青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
保険金100m euros
昨日upした記事のコメントでgakkoさんが
こんな事を教えて下さいました。
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像」 に関連した話題です。

フィレンツエに住むマイミクが「受胎告知」出発騒動を教えてくれました。当地では、「受胎告知」出発直前になって、ゼッフィレッリまで出てきて、日本に持っていくのを反対、飛行機に乗せるなんて・・・と大反対がおきたようです。

フランコ・ゼッフィレッリ監督まで登場して抗議とは
早速イタリアのニュースをグーグル先生で調べてみると。。。

ありました。ありました。

ーthe decision made by culture minister Francesco Rutelli was contested by prominent figures including Uffizi director Antonio Natali, film director Franco Zeffirelli and a member of Forza Italia party, Senator Paolo Amato, who chained himself to the Uffizi gates in sign of protest.

ところで、ゼッフィレッリ監督の姿は…

 
自らをウフィツィの門に鎖で縛り付け抗議するAmato上院議員

面白そうなのでニュースをあちこち検索していると
色々今回の「受胎告知」の貸し出しについて分りました。

アマート上院議員やゼッフィレッリ監督など一部の文化人は
「受胎告知」が商業目的で日本へ貸し出されることや
日本まで運搬するにはルネサンス期に描かれたこの作品にとっては
とても負担になると主張し反対しているようです。


ウフィツィ美術館の壁から外される「受胎告知」
ジーンズ穿いたおじさん慎重にね!

貸し出しを許可した「Culture Minister Francesco Rutelli」に対して
「arrogance」傲慢だとアマート上院議員らは言っているようです。

それに対して、文化相Francesco Rutelli氏は
鎖を用いるなど異様な反対行動を売名行為だと非難しているようです。

そうこうしているうちに「受胎告知」壁から外されました。

大丈夫ですかね〜落とさないように!
手前の卓球台のようなテーブルに載せるのかな?

はい。載せました〜

なにやらキュレーターらしき女性がチェックしていますね。

奥に掛けられている作品も気になります。
ウフィツィ美術館で買ってきた本で調べると…
どうやらこの作品のようですね。

ピエトロ・ペルジーノ「ピエタ」1493-94年頃

細長いウフィツィ美術館の第15室がレオナルド・ルーム


フィレンツェの君主、メディチ家のコモジ祇い1560年、ヴェッキオ宮殿が手狭になった為ジョルジオ・ヴァザーリに命じて、この「事務所」(「ウフィッツィ」とは英語でオフィスのこと)を設計させたそうです。

横に長い「コ」の字型の建物は、決して広すぎることはなく、2時間もあれば充分観て
回る事は可能。ただしとびきり上等な作品ばかりなので時間的な余裕は必要かと。


位置的に青く四角で印した部分が「受胎告知」が載せられた「卓球台」。


チェックに余念がありません。
2000年に修復して以来でしょうか?取り外したの??

さて、さてアマート上院議員らの反対もありましたが
「受胎告知」無事に日本に向け出発したそうです。

この絵にどれくらいの保険金を掛けるのか
興味あったので調べてみると……

100m euros とBBCのサイトに載っていました。

100万ユーロって一体、円に換算するといかほどになるのでしょう?
今日の為替で算出。1ユーロを153円で換算すると。。。

えっ?えっ??!!!びっくり 幾らになるの??
( $132 million )

ただこれって値段付けられる代物ではありません。
「もしも」の時のためと言ってもその「もしも」があっては困るわけです。

お守り代としてですね。

運搬時も大変気を使うはずです。
15世紀に板に描かれた油彩混合のテンペラ画です。
気圧の変化や湿度のちょっとした加減でダメージ受けかねません。

そこで「受胎告知」のサイズ98×217cmのサイズの緩衝装置と温度・湿度管理が可能な特性木枠を作り運ばれてくるそうです。

Measuring 98 by 217cm (38 by 95 inches), it is to be transported in protective crates fitted with shock absorbers and sensors to measure temperature and humidity.

何でもこのケース、ドイツ製だそうです。
 3カ月に及ぶダ・ヴィンチ展の会期中、イタリアの至宝ともいえる絵画を安全に保管・展示するため、ドイツ製の特注ケースが手配されるなど、準備が着々と進んでいる。
 「受胎告知」は500年以上前、板に油彩で描かれた。木材は環境の変化で収縮しやすく、絵の具に亀裂が生じる可能性がある。変形を防ぐには、温湿度を一定に維持する気密性の高いケースが必要となる。そのケースには有害物質を出さず、光の透過性に優れ、照明の反射を極力抑えたガラスが欠かせない。検討を重ねてドイツのメーカーが選ばれた。
 1月、ウフィツィ美術館に日本とドイツから関係者が集まり、作品を壁から外し、ケースへの取り付け方法などを検討した。東京国立博物館の神庭信幸・保存修復課長は「何より事故なく公開を全うし、返却したい。作品の魅力を余すところなく伝えたい」と語る。

「受胎告知」ケースは独製 ダ・ヴィンチ展



12日にフィレンツェからローマへ。
そして13日の東京行きの飛行機の乗せられるそうです。

まずは無事に到着してくれることを願うばかりです。

レオナルド・ダ・ヴィンチ
レオナルド・ダ・ヴィンチ
池上 英洋

これでも観ながら無事を祈りましょう。
Annunciation - Leonardo da Vinci

Annunciation - Leonardo da Vinci


レオナルド・ダ・ヴィンチへの誘い―美と美徳・感性・絵画科学・想像力
レオナルド・ダ・ヴィンチへの誘い―美と美徳・感性・絵画科学・想像力
山岸 健

追記:「受胎告知」到着
池上先生のブログ:池上英洋の第弐研究室によると「受胎告知」無事日本に到着したそうです。良かった。良かった。

こちらは3月16日の朝日の記事
ダ・ヴィンチ「受胎告知」、荷解き 20日から公開

 
ルネサンス期の天才芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチの初期の傑作「受胎告知」(1472〜73年)が16日、東京・上野公園の東京国立博物館(東博)で優美な姿を現した。
この記事の全文(キャッシュ)はこちらです。   

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=949
Leonardo’s Annunciation in Japan.
Leonardo da Vinci’s masterpiece, the “Annunciation”, left Florence’s Uffizi museum for Japan on 12 March amid criticism by local art lovers who feel that such a precious artwork should not be loaned to foreign countries.

The 15th century painting, which has been insured for €100 million, has been flown to Tokyo’s national museum as the centerpiece of a special three-month exhibition entitled “Leonardo’s mind”, part of a series of events which aim to promote Italian culture and products in Japan.

Although all precautions have been taken in packaging and shipping the painting – including sensors to monitor humidity and stress – the decision made by culture minister Francesco Rutelli was contested by prominent figures including Uffizi director Antonio Natali, film director Franco Zeffirelli and a member of Forza Italia party, Senator Paolo Amato, who chained himself to the Uffizi gates in sign of protest.

This is the first time that da Vinci’s Annunciation has left Europe.
| その他 | 23:11 | comments(12) | trackbacks(4) |
こんばんは。
以前に新聞で少し拝見していて気になっていたのですが、
こんな経緯があったとは知りませんでした。
それにしてもゼッフィレッリ監督まで出ていらっしゃるとは…。

Takさんの詳細な記事で何だか安心しました。(早いかもしれませんが…。)
あとは日本滞在中に何もないことを祈るばかりです。
| はろるど | 2007/03/15 12:53 AM |

まだまだ、抗議は続いていますね。わからないでもないんですが。。。
昨日私もその話にちょっと触れたたのですが、さすがTAKさん詳しく調べましたね。
| seedsbook | 2007/03/15 2:31 AM |

意外に安いですね、受胎告知。
フランス印象派の評価額から考えると・・・。
| Podkozo | 2007/03/15 12:37 PM |

ドタバタしてます(笑

Podkozoさん、それ、作品評価額ではなく保険金の額です…
| ike | 2007/03/16 12:17 AM |

きゃー間違った↑

先日までユーロを使っていながら、円への換算を間違ってました。保険金算出のための想定評価額で合ってます。

ただ、レオナルドの絵画作品はマーケットに出ないので一応買いたくても「青天井」ということになってます。
| ike | 2007/03/16 12:56 AM |

こんばんは^^。

やっぱりすんなりとは行かないのですね。
もう無事に着いたかな?

そうそう
「ユリイカ」の最新号はダ・ヴィンチの特集ですね。
| shamon | 2007/03/16 8:19 PM |

100m euros って、、、100X1000だから、
10万ユーロですよね???
| 100m euros | 2007/03/16 10:42 PM |

@はろるどさん
こんばんは。

一部の方たちだけのようですね。
ざーとよ読んでみたところ。
勿論、他にもこころよく思って
いない人は大勢いるでしょうが。

池上先生のブログに無事到着したと
書かれてました。関係者でもないのに
ドキドキしています。

@seedsbookさん
こんばんは。

結構調べるの面白かったですよ。
イタリア語のグーグルなんて
使うことありませんからね。
抗議もあって当然ですよね。
モノがモノだけに。

@Podkozoさん
こんばんは。

↓で池上先生も仰っていますが
値段が付けられないのでしょうね。
無事到着してほんと良かったです。

@ikeさん
こんばんは。

おかえりなさい。と同時に大変ですよね。
テレビの収録は明日ですか?

いやはや自分も何だか落ち着かなくて
上野うろうろしています。
レオナルド展の縦幕?博物館本館に
かけられていました。いよいよですね!

お忙しいと思いますがお身体には
十分留意なされ展覧会成功させて下さい。

@shamonさん
こんばんは。

無事に着いたようです。
まずは一安心です。
クーリエさんもご一緒でしょう。

ユリイカまだ見ていませんでした。
いつもいつも情報ありがとうございます。
感謝感謝です。

@100m eurosさん
こんばんは。

そうですか・・・
数字はからっきし弱いもので。
ましてや縁のない位だと尚更です。
| Tak管理人 | 2007/03/16 10:55 PM |

100mユーロのmはミリオンのことでしょうから、1億ユーロ。日本円では155億円ぐらい。私がひょんなことから知ったある印象派の作品(50センチ四方ぐらいの作品)の評価額は70億円でした。
まあ、保険評価額ですから、こういうものを比較してどうのこうのというのはある意味ばかげてますが、それにしてもこの話を聞いたときに「え?レオナルドってそんなもんなの?」と脊髄反射的に思ってしまったのも事実でして。
| podkozo | 2007/03/16 11:14 PM |

@podkozoさん
こんばんは。

155億円ですか!
うーーん、やはりちょっと安いかな。
まぁ値段付けられる作品ではありませんけどね。

無事日本にも到着し(アリタリアで運ばれてきたのですね)
日通のプロフェッショナル軍団によって
博物館にも無事展示されたようです。
さぁ!いよいよですね。
| Tak管理人 | 2007/03/19 12:10 AM |

国宝というより世界のお宝ですものね、反対するのよくわかります。

しかし搬出現場写真面白いですね。
ドキュメンタリー映画の「パリ・ルーヴル美術館の秘密」を思い出してちょっとドキドキハラハラします。


あ、あと、フランコ・ゼフィレッリ監督つながりでTBさせていただきました。
ここ、とても面白いブログですね、これからも見させていただきます。
| june | 2007/03/19 6:17 PM |

@juneさん
こんにちは。

この人って何にもで反対する人らしいです。
「売名行為」もまんざらウソではなさそう。

「ルーヴル美術館の秘密」確かにこんな感じでしたね。
それに比べて日本の作業の厳重なこと!
公式サイトにその様子がありますが違いにびっくりです。

TBありがとうございました。
またお褒めいただき恐縮です。
拙いブログですがどうぞ宜しくお願いいたします。
| Tak管理人 | 2007/03/20 4:08 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/949
受胎告知(3)
■参照   いよいよ、来日! ですが、あまり騒がれていないのは気のせいでしょうか!? ダ・ヴィンチ・コードでブームになってたし、 すごい騒がれてもおかしくないのに... ま、人が少ない方が見やすくていいですけど(笑) イタリアではやはり貸し
| 徒然なるままに | 2007/03/15 12:27 AM |
[museum] Leonardo da Vinci ”Annunciazione” will come to Japan.
I hear that Leonardo da Vinci’s famous painting ”Annunciazione(受胎告知、Annunciation) ” owned by Galleria degli Uffizi(ウフィツィ美術館) will be shown in Tokyo National Museum from March 20th, 2007. This news has given pleasure to art funs in
| Podkozo’s memorandum | 2007/03/15 12:36 PM |
[museum]”Annunciazione” in Tokyo
At last, Leonardo da Vinci’s ”Annunciazione (Annunciation)” has arrived at the Tokyo National Museum. From 20th of this March, the exhibition for this painting will be open at this museum. The posters, flyers and huge signs for this exhibit have
| Podkozo’s memorandum | 2007/03/17 12:09 PM |
チャンプ
チャンプ 出演: ジョン・ボイト, フェイ・ダナウェイ 監督: フランコ・ゼフィレッリ 相当久々に観た。子供の頃よくTVでやってましたね。ジョン・ボイト・・・このあたりから風貌が怪しい感じになっていってるんでしょうか?ラストのボクシングのシーン、感動的
| MneMe fragments | 2007/03/19 6:08 PM |
【お知らせ】
おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」
「上原コレクション名品選」
「セーヴル、創造の300年」
「パリ・グラフィック」
かみさんが選ぶ「2017年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2017年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...