青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 読終『西洋絵画の巨匠 レオナルド・ダ・ヴィンチ』 | main | 「土から生まれるもの展」 >>

八谷和彦展「Open Sky 2.0」

NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)で開催中の
八谷和彦展「Open Sky 2.0」(オープン・スカイ2.0)へ行って来ました。




「風の谷のナウシカ」の中で主人公ナウシカが乗って大空を駆け巡っていた真っ白な翼『メーヴェ』(メーヴェ (Möwe) とはドイツ語で「カモメ」の意味である。作品の中ではナウシカの移動のための重要な手段としてたびたび登場する。)詳細?はこちら

漫画の中に登場した空飛ぶ乗り物を現実の世界でも作ってしまおう(作っている)人がいます。その人の名前は八谷和彦。私やmizdesignさんそして池上先生など皆ナウシカ世代。ジブリが一番輝いていた時代の作品です。

風の谷のナウシカ 02 メーヴェとナウシカ
風の谷のナウシカ メーヴェとナウシカ

ナウシカ世代=ガンダム世代でもありますが、流石にガンダムは作れません。
ハロが限界です。(「ボール」じゃ誰も関心示してくれません)

で、八谷さんはナウシカの「メーヴェ」なら!と大空への夢と共に開発に着手。
(まぁ、これも無謀といえば無謀ですが)
あの一世を風靡したメールソフト「ポストペット」を開発した八谷さんですから
もしかして、本当にやってくれるかも。(って実際に飛びました!)

2003年から「個人的に飛行装置を作ってみるプロジェクト」として立ち上げたのがこの「オープンスカイ」2003から2006までのプロジェクトの歩みを振り返り紹介しているのが今回の展覧会「Open Sky 2.0」です。

まず、会場を入ると「メーヴェ1/2」が展示されてありました。
(2003)
二分の一サイズでも小型のジェットエンジン搭載しているそうです。
現在は熊本市現代美術館所蔵となっているそうです。

M-01」(2005)は愛・地球博にも展示されたモデルだそうです。
会場内で運がよければ?乗ること出来ます。但し体重制限があります。
58kg以下でないと乗せてもらえません。私の代わりにかみさんが搭乗。
いいな〜あと数キロなのに…乗せて!(体重計が置いてあるんです。いけず)

(2006)
こちらは「M-02J」Jはジェットを表しているそうです。

近寄って見ると確かに。


でも、この機体で実際に空飛べる(飛んだ)そうです。すごいな〜
開発からたった3年でこれだけの物作ってしまうなんて。驚きです。

you tubeで「オープンスカイ」で検索すると動画見つかります。

この動画何度も観ていると富士の裾野が風の谷に見えてくるから不思議です。

開場内の一部がロフト状になっていてその上には
M-02J シュミレーター」があります。

機体の操作方法が体験できるフライトシュミレーター
これは体重制限確か90kg位までokだったので
今回は乗れると大はしゃぎ。ところが……
空を飛ぶのはそんなに生易しくはありません。

4択のクイズの3問連続で正解しないと乗せてもらえません。
しかもすっごく難しい。。。
会場空いていたので不正解でもまた再チェレンジし
粘りに粘ったのですが、無理。     無念。

このまま下に下りるのも悔しいので上から写真を。。。これも虚しい。

因みに「M-02J」の機体脇に立っているのはmomokoドール(真鍋奈見江)
八谷さんがフライトの際に着用した服とヘルメット被っているそうです。

後姿はちょっとナウシカっぽい。

500ピース 風の谷のナウシカ 風に乗って AM 500-230
風の谷のナウシカ

そうそう、この展覧会、コスプレして入場してもokだそうです。
多分歓迎されるかも。

それと写真撮影もこれまたok!八谷さん太っ腹!
更に一枚のチケットでもう一度別の日に入場可能。

欲を言うなら会場内にこの曲をBGMとして流してくれると尚更好し。
安田成美の生まれ持った調子っぱずれな歌がないとね〜
(でも、メーヴェ壊れちゃうかな…)
風の谷のナウシカ
風の谷のナウシカ
安田成美,松本隆,萩田光雄,白井良明

展示物は他にも色々ありました。
macで実際のフライトの様子も観ることできました。

入口の壁には沢山の資料も展示。

ナウシカ世代でなくとも、大空を飛びたい夢がある人にお勧めの展覧会です。
会場内は「夢」に満ち溢れています。

会場の様子などは「OpenSky 2.0 スタッフ日記」で。

それでは最後に「今日の一枚
(やるんだ今日も)



鴻池朋子さんの作品。
八谷さんと鴻池さんはお友達だそうです。
描かれているのはご覧のように「蜂」
「ハチヤ」さんじゃ〜ないですよね。

会場内には他にも鴻池さんの作品ありました。
上下色々と探してみて下さい。

みみお
みみお
鴻池 朋子


おまけ

館内にあるICCカフェでこの展覧会に合わせて特別メニューが!
「Open Sky」と名づけられたクリームソーダ。
380円・八谷和彦展特製コースター付きです!

グラスの中に「メーヴェ」飛んでいます。


ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」
ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」
宮崎 駿
「OpenSky」は,「個人的に飛行装置を作ってみるプロジェクト」として2003年に開始されました.このプロジェクトは,個人の制作による,実際に乗れる一人乗り飛行装置(パーソナル・ジェット・グライダー)を実現することを最終目標に現在も進行中であり,機体の基本設計および模型機による実験(フェーズ1),人が乗れる実機の試作と低高度の試験飛行(フェーズ2)をへて,間もなくジェット・エンジンを搭載した実機による,有人飛行(フェーズ3)へと到達する予定です.
本展覧会は,このプロジェクト「OpenSky」に焦点をあて,そのコンセプトやこれまでの実験の膨大な映像記録資料と,模型機および実機の展示,フライト・シミュレータやジェット・エンジンの音の体験などを,インターネットも活用した多様なプレゼンテーションによって,これまでのプロジェクトの全貌を開示するものです.

「夢のようなこと」がたとえ個人であっても……むしろ個人であるからこそ実現可能であることを検証するプロジェクトでもある「OpenSky」は,わたしたち自身が,空を自由に飛ぶことができるということを「夢」から解放してくれるものにちがいありません.
展覧会 | permalink | comments(10) | trackbacks(3)

この記事に対するコメント

こんばんわ。
楽しい展示でしたね。こういうわくわくさせてくれるのってたまりません。
実機に乗ってみたかったのですが体重制限と超難しいクイズに阻まれてしまいました。
自由に空中を飛び回れたら楽しいことでしょう。
あおひー | 2007/01/18 1:32 AM
こんにちは
うらやましいですー。
わたしはハイジのベッド作りは経験したことがありますが、メーヴェは今こうして見てるだけです。しょぼん。
とりあえず風の谷のちびこちゃんたちの気分で、
「あっ姫ねえさまだ〜」
画像に向かって呼びかけております。
遊行七恵 | 2007/01/18 4:17 PM
こんばんは。

これ、昨年の「ダ・ヴィンチ」7月号に載ってましたね(TBお送りします)。
乗ってみたいです(体重は余裕でクリア^^)。

>ジブリが一番輝いていた時代の作品です。
厳密にはジブリの前身会社「トップクラフト」の作品ですよん(^。^)。ジブリは「ラピュタ」からです。

私もナウシカ世代です。マンガ原作者自らアニメ化して成功した数少ない作品でもありますね。「文化庁メディア芸術100選」でもアニメ部門2位に選ばれてるし(1位は「エヴァンゲリオン」、3位は「ラピュタ」)。

来週にはこの「100選」を紹介する「日本の表現力」が国立新美術館でスタート。歴代受賞作品の上映や展示あり。
http://plaza.bunka.go.jp/ex/index.html
まだリストには載っていないけど「ナウシカ」も上映して欲しい。「AKIRA」も上映されます。

また文化庁とは関係ないですが明日夜10時の「NHKにんげんドキュメント」にて、「100選」アニメ部門7位に入った神山監督が取り上げられます。
http://www.nhk.or.jp/ningen/
若手No.1監督の新作の制作風景、これは必見ですよ〜。
shamon | 2007/01/18 6:23 PM
@あおひーさん
こんばんは。

あおひーさんのおかげで
しっかり予習して行くことできました。
ありがとうございました!

でもクイズ難し過ぎ!!

@遊行七恵さん
こんばんは。

ハイジのベットですか
それも悪くないですね。
ハイジのブランコも
たしか松之山に・・・
(あれは違うか)

>「あっ姫ねえさまだ〜」
>画像に向かって呼びかけております。

いい感じです!!とっても。

@shamonさん
こんばんは。

>厳密にはジブリの前身会社「トップクラフト」の作品ですよん
そうなのですか。。。
すみません、無知で。
ジブリもなにも十把ひとからげです。

国立新美術館での会は
明和電機に注目しています。

コンサート行きたいのですが。。。
無理っぽいです。

>明日夜10時の「NHKにんげんドキュメント」
折角教えていただいたのに
観られませんでした。
どうもテレビ見る習慣が
近ごろとんと薄れてしまっています。
Tak管理人 | 2007/01/20 12:09 AM
Takさん
こんばんは

> 58kg以下でないと乗せてもらえません。
をっ、私もぎりぎりセーフかもしれません...(^^;
行ってみようかなぁ...
# ナウシカはロードショー公開時に複数回観た
# 初めての映画だったかも...
lysander | 2007/01/20 12:38 AM
@lysanderさん
こんにちは。

えーーセーフなの?
痩せすぎでは??

ナウシカは原作も
映画もそれぞれ好き。
やっぱ行くべきでしょ!
Tak管理人 | 2007/01/20 1:45 PM
こんばんは〜。

Takさんのこのエントリを見た友人(ナウシカファン)が「絶対行く!」と言ってました^^。

>観られませんでした。
1/23に再放送があります。
私は昨日録画しながら観ました。
とてもいい内容でしたよ^^。。
shamon | 2007/01/21 12:04 AM
@shamonさん
こんばんは。

おおーーそれはそれは。
行って損はないです。
一度行くと
もう一度何故かタダでいけます。

あそこのカフェもいつも利用しますが
とてもリーズナブルです。
Tak管理人 | 2007/01/23 11:52 PM
Takさん
こんばんは

これはなかなか楽しい展示でしたね。
元気が出ました。
lysander | 2007/02/04 12:44 AM
@lysanderさん
こんばんは。

昨夜はどうもありがとうございました。

メーヴェどうしても乗りたい!
あと数キロ期間中に落とせるか?!
Tak管理人 | 2007/02/05 11:08 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
「OpenSky2.0 八谷和彦」に行ってきました。 場所は初台のNTTインターコミュニケーションセンターです。 実はICCに入るのは初めて。 勝手が分からないものでどきどきしました。 ロッカーがなかったので、受付でカバンとコートを預け、いざ会場へ。 チケットを見せ
OpenSky2.0 ?ë?NTT????? | あお!ひー | 2007/01/18 1:28 AM
めったに雑誌は買わないのですが、友人からの「ダ・ヴィンチでおもしろい特集をやって
「夢見たマンガの道具が現実に!?」ダ・ヴィンチ7月号特集 | ひねもすのたりの日々 | 2007/01/18 6:24 PM
冬の空がとても青く見えた...吹き抜ける風が気持ちいい... そんな土曜日の午後、あるプロジェクトの全貌をこの目で確かめに 行きました...OpenSky2.0...オープンスカイって語感がすごくいい ですね。しかも 2.0...近頃は 2.0流行りですが、そんな 2.0の中で もピカ一の
OpenSky2.0 / ?ë? (ICC) | 徒然と(美術と本と映画好き...) | 2007/02/04 12:39 AM