青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アクオスTVCM「グランド・ジャッド島の日曜日」 | main | 小川信治「FRENCH MILK CROWN, 2001」 >>

若冲カレンダー(非売品)

便利堂オリジナルコロタイプカレンダー・伊藤若冲(非売品)を
関西にお住まいの方から頂戴しました。ラッキー



昨年便利堂さんのサイトでプレゼントキャンペーンをやっていたのは
知っていたのですが、あまりにも狭き門のためチャレンジしませんでした。
(くじ運ないもので…困惑

「便利堂オリジナルカレンダー プレゼントキャンペーン」
期間:2006年11月1日(水)〜12月20日(水)
期間中、京都便利堂(富小路店・神保町店)にて3000円(税込み)以上お買い上げいただいた方の中から抽選で20名様に、便利堂オリジナルコロタイプカレンダー・伊藤若冲(非売品)をプレゼント!!


しかーーーし。今年に入って間もなく、関西在住の方から一通のメールが。
「よろしかったら便利堂の若冲カレンダー差し上げます」とのこと。

「よろしかったら」って。。。断る理由ありません。
即答で「お願いします」です。猫2

以上のことからも分る通り、私をもし釣るのであれば「若冲」が最適かと。
他にも「フェルメール」「ウォーターハウス」それと「褒め言葉」(単純!)

もっと知りたい伊藤若冲―生涯と作品
「もっと知りたい伊藤若冲―生涯と作品」 佐藤 康宏

お返事するやいなや、すぐにカレンダー宅急便で自宅に届きました。
お名前出せませんが「さる高貴な?関西在住の方」どうも有り難う御座いました。
御蔭様で今年も良い一年のスタートが切れました。日の出

で、折角ですので、頂いたカレンダーに使われている若冲の作品をご紹介。
便利堂さんのカレンダーの表紙にはこう書かれてあります。

今回は臨済宗相国寺派管長・有馬頼底況下の特別のご許可を賜り、大本山相国寺塔頭である金閣寺・銀閣寺・大光明寺伝来の若冲作品から6点を精選しコロタイプで再現いたしました。このカレンダーのために撮り下ろした大型フィルムを用い、職人による手づくりの技が生み出した精細なモノクロ表現は、他の技法では得られない独特の人間的な感性、温もりを伝えるものとしてご満足いただけるものと思っております。

まずは、1,2月。
「玉熨斗図」

これは熨斗(のし)には中々見えないですよね…
目玉に鶏のトサカが付いているような物体が「玉」なのでしょうけど。。。
打ち出の小槌もなんか圧倒されちゃってます。

3,4月。
立鶴図

5,6月。
鯉図

7,8月。
竹虎図

9,10月。
松亀図

11,12月。
伏見人形図

これらの作品だけブログで観ても、イマイチぱっとしませんが
これがカレンダーとなると一気に立派に見えてくるから不思議です。

例えば「竹虎図」(7,8月)はこんな感じです。


素晴らしいです!!
こんなに見事なカレンダーが非売品とはニクイ。
2000円でも買います。

京都国立博物館、京都文化博物館、福岡アジア美術館、岡山県立美術館、千葉市美術館、三井記念美術館などのミュージアムショップの運営もしている便利堂さん。是非とも来年は一般販売してくれると嬉しいのですが。。。
(千葉市美術館のショップの様子はこちら

兎にも角にもこんなに立派なカレンダー拝受させて頂きあらためて感謝です。



ついでに、もう一点だけ。
便利堂のカレンダーに付随してきた解説にこんな事が書かれてありました。

奇想の画家として知られる伊藤若冲は、禅宗に深く帰依する篤信家でもあり、相国寺住持・大典和尚への生涯を通じた深い師事によって数々の作品が相国寺に伝来しています。なかでも白眉は『釈迦三尊像』3幅対と、それを荘厳する『動植探絵』30幅(明治22年に宮中に献納)であるのは言うを待ちません。両親と自身の永代供養のために寄進されたという本作は、以来毎年6月に厳修される観音懺法法要で方丈内に掛けられてきたといわれます。本年、相国寺開基足利義満600年忌を記念して、『動植繰絵』が約120年ぶりにご本山に里帰りされ33幅が一堂に展観されます。

ここまでは、既に皆さんご存知の通り。
今年、相国寺承天閣美術館にて『動植繰絵』が約120年ぶりに展示されます。
気になったのはこの続きの以下の部分です。

そしてさらに、今後恒久的にこの観音懺法法要に全33幅をお祀りするために「複製による里帰り」として弊社の多色刷コロタイプによる複製制作が進行しております。この大役に身の引き締まる思いであるとともに、手作業のために要する時間とコストにもかかわらずご用命いただけましたことは、表現力や保存性というコロタイプの長所に対する深いご理解のおかげと感謝と喜びの念に耐えません。

これは知りませんでした。
・『動植繰絵』の複製品が現在便利堂にて製作中であること。
・完成後は毎年相国寺の観音懺法法要に用いられること。

目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』
目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』
狩野 博幸

いやはや。何とも。
こういう手がありましたか〜
そうですよねまさか宮内庁に「返して」って言えませんからね。
残る道はひとつ。精緻な複製画を高度な技術によって作ること。

京都に創業して120年の便利堂さんの技術を持ってすれば
もしかして本物を凌駕するかのような作品が出来上がるかもしれませんね。
(ついつい嬉しくてヨイショしてみたりします。)

それと、こちらもまだ継続中ですので是非。
伊藤若冲「動植綵絵」人気投票


それでは、最後に便利堂ポストカードで「今日の一枚

伊藤若冲「松樹・梅花・孤鶴図



蛸の足に卵のような鶴が立ち、周囲をゲジゲジが。。。
東京国立博物館で観た時、吹き出しそうになりました。



若冲画譜
若冲画譜
伊藤 若冲


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=899
本年もひとかたならぬご高配を賜り心より御礼申し上げます。感謝の気持ちを込めて2007年の便利堂カレンダーをお届けいたします。
2002年からスタートいたしましたコロタイプによるカレンダーシリーズも6年目を迎え、身近にコロタイプを感じていただけるものとしてご高評いただいてまいりました。
今回は臨済宗相国寺派管長・有馬頼底況下の特別のご許可を賜り、大本山相国寺塔頭である金閣寺・銀閣寺・大光明寺伝来の若冲作品から6点を精選しコロタイプで再現いたしました。このカレンダーのために撮り下ろした大型フィルムを用い、職人による手づくりの技が生み出した精細なモノクロ表現は、他の技法では得られない独特の人間的な感性、温もりを伝えるものとしてご満足いただけるものと思っております。
奇想の画家として知られる伊藤若冲は、禅宗に深く帰依する篤信家でもあり、相国寺住持・大典和尚への生涯を通じた深い師事によって数々の作品が相国寺に伝来しています。なかでも白眉は『釈迦三尊像』3幅対と、それを荘厳する『動植探絵』30幅(明治22年に宮中に献納)であるのは言うを待ちません。両親と自身の永代供養のために寄進されたという本作は、以来毎年6月に厳修される観音懺法法要で方丈内に掛けられてきたといわれます。本年、相国寺開基足利義満600年忌を記念して、『動植繰絵』が約120年ぶりにご本山に里帰りされ33幅が一堂に展観されます。そしてさらに、今後恒久的にこの観音懺法法要に全33幅をお祀りするために「複製による里帰り」として弊社の多色刷コロタイプによる複製制作が進行しております。この大役に身の引き締まる思いであるとともに、手作業のために要する時間とコストにもかかわらずご用命いただけましたことは、表現力や保存性というコロタイプの長所に対する深いご理解のおかげと感謝と喜びの念に耐えません。
2007年は便利堂が創業した明治20年から数えまして120年の節目に当たります。これからも文化財の複製保存や公開展示にお役に立てるよう、より一層技術の追求を続けてまいります。
その他 | permalink | comments(5) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

相国寺は金閣寺、銀閣寺を持っているので、とてもお金持ちです。先ごろ、関西の某有名個人コレクションをほとんど全て買い取った・・・という噂を聞きました。
GAKKO | 2007/01/24 9:39 AM
素敵な若冲カレンダー良かったですね。羨ましい限りです。神田の便利堂さんには時々行きますが、私もその時に若冲のハガキなどを買っていたら、相国寺のものも便利堂さんが手がけているお話をお伺いしました。いやあ〜、本当に今年行きたいですね♪
alice-room | 2007/01/25 9:14 PM
@GAKKOさん
こんばんは。

萬野コレクションでしょうか。
買ってもらって良かったです。
海外に散逸してしまうと大変ですからね。

@alice-roomさん
こんばんは。

何だか頂戴してしまって悪いようで。。。
しかも使うのももったいないようで。。。
ほんと有難いことです。
神保町の便利堂場所が少し移動しましたね。
Tak管理人 | 2007/01/25 10:49 PM
すいません、2回TBしてしまいました。陳謝。
ak96
ak96 | 2007/02/18 3:59 PM
@ak96さん
こんばんは。

TBありがとうございました。
一個消しておきました。
日経さんが主催なのですね若冲展。
6月まで日経取ろうかな。
Tak管理人 | 2007/02/18 9:41 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
若冲の絵、金閣寺に 日経新聞2007年2月17日夕刊 一面から 鹿苑寺(金閣寺)の蔵で見つかった絵が伊藤若冲の作品「厖児戯箒図(ぼうじぎほうず)」であることが判った。ほうきにまとわりながら遊ぶ子犬を描いたもので、署名などの特徴から三十代後半の作と見られ、若
若冲の絵、金閣寺に | 徒然なるまままに | 2007/02/18 3:29 PM