどね)

こちらは昨年の6月号。

「ちくま」423号表紙(2006/6)
同じ絵が昨年の7月に出版された
ジャック・プレヴェール 鳥への挨拶」の表紙にも使われています。
ジャック・プレヴェール 鳥への挨拶
「ジャック・プレヴェール 鳥への挨拶」 
奈良 美智,ジャック プレヴェール
そして「ちくま」の“おいしい”点は奈良さんの表紙絵と
表紙裏にある「NARA NOTE +1」がセットで楽しめることです。

「NARA NOTE +1」は奈良さんによる詩。毎月表紙裏に載っています。
因みに↑の昨年6月号には「酸性雨」という詩が掲載されていました。

酸性雨

酸っぱい雨が降っている
海にも山にも降りそそぐ
街にも森にも降りそそぐ

魚たちは嫌な顔をして
花たちは嫌な顔をして

静かに雨は降っている

あの素晴らしい銅像!
仰ぎ見る立派な立像!
雨の轍は静かに侵食する!

僕らは傘をさして歩いている

雨は嫌だって君は言う
雨は素敵だって君は言う

僕らは傘をさして歩いている


NARA NOTE
「NARA NOTE」 奈良 美智

奈良さんの極上の絵と詩が毎月楽しめて
この「ちくま」一冊たったの100円!!
(書店に置いてあれば「無料」)

他の出版社が出している同じようなPR誌
「図書」岩波書店、「波」新潮社、「本の窓」小学館、「本」講談社などは
毎月近所の本屋さんでget出来るのですが、残念ながら筑摩書房の「ちくま」は
行きつけの書店には置いてありません。
だから、去年一年でも手に入れられたのは数冊。。。

欲しいですよね?全冊揃いで。コレクターでなくとも。

で、筑摩書房さんに伺ったところ、バックナンバー2006年度分は全てあるとのこと。
今から(注文したのが昨年の暮れ)でも申し込めること。

電話やFAXで申し込むことも出来るのですが、送料がかかるので
近所の書店で取り寄せてもらうことが一番リーズナブルなことなど等
親切丁寧に教えて頂きました。(ありがとうございます)

昨年暮れに早速書店に注文したらすぐに「届きました」の連絡が。
早い!!これで12冊全て揃いました。

嬉しいので床に並べて早速記念撮影。(ちゃんと並んでね!)


これ全部揃えても書店通せば1200円です。
見栄えもいいので本棚に立てかけておいてもいい感じです。
勿論、筑摩書房のPR誌ですから「今」を代表する作家さんの文章も読めます。
因みに8月号までは赤瀬川原平さんも執筆なされていました。

バックナンバー無くなってからでは悔やんでも悔やみきれません。
「本」は欲しいと思った時にゲットしないと痛い目に遭います。
筑摩のまわし者のような記事ですが…奈良美智ファンの方は是非。
(12冊揃いでも一冊が薄いので場所も取りません。)

今年(2007年)も一年間、奈良さんの絵が「ちくま」の表紙飾るそうです。
現在書店には一月号が置いてあります。

「ちくま」第430号(2007/01)

それでは最後に「今日の一枚」?「今日の一冊」かな。


「ちくま」第426号(2006/11)

この表紙絵、現在金沢21世紀美術館で開催中の
奈良美智展「Moonlight Serenade―月夜曲」のチラシと同じですね。

3月21日まで。

奈良さんの本物の絵はとてもとても買えなくても。
奈良さんの展覧会金沢までは観に行けなくても。
奈良さんの絵と詩が楽しめる「ちくま」が今年もあります!!
(再:筑摩書房のまわしものではありません。。。)

A to Z
A to Z
奈良 美智,graf

青山の「A to Z cafe」そろそろまた行こう!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=888
読書 | permalink | comments(10) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

その雑誌の表紙は、知りませんでした。奈良美知は絵葉書など並べると、少し不気味。
我が家では、奈良美智貯金箱を愛用中、500円玉貯金をしています。少ないと怒っているよう。だんだん増えくると、うれしそう。満杯になると、早く出せ!重い!と言っているようで面白いです。
GAKKO | 2007/01/13 10:00 AM
これ、並べるのいいですね。今月号の絵いいな〜。
ちいちい | 2007/01/13 10:56 AM
こんにちわ、Takさん。
以前に頂いたのだけかと思ってたら、なんとこんなに奈良さんのが出てたとは!
しまった〜!!早速、申し込んでみまーす。
未だ、金沢には行けておりません。とほほ。。。
あおひー | 2007/01/13 11:40 AM
ふ〜ん。初めて知りました。イイですね。
TAKさんっていろんなコレクションがありますね(笑)
実に多彩で多芸なので、尊敬いたします。

奈良さんの作品は、徳島美術館でなかなかいいコレクションがありましたのを記憶しております。
私もこれ早速、探して見ようかな。
シルフ | 2007/01/13 12:20 PM
こんばんは^^。

素敵なPR誌ですね。真ん中の右端の絵が気に入ってしまいました。

shamon | 2007/01/13 9:44 PM
@GAKKOさん
こんばんは。

ちくまは置いてある店少ないので
ほとんど目にしないと思います。
聞いた話では筑摩の書籍の扱いが
多い店でないとタダでくれないようです。

奈良さんの貯金箱ですか〜
楽しそうですね!

@ちいちいさん
こんばんは。

何故か並べたくなってやってみました。
今月号まだケットできていません。。。

@あおひーさん
こんばんは。

大丈夫ですよ、きっと。
まだあるはずです。在庫。
この記事書いたらあおひーさんにも
お知らせしようと思っていて
いつの間にか年越してしまいました。(^^ゞ

金沢は遠いっす。

@シルフさん
こんばんは。

何でも屋なもので。
集めたくなるんですよね。
どういうわけだか。
ただし尊敬には全く値しないです。

徳島美術館にもあるのですか。
うーん四国か〜
直島とセットで…これまた遠いっす。

@shamonさん
こんばんは。

良い感じですよね。
「波」も以前の表紙はよかったのですが今はさっぱりです。
Tak管理人 | 2007/01/15 9:24 PM
守備範囲が広いんですねーー。Takさんって。

全く偶然にも奈良さんのポストカードセットを引っ張り出して携帯で写真を撮り、mixiの顔にしようかなーーー、と思っていたところ、この記事が出ていたのでびっくりです。(単なる個人的感慨・・)

「ちくま」必ずゲットします!よい情報をありがとうございます。

因みに去年の今ごろでしたか、横浜ビエンナーレ展で奈良さんの展示見ました。大掛かりな・・・
そのときに買ったのが30枚つづりのポストカード(USA製)。
多分1200円くらいでとってもお買い得でした。
でも、人に出そうと思うとなかなか出せるものがない。ハガキを書くのはお礼状とかだし・・
むすっとしてたり、ぶーーーっとしてたり、だらぁーーーっとしてたりで・・そこがいいんですけど。とっても。

奈良さんのキャラクターは好きだけど、なぜか村上隆はどこがいいのか全くわからん・・なぜもてはやされるのか・・・
だれか教えて!
aki | 2007/01/18 12:02 PM
@akiさん
こんばんは。

守備範囲が広いのは
=底が浅い証拠でもあります。。。
嫌いじゃないですけどね自分でも。

奈良さんお好きなのですね。
少しはお役に立てたようで嬉しいです。

「ちくま」直接電話で注文したほうが
早くて確実かもしれません。

>村上隆はどこがいいのか全くわからん・・
いいからもてやはされるのか
もてはやされるからよくみえるのか。
この辺が複雑です。

村上さんは戦略持ってやってますからね。
あれは強いです。
Tak管理人 | 2007/01/20 12:13 AM
Takさん、こんばんは。

わたしの中でならみちさんが
ならよしともさんに変わり、
PR誌「ちくま」が欲しくなりました。
ところが、おーまいごっどの1月号。
けど、2007年と2008年のバックナンバーはセーフ!
Takさん、感謝しています。
さちこ | 2009/01/20 11:22 PM
@さちこさん
こんばんは。

今年から変わってしまったのですか!
知りませんでした。
奈良さんファンにはこれ必携ですよね!
たまらないアイテムだと。
超お手頃ですしね。
Tak管理人 | 2009/01/21 9:45 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック