青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「リサとガスパール&ペネロペ展」 | main | AQUOS名画シリーズ第5弾「モナ・リザ」 >>

奈良美智展「Moonlight Serenade-月夜曲」

金沢21世紀美術館で21日まで開催していた
奈良美智展「Moonlight Serenade-月夜曲」に行って来ました。



青森は行けなかったので金沢だけはと願い
最終日になんとか間に合うことできました。

「展覧会」というより「イベント」です。

金沢21世紀美術館敷地内三箇所に奈良さんの作品?が展示されていました。
普段から画像ばかりのこのブログですが、今日は更に一層画像メインで。
余計な解説は要らないですよね。

まず最初に奈良さんとgrafの共同制作による新作インスタレーション
Voyage of the Moon
チラシやポスターにどーんと用いられているこの顔つきの小屋です。


オブジェではありません。「小屋」です。小屋。人が入れます。
この「小屋」思っていた以上に大きなものでした。
高さ476cm、幅354cm、奥行き495cmもあります。
大人5人は入って中を見学することできました。

因みにこんなロマンチックな「小屋」に
かみさんと二人で入っても気まずいです。
最終日で混雑していて良かった。良かった。

小屋の中は奈良さんの制作部屋を再現したよう。
こんな感じでした↓
 
 映画『NARA:奈良美智との旅の記録』Yoshitomo Nara + graf A to Z
 (NARA:奈良美智との旅の記録公式サイト

原美術館に常設展示されているこの部屋とほぼ同じ大きさだったかな。
奈良美智―From the Depth of My Drawer
「奈良美智―From the Depth of My Drawer」 奈良 美智

細かな点に色々気がつき観ていて飽きないのですが
順番待ちの方にも悪いのであまり長居せずに撤収。
勿論窓から「小屋」の中をのぞくこともできます。

この「Voyage of the Moon」は金沢21世紀美術館が買い取ったそうなので
これからまた何かの機会に展示されるはずです。

この他にも(画像は、表参道ヒルズ「S and O」

↑の直径150cmもある真っ白な作品も展示?されていました。
Puff Marshie,Kanazawa version
暗い展示室の床に真っ白なこの作品が置かれているのでちょっと怖かったです。

ここまで(と言っても展示室一つだけですが)が有料ゾーン。
観る為にはコレクション展のチケットが必要でした(350円)

という事は、、、
他の奈良さんの作品を観るのはもしかしてタダ?
そうなんです。無料なんです。これにはビックリ。
(一応予習はしていったのですが改めて驚かされました)

以下全て無料ゾーンで観たものです。

長期インスタレーションルームでは
Dog-o-rama」を鑑賞することが出来ました。
Dog-o-ramaじゃ〜分りにくいですよね、「奈良犬」です。
Pup king

金沢市民が持ち寄った古着がこのぬいぐるみの中に詰められているそうです。
製作過程はこちらにあります。

この奈良犬君は写真取り放題なので思う存分に撮ってきました。

おしり。

目。

王冠。

首輪。

手。

鼻。

口。

耳。

監視員の方に「何やっているのだろう?あの人?」と
不思議そうに怪しそうに(怪しいか…)観られつつ激写。

お尻から観ると、確かに衣服が詰まっていること分りますね。
因みにこの犬、全長7mもあります!!


さて、さて気になるのは壁に掛けられた色とりどりの着ぐるみ。
あれは何??

Pup Patrol」というものだそうで、
奈良さんがデザインした犬の着ぐるみです。


ここでレンタルしてくれます。勿論無料です!
かみさん、着る気満々。

ところがこれ小学生限定だそうであっけなく敗退。
幼い子供、無邪気な子供が着るからこそ良いのです。

願い叶わぬとあらば、せめて小学生の子供さんが
着た様子を見てみたい!ということで待つことしばし。

男の子二人がご両親に勧められPup Patrolに変身!!
記念撮影させてもらいました。似合っているよ〜


その後も館内のあちちで「Pup Patrol」を発見。


四つんばいになったり、ポーズをとったりと
汗だくになりながらも楽しんでいる様子でした。

やっぱり無邪気な子供でないと駄目ですよね。これ。

ともだちがほしかったこいぬ
「ともだちがほしかったこいぬ」 奈良 美智

そして最後に「まるびぃ」の野外にあるプロジェクト工房で催されていた
スタジオカフェyngm:k





この建物がスタジオ&カフェへの入口になっています。
中はこんな様子です。




ここで「studio cafe yngm:k final special Live」と題した
最終日の打ち上げライブが開催されました。
11月3日のオープンから早5ヶ月。ついにスタジオカフェyngm:kが最終の営業日を迎えます。最後の一夜を飾るのは3本のギターと3人の歌い手。
現在ベルリンで行われているYOSHITOMO NARA+grafの展覧会オープニングレセプションでのLiveも大好評だったM.A.G.O.のメンバーでもあるthe teachers。映画『NARA:奈良美智との旅の記録』にも複数の楽曲が使用されているogurusu norihide。そして奈良美智とも親交が深く、『YOSHITOMO NARA+graf A to Z』で弘前において迫力のLiveで多くの感動を生んだoutside yoshino。
今宵、月夜が照らす最後の宴。3人の歌声と、この日の為のスペシャルDJ陣の響かす音楽に身をゆだねて下さい!!


美術館敷地内の芝生で談笑するメンバーと奈良さん。

18:00からの有料ライブは既にチケットが売り切れていたので
観ること聴くことできませんでしたが(奈良さんのDJ興味あり)
14:00からのライブ?は観られました。
(奈良さん出ていませんでしたが)

奈良さんはプロジェクト工房の周辺で談笑したりなさっていました。

こんなに近くにいらしたのに、気が付かない方多かったようです。
テレビ、雑誌等で拝見するより格好良かったです。スリムで。
ヘビースモーカーは有名ですがスタジオに入ると片時もタバコを
手放さないほど頻繁に吸っていました。どうぞお身体大切に。

さて、凝りもせずに次の日も美術館へ足を運びました。
展覧会も終了し撤収作業に取り掛かっていました。

奈良犬は衣類を中から抜かれてぺしゃんこになっていました。
お役目ご苦労さま。

そして「スタジオカフェyngm:k」は…ご覧の通り。

一見、前日までとなんら変りないように見えますが、
近寄って見ると凄いことになっていました。


壁にはメッセージがいっぱい!!

そして内側にも。


あんな終わり方させてしまって ごめんなさい

このメッセージが気になりました。
一体、昨夜のライブで何があったのでしょうね。。。

さて、奈良さん次はどこの街へ現れるやら。
あおひーさんの予想は何処でしょう?

A to Z
A to Z
奈良 美智,graf

南青山にある奈良美智さんとgrafのプロジェクトカフェ「「A to Z cafe」の記事はこちらにあります。金沢まで行けなくても都内で同じような雰囲気味わえます。

[YOSHITMO NARA+ graf A to Z]をテーマに、奈良美智さんとgrafが内装を手がけたカフェ、[A to Z cafe]が2006年2月5日(日)南青山にオープンいたします。
[ 住 所 ] 東京都港区南青山5-8-3 equboビル5F
[ OPEN ] 2006.2.5
[ 営業時間 ] 平日11:30-23:30/休・祝前日11:30-28:00
[ 電話 ] 03-5464-0281
[ アクセス ] 地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅
B1出口を出て、渋谷方面に向かう道の最初の曲がり角を左に曲がり、直進300m歩く


関連エントリー

generated by 関連エントリーリストジェネレータ



この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=961
国際的に活躍するアーティスト、奈良美智の世界観絵画・彫刻作品の展示によって紹介します。
また、奈良自身が金沢にて滞在制作を行いながら、音楽、パフォーマンスといった他分野の活動を始動させ、制作プロセスから成果までをトータルに展観します。
新作インスタレーション《Voyage of the Moon》の展示をはじめ、2003年以降、共同制作を続けている大阪のクリエイティブユニットgrafが構築する「小屋」や「カフェ」を舞台に、巨大ぬいぐるみの共同制作プロジェクト「Pup Up the Dog」や小学生の子どもが犬の着ぐるみを着て美術館を探検するプロジェクト「Pup Patrol」、イヴェント開催などジャンルを横断したクリエイティブな時空間が創出されます。


展覧会 | permalink | comments(10) | trackbacks(2)

この記事に対するコメント

最後に載せてある図録、昨年の吉井酒造煉瓦倉庫の会場で予約すると、サイン付きという事で予約しました。予定より1ヶ月遅れで届いた図録のサインは読めません。短過ぎてなんて書いてあるかわかりません。何語だ?(笑)。
図録の後ろには、2006.9.22現在のボランティアの名前が載ってました。最後がand moreなので、その後も増えたのかもしれません。
実は、ポスターも買って、長くて持って帰るのに苦労しました。
弘前はA to Zの26に加えて、全部で40くらいの小屋があったはずです。
ねぷたのあったんですよね。会場にではないですが。
鼎 | 2007/03/26 12:49 AM
@鼎さん
こんばんは。

私も友人からその図録見せてもらいました。
確かにサインなんて書いてあるか不明ですね。
うけました。
今回の金沢も図録できていなくて予約制でした。
頼んできませんでしたが。

ポスターはさぞかし大変でしたでしょう。
ちょっとでも折れると嫌なものです。
青森の何十分の一だけかもしれませんが
金沢で体験させてもらいました。
Tak管理人 | 2007/03/26 1:03 AM
かわいいメールをありがとうございました。うらやましー、うらやましー。私も、その場にいれば奥様同様、着ぐるみを着る気満々になったと思います。それにしても、展示の仕方が進化しているというか、もう、展示して人を巻き込むことを作品のように楽しんでいるのが素敵です。行きたかったなー。行こうって、青森では誓っていたのに…。
海 | 2007/03/27 2:37 AM
@海さん
こんばんは。

いっぱい画像載せました。
ご堪能あれ。
着ぐるみ着た子供たちは
純粋にかわいく見えました。
あれ無敵ですね!

まぁ青森行けただけでもよしとしましょう。
私は奈良さんに会えてラッキーでした。
Tak管理人 | 2007/03/28 12:34 AM
こんばんわ。
月火と会社の泊まりこみ。
いま、ちょっと休憩モードです。
いや〜。最終日うらやましいです。小屋のイラストが生で見たかったですね。
なんでも、今年は国内での奈良さんの個展はないらしいので、そうすると我慢するしかないのかなあ。
あっ、海外に行くってのもいいな。あ、いいかも。
実現したらうれしいなっと。。。
あおひー | 2007/03/28 12:45 AM
@あおひーさん
こんばんは。

相変わらずお忙しそうですね。
ご無理なさらずに(と言っても無理か)
せめて身体だけはご自愛あれ。

さてさて、最終日特権?
奈良さんに会えました。
また展覧会終了した翌日も
書いていませんがあれこれ
楽しめました。

また、飲みに行きましょう!
その時たっぷり、ゆっくりと。
Tak管理人 | 2007/03/28 12:52 AM
こんにちは^^。
遠距離の移動お疲れ様でした。

楽しい展示会だったんですね。いいなぁ。
奈良さんの絵はどこか暖かくて見ると和みますよね。
奈良犬もかわいい。是非実物を拝んでみたいです。
楽しいキグルミが小学生限定なのは残念ですね。
大人用も置いてくれればそれなりに?楽しかったでしょうに。

私は日曜日にTAF(東京国際アニメフェア)を見てきました。おもしろかったです。
ジブリブースにはここが配給する「春のめざめ」(http://www.ghibli-museum.jp/mezame/
の原画が飾られていてとてもきれいでした。
動く絵画、とはこのこと。

企業ブースはそれぞれ新作宣伝に一生懸命でしたが、
目を惹いたのはポスト押井守こと神山監督の「精霊の守り人」、
そして初監督が注目される磯氏の「電脳コイル」。
前者は日本発本格ファンタジーのアニメ化、後者はオリジナルのSFジュブナイル。
今年、業界の話題を独占するのはこのお二人かなって感じです(笑)。
TAFレポートは名前のところに入れておきます。ご参考まで。
shamon | 2007/03/28 12:52 PM
@shamonさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

行きは寝台列車でしたので
寝ている間に北陸へ到着しました。
帰りはちょっとしたトラブルも
あったのですが、思っていたより
楽な旅でした。これならもう一回…

東京国際アニメフェアに「春のめざめ」も
展示されていたのですね。。。
てっきりジブリ美術館まで行かないと
見られないと諦めていました。

映画も見に行きたいのですが
中々スケジュール的にどうしても
展覧会優先になってしまい見に行けていません。
DVDも溜まる一方です。
Tak管理人 | 2007/03/30 12:39 AM
こんばんは^^。

「春のめざめ」は、
http://www.minipara.com/kanto-mini/theater/society/index.shtml
によるとシネマ・アンジェリカで4/13まで上映です。

映画は展覧会と違って時間が決まってるから行きづらいですよね。
私も今年に入ってまだ一本も見ていません。
これではいけない、と思うのですが・・・。

今日は青山ユニマット美術館でワイエスを観てきました。
レビューは又後日。
shamon | 2007/03/30 10:11 PM
@shamonさん
こんにちは。

ぽっと空いた時間に気軽に行けるのは
近くの映画館だけ。都内で映画を見ること
まずなくなりました。。。

ユニマットのワイエス展行かれましたか〜
チラシで観知って「おおっ!」と思い
チェックしていましたが、あそこも中々…
Tak管理人 | 2007/04/01 11:00 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
さて、金沢駅から時間がかかるだろうと踏んではいたのですが、敢えて歩いてくことにしました。 美術館に入れるまでまだ一時間弱あったし、何より街の風情を楽しみたかったのです。 途中、デジカメとロモで写真を撮りながら、金沢21世紀美術館に辿り着いたのが9時50分
奈良美智展MoonlightSerenade―月夜曲 その1 | あお!ひー | 2007/03/28 12:46 AM
Dog-o-ramaを見た次は、どこへ? 正直、この美術館の造りが分からない!! 確か、有料の展示を見ることで鑑賞出来る奈良さんの作品があったはず。 そこでチケット販売のコーナーへ。 すると、判明しました。 展示室13を見るには同時開催の展覧会の当日券が必要との
奈良美智展MoonlightSerenade―月夜曲 その2 | あお!ひー | 2007/03/28 12:46 AM