青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「原美術館コレクション−25年の歩み」展 | main | 明和電機 ナンセンス=マシーンズ展 >>

鈴木慶江&鈴木重子 クリスマス・コンサート

東京オペラシティコンサートホールで開催された
鈴木慶江&鈴木重子クリスマス・コンサートに行って来ました。♪



イタリア、ミラノに在住し活動を続けるオペラ歌手
鈴木慶江(Norie Suzuki)さんと、

ニューヨーク「ブルーノート」で日本人ヴォーカリストとして初のライブを行なったヴォーカリスト
鈴木重子(Shigeko Suzuki)さんによるChristmas特別コンサートです。

主なプログラムは
鈴木慶江&重子 バッハ=グノー:アヴェ・マリア
サイモン&ガーファンクル:スカボロフェア

鈴木慶江 プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」より“私のお父さん”
アメイジング・グレイス

鈴木重子 ジョン・レノン:イマジン
グリーンスリーブス

鈴木慶江&重子 クリスマス・ファンタジー:
グローリア 〜 ウィンダーランド 〜 シューベルトのアヴェ・マリア 〜
カッチーニのアヴェ・マリア 〜 ザ・クリスマスソング
他にも「G線上のアリア」など盛りだくさんのコンサートでした。

慶江さんの声量は素人の私にでも「ブラボー」と叫ばしめる
実力を伴ったほんとうに素晴らしいもの。
また重子さんの独特の曲の歌い出しには毎回魅了されっぱなし。
CDで聴くそれとはまた違ったものを耳にすることができました。

それに加えて、歌だけでなく
二人の天然掛け合い漫才のようなトークも大変新鮮なものが感じられました。

最後は観客の我々と一緒に「きよしこの夜」を歌いました。
オペラシティーで歌えるなんて!
毎年仕事でクリスマス・イブどころではなかったのですが
今年はとびきり素敵な聖夜を過ごせました。
同質の声を溶け合わせるデュエット、まったく異質な二つの声を拮抗させるデュエット、鈴木慶江&鈴木重子の場合はどちらだろうか。
 たとえるなら、重子の声はきめ肌理こまやかな麻、慶江の声は艶やかなベルベット。
 ふわっとしているように見えてなかなか折れない重子と、かたくなに見えてとても柔軟性のある慶江。
 声質も性格もまったく正反対と思える二人だが、彼女たちの声が重なり合う時、そこには神秘的で慈愛にみちた一つの響きが生み出される。
 音楽番組「題名のない音楽会21」での共演を通してすっかり意気投合した二人が、クリスマス・イブの夜に再び出会う。
ジャンルの異なる2人のアーティスト、ソプラノの鈴木慶江とボーカリストの鈴木重子が24日、東京・初台の東京オペラシティコンサートホールで共演する。2人は、「一緒に歌うと空気が違う」と、互いの声が重なり合った不思議な感覚を楽しんでいる。

 ミラノ在住で、モーツァルトのオペラの主役やコンサート活動などを展開する慶江と、ニューヨークのジャズの殿堂「ブルーノート」でのライブなど、幅広い活動をする重子。2人は昨年、テレビの音楽番組で一緒に歌ったことがあった。

 声が合わさると、互いに、温かく包み込まれるような気持ちになった。「旅に例えると、ずっと深くて遠いところに行く感覚」(重子)、「大地や宇宙が広がるような」(慶江)。2人の心が共鳴しあい、クリスマス・コンサートとして本格共演が決まった。

 コンサートで2人が歌うのは、「アベ・マリア」(バッハ=グノー)、「スカボロー・フェア」「ペチカ」「ホワイト・クリスマス」など。「アベ・マリア」と「スカボロー・フェア」は、互いにソロでも歌っている曲だ。

 「世にある美しい歌を歌いたいという、根底にあるものが、とても近い気がします」(慶江)。「ジャンルみたいなものは、いらない」(重子)。一見、違ったジャンルの声との共演で、互いの共通点も見えてきたという。


コンサート | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

はじめまして,Nyakamaeと申します.

僕も行ってきました,コンサートへ.

すごく良かったですよネ.

CDでは味わえないライブの良さを体感しました.

トラックバック,張らしてもらいます.
Nyakamae | 2004/12/25 11:34 AM
@Nyakamaeさん
こんにちは、コメント&TBありがとうございます。
行かれましたか〜このコンサート!
素晴らしかったですね、二人の歌声。
それぞれに特徴をお持ちで二人を一緒の舞台で
聴けるのはとてもラッキーなことだと
行って聴いてから実感として湧いてきました。

「G線上のアリア」が特に私には新鮮に聴こえました。
Tak管理人 | 2004/12/25 4:38 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
キーワード:鈴木慶江/鈴木重子 クリスマス・イブ,1人でコンサートへ行ってしまいました(笑). SUZUKI NORIE & SHIGEKO クリスマス・コンサート http://www.japanarts.co.jp/html/genre/G-vocal_chorus/suzuki2004/info.html かなり良かった.オペラやジャズの
クリスマス・コンサート(慶江&重子) | G.A. BLOG | 2004/12/25 11:33 AM