青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 若冲展:釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会 | main | ハンマープライス >>

「コンテンポラリーアートオークション」前夜祭

以前こちらでも告知しました
「クラブナイト・プレビューver.2.0@シンワアートオークション」に
行って来ました。


シンワアートオークション株式会社は、4月14日(土)第3回「コンテンポラリーアートオークション」の前夜祭として、4月13日(金)17:00から「クラブナイトプレビューver.2.0@シンワアートオークション」を開催します。会場となる銀座「シンワアートミュージアム」では、ドリンクを片手に120点のオークション出品作品と和太鼓演奏、トークライブ、ヴィデオパフォーマンスなどをお楽しみいただけます。
入場は無料。心も躍る春の夜、気軽に楽しめるアートイベントにぜひご来場ください。


明日4月14日(土)18:00よりシンワアートミュージアムで行われる
「コンテンポラリーアートオークション」の前夜祭です。
(東京都中央区銀座7-4-12 ぎょうせいビル)


オークション前の下見会。出展される作品が一階と地下の二部屋の壁に
所狭しと陳列されていました。ぱっと観ただけで誰の作品か分るものから
キャプション見てもはてな?と首を傾げてしまう作家まで実に様々。

落札予想価格がキャプションに記されているのが美術館とは違う点。
お金でその作品の価値一概に計れませんが、今その作家さんの置かれている
ポジションや注目度を知るひとつの目安にはなります。

日本のみならず、世界的に有名な村上隆や奈良美智などの売れっ子は
ゼロの数が他の作品とは数個違っていました。
因みに↑にアップした奈良さんの作品(83.5×59.0cm)の
エスティメート(落札見積価格)は、7000000〜10000000円。
一千万円!!ですよ。それにあくまでも参考価格ですので
これ絶対にこの価格ではハンマープライスといかないはずです。

名前が知れてしまった作家さんの作品はとてもとても購入できません。
ただし、まだまだ才能ありつつも低価格5万円から10万円で落札できそうな
作品も数多くありました。気に入った作品があればラッキーかも。

また、シャンパン片手に作品を観て歩くのも悪くありませんでした。
ただし、慣れないもので、躓いて絵にかけてしまわないかドキドキ。
やっぱり慣れないこと、身分不相応なことはするもんじゃ〜ありませんね。

さて、午後6時からイベントの一つ和太鼓の演奏が始まりました。

・和太鼓演奏:  四大海(劇団S.W.A.T.!)、沢元凱(太鼓組 陀雷)、韻 匠

フォーホルなどの作品の前で豪快な音を響かせて
(ギャラリーですからね。。。天井低いし。。。)
耳を劈かんばかりに和太鼓が打ち鳴らされました。

その轟音はお伝えできませんが、
GIFアニメで演奏の様子だけでも。


三人のばちがいつ手からすり抜け、作品に突き刺さるのではないかと
これまたヒヤヒヤ、ドキドキしながらの鑑賞となりました。
迫力に加えてスリリングさも演出?するとは畏れ入りました。
池内さんお疲れさまです。



【オークション出品アーティスト】
青島千穂/青山悟/荒木経惟/有馬かおる/あるがせいじ/アンディ・ウォーホル/石田徹也/ヴィベケ・タンベルグ/小川信治/加藤遼子/加納光於/カンノサカン/草間彌生/グレゴール・シュナイダー/桑山忠明/鴻池朋子/小林孝亘/紺泉/近藤正勝/蔡國強/斉藤義重/澤田知子/篠田太郎/篠原有司男/ジム・ダイン/ジャスパー・ジョーンズ/ジョエル・ピーター・ウィトキン/杉本博司/須田悦弘/清家冨夫/曽根裕/太郎千恵藏/土屋仁応/鎌谷徹太郎/デビッド・ホックニー/天明屋尚/堂本右美/時松はるな/中ザワヒデキ/中村哲也/中山ダイスケ/奈良美智/難波田龍起/野口里佳/藤本由紀夫/ブライス・マーデン/フランク・ステラ/細川真希/堀内正和/マーク・コスタビ/町田久美/松谷武判/丸尾康弘/三沢厚彦/宮島達男/村上隆/村瀬恭子/村田朋泰/森村泰昌/森山大道/山田正亮/山田裕子/ヤンニ・レグニルス/横尾忠則/李禹煥/リチャード・ディーベンコーン/リチャード・ハミルトン/ロイ・リキテンシュタイン/ローレンス・キャロル/若林奮/渡辺聡/渡辺英弘(50音順・敬称略)

小林孝亘、町田久美、天明屋尚、デビッド・ホックニー、マーク・コスタビ
この辺の作家の作品良かったです。

それに、夭折してしまった石田徹也の作品も一点ありました!!
石田徹也遺作集
石田徹也遺作集
石田 徹也

mizdesignさん渾身のレポート
ラウンジ・トーク 現代アートを買うために
是非。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=981

美術品オークションハウス国内最大手のシンワアートオークション株式会社は、
4月14日(土)シンワアートミュージアムにて、第3回「コンテンポラリーアートオークション」を開催いたします。昨年12月開催の第2回オークションでは、多くの来場者を集め、落札予想価格の上限を大きく上回る落札が続出するなど、大盛況の一夜となりました。
今回のオークションも、既に海外での評価も高い奈良美智や草間彌生をはじめとする、注目度の高い作家の作品120点が一堂に会します。本日4月9日から14日まで開催する下見会では、全ての出品作品をご覧いただけます。
中でも、現在各メディアで話題となっている石田徹也は、最近海外オークションでもその作品が高額落札されました。また、天明屋尚・町田久美等は、MOMAへの作品収蔵、国際展出品など、活動を国外に広げています。
このように、現在世界で急速に存在感を増しつつある日本人作家を多く擁した今回のセール。
シンワアートオークションから世界へ。日本のアートの“今”を発信するオークションとなることでしょう。

GIFアニメ工房
その他 | permalink | comments(5) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

Takさん
こんばんは

今日はどうもありがとうございました。
おかげさまで無事にたどりつきました。

本番のオークションってどんな雰囲気なのでしょう。
興味津々です。
lysander | 2007/04/14 1:03 AM
お疲れ様でした^^。楽しく拝見しました。

奈良さん、作風はとても親しみやすいのに
お値段はお財布から遠いですね^^;。

>気に入った作品があればラッキーかも。
この感覚で行くのが一番楽しいのかも。

モネ展、レビューアップしました。
名前のところにURLを入れておきますね。ご参考に。
shamon | 2007/04/14 6:56 AM
Takさん、こんにちは。
以前にこのイベントのことが紹介されていたのを読んで行ってみたいな〜と思ったのですが、ドレスコードが皆目見当つかず勇気が出ませんでした…^^;女性はどんな雰囲気だったのでしょう?
オークション自体も敷居が高いように感じるので、こういうふうにオークションの雰囲気を感じ取れるようなイベントは入門編としていいかなあと思ったのですが…自分の小心ぶりにがっかり!?
はな | 2007/04/14 9:06 AM
こんにちは。
昨日はお会いできて良かったです。

写真だと会場が広く見えますね。
実際のスリルは、会場にいた人たちだけが味わえる(笑)。

ほろ酔い気分で「鵺」と「Sato-chan」を観られて満足です。
mizdesign | 2007/04/14 2:41 PM
@lysanderさん
こんばんは。

無事に辿り着け時間にも
間に合って良かった良かった。

本番のオークションは。。。
凄かったですね。
(^^ゞ

@shamonさん
こんばんは。

楽しかったですよ。
プレビュー。
シャンパン飲みながら
作品鑑賞悪くありません。

モネ展の感想拝読しました。
私も「かささぎ」一番気に入りました。
印象的ですよね。
まだ記事は書いていません。。。

@はなさん
こんばんは。

ドレスコードは無いに等しいですよ。
うちのかみさんなんて普段着でしたから。
(ジーンズにジャケット)
逆に着飾っている方探すほうが大変なくらいです。
場所柄会社帰りの方や学生さんらしき方も
数多く散見しました。敷居は低いです。

オークション当日もまた然り。
ラフないでたちの方目立ちました。
次回は是非是非。

@mizdesignさん
こんばんは。

私もお会いできて良かったです。
実際に観た作品(商品)について
あれこれお話できると楽しいです。

鵺は異常なまでに高騰。
一千万円超えてしまいました。。。
Tak管理人 | 2007/04/15 9:58 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
 銀座シンワアートミュージアムで開催された、「クラブナイトプレビューVer2.0...
クラブナイトプレビューver2.0@シンワアートオークション | 柏をたのしむ@水上デザインオフィス | 2007/04/14 2:15 PM