弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
クレパスで描いた作品だけを集めた展覧会が開催されます。
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館にて「巨匠たちのクレパス画展 ー日本近代から現代までー」が開催されます。


http://www.sjnk-museum.org/

クレパスって言葉の響き懐かしいですよね。でも、もう何年いや何十年も握っていないかもしれません。子どものころはあんな毎日のように手にしていたのに。

ちなみに、クレパスは日本において商標登録されています。もちろんこちらの会社によって。サクラクレパス懐かしいですね〜

クレパスは、クレヨンとパステルの良さを兼ね備えた画材として、1925(大正14)年に日本で発明されました。画面によく定着し、伸びやかで発色がよく、混色や塗り重ね、ひっかくなどの幅広い表現が可能です。


小磯良平《婦人像》1951年
40.0×31.4cm サクラアートミュージアム蔵

クレパスは、もっぱら子ども向けのものと思われがちですが、その優れた特性は、油絵具の入手が難しかった第二次大戦直後に多くの画家たちに注目され、次第に独自な画材として絵画表現に取り入れられるようになりました。

大正から昭和にかけて日本画壇で活躍した巨匠たちのクレパス画が一堂に会する展覧会が「巨匠たちのクレパス画展 ー日本近代から現代までー」です。

何点か作品をみて行きましょう。


岡本太郎《》制作年不明
38.9×55.4cm サクラアートミュージアム蔵


舟越桂《習作》2002年
39.0×30.0cm サクラアートミュージアム蔵


熊谷守一《裸婦》制作年不明
28.6×37.2 サクラアートミュージアム蔵

この展覧会はサクラアートミュージアムの絵画コレクションから、クレパス開発と普及に関わった画家・山本鼎(かなえ)をはじめ、大正から昭和にかけて日本画壇で活躍した巨匠たちを中心に、現代の作家たちの作品も紹介します。

総勢100人を超える作家たちの魅力あふれるクレパス画!!まとめて観るのが初めてなので今から密かに楽しみにしている展覧会のひとつです。


山本鼎《江の浦風景》1934年
50.0×60.1cm サクラアートミュージアム蔵

「巨匠たちのクレパス画展 ー日本近代から現代までー」 

会期:2018年7月14日(土)〜9月9日(日)
会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
http://www.sjnk-museum.org/
主催:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、産経新聞社


サクラクレパス 色鉛筆 クーピー 12色 ソフトケース入り FY12-R1

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5138

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 展覧会告知 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
トリップアドバイザー:外国人に人気の日本の観光スポット ランキング 2018
旅の泊まる・遊ぶ・食べるが見つかる世界最大の旅行サイト「TripAdvisor®」(トリップアドバイザー)が、トリップアドバイザー上に投稿された外国語の口コミ評価をもとに、「外国人に人気の日本の観光スポット 2018」を発表しました。


http://tg.tripadvisor.jp/news/ranking/best-inbound-attractions/

2017年4月〜2018年3月の1年間にトリップアドバイザー上の日本の観光スポットに投稿された外国語の口コミの評価、投稿数などをもとに、独自のアルゴリズムで集計したものだそうです。

今年で10回目となる当ランキングでは、『伏見稲荷大社』(京都府京都市)が5年連続で1位に選ばれました。2018年6月現在、これまでに伏見稲荷大社に寄せられた口コミ数は20000件を超え、なんとそのうち7割近くが外国語の口コミというのですから驚きです。

まぁ、京都市内にありながら、あの鳥居がどこまでも無限に続くような不思議の杜は他では体験できませんし、何しろ写真映えしますよね。


伏見稲荷大社(京都府)

2位には昨年3位から順位を上げた『広島平和記念資料館』(広島県広島市)が、3位には『宮島(厳島神社)』(広島県廿日市市)がランクインしています。

さて、ここで注目したいのがトップ30の中に、美術館が3か所ランクインしている点です。姫路城や金閣寺と並んでの美術館が3つも入るとは大健闘ですよね。果たしてどこの美術館でしょう??

【外国人に人気の日本の観光スポット2018 トップ30】
※カッコ内は昨年順位、「初」はランキング初登場の意
1 位(1) 伏見稲荷大社/京都府京都市
2 位(3) 広島平和記念資料館(原爆ドーム、広島平和記念公園)/広島県広島市
3 位(4) 宮島 (厳島神社)/広島県廿日市市
4 位(5) 東大寺/奈良県奈良市
5 位(7) 新宿御苑/東京都新宿区
6 位(14) 兼六園/石川県金沢市
7 位(10) 高野山(奥之院)/和歌山県高野町
8 位(8) 金閣寺/京都府京都市
9 位(9) 箱根彫刻の森美術館/神奈川県箱根町
10 位(13) 姫路城/兵庫県姫路市
11 位(30) 三十三間堂/京都府京都市
12 位(11) 奈良公園/奈良県奈良市
13 位(26) 成田山 新勝寺/千葉県成田市
14 位(-) サムライ ミュージアム/東京都新宿区
15 位(-) 白谷雲水峡/鹿児島県屋久島町
16 位(-) 浅草寺/東京都台東区
17 位(-) 日光東照宮/栃木県日光市
18 位(-) 栗林公園/香川県高松市
19 位(25) 両国国技館/東京都墨田区
20 位(12) 永観堂禅林寺/京都府京都市
21 位(16) 長谷寺/神奈川県鎌倉市
22 位(-) 東京都庁舎/東京都新宿区
23 位(-) トヨタ産業技術記念館/愛知県名古屋市
24 位(-) 白川郷合掌造り集落/岐阜県白川村
25 位(29) 京都駅ビル/京都府京都市
26 位(-) 立山黒部アルペンルート/富山県立山町
27 位「初」 平等院/京都府宇治市
28 位「初」 根津美術館/東京都港区
29 位(-) 地獄谷野猿公苑/長野県山ノ内町
30 位「初」 三千院/京都府京都市
http://tg.tripadvisor.jp/news/ranking/best-inbound-attractions/


根津美術館(東京都)

9 位(9) 箱根彫刻の森美術館
http://www.hakone-oam.or.jp/

This is probably the best art museum I have ever been to. It has a wide variety of outdoor sculptures in a beautiful spacious setting, and also has an indoor Picasso exhibition.


14 位(-) サムライ ミュージアム
https://www.samuraimuseum.jp/

A hidden gem. Amazing private collection, and well worth the visit. The tour was very informative and engaging.

28 位「初」 根津美術館
http://www.nezu-muse.or.jp/

Terrific small museum that encapsulates Japan and region. Spent an hour and a half in one room looking at incense containers. Who would have thought it would be so mesmerising.
日本人にとっては意外なランキングかもしれません。とりわけサムライミュージアムはその存在も知らない方も多いのではないでしょうか。

トリップアドバイザーの代表取締役である牧野友衛氏から教えてもらうまでは自分もノーチェックのミュージアムでした。

嬉しいのは、根津美術館がはじめてランクインしたことです。
ランキング28位に初登場したのは、東京の『根津美術館』。美しい建物や庭園でも知られるこちらの美術館は、“The museum was interesting but my favourite part was the gardens. We came at the best time of year with all the autumn leaves on full resplendent display. The setting was very tranquil and you easily forgot you were in the middle of a busy bustling city.” (博物館自体も面白かったですが、私は庭の方が気に入りました。ちょうど紅葉満開の秋に来たので、庭が色彩豊かだった。自分が忙しい大都市の中にいるのが忘れてしまうぐらい、穏やかな雰囲気だった。) など、大都会、東京の中にある別世界のオアシスとして人気のようです。
都心にありアクセスも抜群なのでこれから2020年に向けより多くの外国人旅行者が根津美術館を訪れるに違いありません。


http://www.nezu-muse.or.jp/en/guide/index.html

しかし、ランクインした要因は、ただ単に美術館のロケーションや施設が素晴らしいだけではないと思います。自分が知る限り最も早くwebサイトの全面多言語化に取り組んだのが根津美術館です。

全ての項目が英語で丁寧に解説がなされています。東京オリンピック開催が決まりようやく多言語化に向け作業を進めている美術館とはおおきな「差」があります。

つまり、ランクインしてしかるべき正当な理由があってこそなのです。


平等院(京都府宇治市)

さて、初登場には「根津美術館」の他に「平等院」、「三千院」があります。これは逆に意外ですよね。これまでどうして入っていなかったのか…
ランキングに今年初登場したのは、10円玉の模様にある「鳳凰堂」が有名な京都の『平等院』、四季折々の美しい庭園が楽しめる『三千院』、そして数多くの国宝や重要文化財などを収蔵している東京の『根津美術館』の3ヶ所でした。昨年の初登場はエンターテイメント施設が中心でしたが、本年は一転して、緑豊かで癒されるスポットが、外国人観光客から人気を得ているようです。

三千院(京都府京都市)

定番の観光名所と言われる神社仏閣やお城から、日本人には馴染みがないニッチなスポットまでが選ばれたユニークなランキングとなっています。

是非、トリップアドバイザーのサイトでコメントも交えてチェックしてみて下さい!

Top30 Attractions in Japan by International Travelers 2018
http://tg.tripadvisor.jp/news/ranking/best-inbound-attractions/

トリップアドバイザーギャラリー:http://tg.tripadvisor.jp/news/
Twitter:https://twitter.com/tripadvisorjp
Instagram:https://www.instagram.com/tripadvisor.jp
Facebook:https://www.facebook.com/TripAdvisor.jp
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40xpy8261j


根津美術館 プライベートミュージアムの最高峰

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5137

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| その他 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
「次のエッシャーはアナタ!? 敷きつめ(テセレーション)の驚異の世界」
上野の森美術館で大好評開催中の「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」。


マウリッツ・コルネリス・エッシャー《発展》(1939年)

この「ミラクル エッシャー展」に関連し、日本テセレーションデザイン協会の荒木義明代表が、エッシャーの誕生日である6月17日、東京都美術館講堂で「次のエッシャーはアナタ!? 敷きつめ(テセレーション)の驚異の世界」と題した講演会を行います。

ところで、日本テセレーションデザイン協会って何??と首を傾げる方も多いのではないでしょうか。

「tessellation」という言葉を調べてみると、切りばめ細工, モザイク状の配列; 《合同なパターンによる平面の》 埋め尽くし, 充填; 《CG で, 立体表面を》 多角形で構成すること。といった意味が出ています。



たとえばこのように同じ形状のものを敷きつめることにより、新たな意匠が作り出されます。

そう!モザイクタイル、モザイク画のようなものだと捉えると分かりやすいかもしれません。

テセレーションには数学的な要素が多分に含まれています。エッシャーは版画家でありながら、表現を追求するうちにそれがある種「数学的」な表現になったのです

実際に、1954年にアムステルダムで開催された国際数学学会で、自作に関する講演会を行っているのです。


ミラクル エッシャー展」図録より

エッシャーは作品《発展供佞里茲Δ法独自の方法論で、「敷きつめ」を芸術作品に昇華させていったのです。

つまり、エッシャーを知るにはだまし絵的な側面よりも、彼の頭の中で敷きつめられていた思考を理解することが一番の早道です。

逆に、エッシャーを語る上でこのテセレーションは、切っても切り離せない超重要なファクターとなっているのです


日本テセレーションデザイン協会代表 荒木義明氏

エッシャーの誕生日である6月17日、東京都美術館講堂で行われる講演会「次のエッシャーはアナタ!? 敷きつめ(テセレーション)の驚異の世界」では、テセレーション協会の荒木代表が「敷きつめ」の歴史から現在の研究状況、日常風景の中にかくれた「敷きつめの世界」を語ります。

荒木氏のお話を通して「テセレーション」という新たな知の世界を知ることで、より一層エッシャーの世界感に深く入って行くことが出来るはずです。

それにね、荒木氏のトークはとっても面白いので、絶対に眠くなったりしません。


「ミラクル エッシャー展」関連講演会
「次のエッシャーはアナタ!? 敷きつめ(テセレーション)の驚異の世界」

日時:6月17日(日)13時〜14時半(12時半より受付)
会場:東京都美術館講堂(上野の森美術館より徒歩5分)
※入場無料ですが整理券が必要です。当日10時より、展覧会会場の「上野の森美術館」正面で整理券を配布(定員になり次第配布終了)。その際、エッシャー展鑑賞券もしくは半券を提示して下さい。受付開始の12時半より、講演会会場「東京都美術館講堂」に整理番号順にご案内します。
ホームページ http://www.escher.jp/event.html

尚、同じ日に 敷きつめ(テセレーション)ワークショップも行われます。

【ワークショップ概要】
テーマ: カライドサイクルを作ろう!
カライドサイクルとは、四面体をつなげてリング状にしたもので、ワークショップでは鳥や魚の模様が敷きつめられたカライドサイクルを組み立てて、回転させて遊びます。
日 時: 6月17日(日)10時半〜16時半
会 場: 上野の森美術館内 Cafe MORI
参加方法:当日の本展来場者は無料で参加できます。「Cafe MORI」にお越しください。スペースの都合上、お待ちいただく場合もございます。先着100人。

【荒木義明氏プロフィール】
日本テセレーションデザイン協会代表。1973(昭和48)年、東京都生まれ。慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。博士(政策・メディア)。専門は敷きつめ(テセレーション)の数理。パズルを使ったワークショップでの教育活動を主に行う。ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクトの連携研究員として、ナノカーボンの設計研究にも携わる


日本テセレーションデザイン協会
四角を表す「テセレ」と移動を表す「レーション」を合わせた「敷きつめ」を意味する「テセレーション」。どんな形のタイルなら平面を埋め尽くすことができるか。数学の世界では「タイル張り」「テセレーション」と呼ばれる分野で、古くから研究されており、現代でも多くの研究者が取り組む「知のフロンティア」です。


生誕120年 イスラエル博物館所蔵
ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵
supported by 弁護士法人 東京ミネルヴァ法律事務所
The Miracle of M.C. Escher: Prints from The Israel Museum, Jerusalem


会期:2018年6月6日(水)〜7月29日(日)※会期中無休
開館時間:10:00〜17:00 
毎週金曜日は20:00まで。※入館は閉館の30分前まで 
会場:上野の森美術館
東京都台東区上野公園1-2
http://www.ueno-mori.org/
主催:イスラエル博物館、産経新聞社、フジテレビジョン、上野の森美術館
後援:イスラエル大使館、J-WAVE
特別協賛:弁護士法人 東京ミネルヴァ法律事務所
協賛:野崎印刷紙業
協力:Blue Dragon Art Company、日本通運
日本展監修:熊澤 弘(東京藝術大学 大学美術館准教授)
公式サイト:http://escher.jp/

【関連エントリ】
「ミラクル エッシャー展」公式サイトにコメントが載りました。

サンスポ一面を「エッシャー展」がジャック!!


日本テセレーションデザイン協会による「しきつめグッズ」も会場で販売しています!

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5136

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| その他 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
チームラボ ボーダレス
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」に行って来ました。


http://borderless.teamlab.art/jp

東京、お台場の大きな観覧車があるお台場パレットタウンに「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」がオープン(2018年6月21日)。

元はゲームセンターやボウリング場などがあった「トウキョウレジャーランド」の跡地にチームラボ ボーダレスはあります。

トウキョウレジャーランドへ行かれたことのある方なら、あの広大な床面積がある場所にチームラボ?!と驚かれるかもしれません。

でも、行ってみるとそれ以上、何十倍もの驚愕のデジタルスペースを目撃し危うく腰を抜かしそうになるはずです。かく言う自分がそうでした。


呼応するランプの森 - ワンストローク


Forest of Resonating Lamps - One Stroke

とにかく、10,000屬箸いΠ掬歸な巨大空間にまず驚かされます。世界初公開作品を含む約50作品が展示されているのですが、絵画や彫刻と違い、作品単体ではなくチームラボ同士の作品が呼応・連動しています。

ある作品から飛び出したものが、壁や床を伝って隣接する作品の中へ、縦横無尽に施設内を飛び回っているようです。



展示?作品の中でどれ一つとして静的なものはありません。今自分がいるその場所すらも刻一刻と変化をしていくのです。

5つの世界で構成されているそうですが、とにかく新鮮な驚きの連続でそちらへ意識を回す余裕は全くありませんでした。

「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」展示構成

1:Borderless World
2:チームラボアスレチックス 運動の森
3:学ぶ!未来の遊園地
4:ランプの森
5:EN TEA HOUSE


帰宅してからInstagramや公式サイトを見るとどうやら見逃してしまった作品もあったようです。でも、どこにあったのだろう…



520台のコンピューター、470台のプロジェクターにより「チームラボ ボーダレス」は作り上げられています。

桁違いの数で理解に苦しむかもしれません。でも行ってみればなるほどと納得されるはずです。良い意味での力業の場となっています。



因みに会場内は3フロアに分かれています。入口があるフロアの作品を全て観るだけでも軽く1時間はかかります。

更にその上の階に2フロアあるのですから、半日は余裕で過ごせてしまいます。軽い気持ちで行くと後悔するので時間に余裕のある時に行かれることを強くお勧めします。


子どもさんが学びながら楽しめる作品も多く含まれています。

すぐにでももう一度行きたい「チームラボ ボーダレス」ですが、以下の点は事前に知っておいた方がベターです。

1:チームラボボーダレスは暗く、高低差があります。
2:チームラボボーダレスは迷います。
3:シューズ(靴)は動きやすいもので。レンタルシューズもあります。
4:機材には触れない。
5:床面が鏡面の作品があります。気になる方は腰布を貸してくれます。
6:写真・動画の撮影が出来ます!


さまよい、探索し、発見する、境界なくつながっていく1つの世界が待っています。

世界に類を見ないデジタルアートミュージアム「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」6月21日オープンです!

写真が良さが全然伝わらないので是非体験してみて下さい。夏までにもう一度必ず観に行きます。


森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス
MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless

所在地: 東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)
https://goo.gl/maps/G6ABXzYsqF12
延床面積:約10,000
開業日:2018年6月21日(木)
営業時間:月〜木 11:00 -19:00 (21:00)
金・祝前日 11:00 -21:00 (22:00)
土 10:00 -21:00 (22:00)
日・祝日 10:00 -19:00 (20:00)
※最終入館は閉館の1時間前
※()内は6/21(木) - 8/31(金)までの特別延長時間です。
※営業時間はシーズンによって異なります。詳しくはウェブサイトをご確認ください。
休館日:第2・第4火曜日
運営者:森ビル・チームラボ有限責任事業組合
(※森ビル株式会社とチームラボが共同で設立し、本施設の運営をおこなう事業組合)
プロジェクションパートナー:エプソン販売株式会社
オフィシャルパートナー:バイトル
協賛:マウスコンピューター、ダイキン工業、山下PMC、大林組、ジャパンマテリアル、CHIEF、日立LGデータストレージ、ぺんてる、コングレ

公式ウェブサイト:http://borderless.teamlab.art/jp
ティザー映像 :https://youtu.be/UYFWjUj4RPQ
#チームラボボーダレス #teamLabBorderless


Pen(ペン) 2018年 7/1 号 [アートの境界を超えるクリエイティブ集団 チームラボの正体。]

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5135

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| 展覧会 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
料理というクリエーションと食におけるストリートカルチャー
「ゴードン・マッタ=クラーク展」(東京国立近代美術館)とセレクトショプ ビームス(BEAMS)との連動企画「料理というクリエーションと食におけるストリートカルチャー」が開催されます。

人気の料理家シェフ達とのトークイベントです。



幡ヶ谷のカフェ「PADDLERS COFFEE」にて展覧会期間中に様々なジャンルの人気料理家、レストランオーナー、シェフなどをゲストに迎え、展覧会を鑑賞してのインスピレーションからつくるオリジナルメニューの提供や、⾷にまつわるトークイベントを開催します。

これまでも展覧会と連動した特別メニューはたくさんありましたが、展覧会を観てからその印象を料理とするのは初めてのことではないでしょうか。

マッタ=クラークの活動の核心は、豊かなコミュニティーの創出にアートが寄与する方法の模索でした。


スプリッティング》1974年 
ゴードン・マッタ=クラーク財団&デイヴィッド・ツヴィルナー(ニューヨーク)蔵
©The Estate of Gordon Matta-Clark; Courtesy The Estate of Gordon Matta-Clark and David Zwirner, New York/London/Hong Kong.

その応答として現代「⾷」がどのようなカルチャーを⽣み出しているか、また、料理というクリエーションの意味や価値、レストランという場所が持つ機能について考察します。

「料理というクリエーションと食におけるストリートカルチャー」出演者
石田貴齢(手打ち蕎麦NARU)、岸本えり子(出張料理人)、小島真理子×小島麻貴二(margo)、紺野真(organ/uguisu )、齋藤輝彦(アヒルストア)、野村友里(料理人/「eatrip」主宰)、原川慎一郎(the Blind Donkey)、冷水希三子(料理家/フードコーディネーター)、福田里香(菓子研究家)、松島大介×加藤健宏(PADDLERS COFFEE)、三原寛子(南風食堂)、山本千織(chioben)×江口宏志(mitosaya薬草園蒸留所 /蒸留家)



「料理というクリエーションと食におけるストリートカルチャー」

開催期間:2018年6月25日(月)—9月17日(月・祝)(12回を予定)
お申込み:事前申し込み 各回先着25名
お申込みフォーム https://goo.gl/forms/ZuODd3txoia7LshC3
費用:飲食代 ※各回によって異なります
会場:パドラーズコーヒー(東京都渋谷区西原2-26-5 TEL 03-5738-7281)
URL:http://paddlerscoffee.com/
インスタグラムアカウント:gmc_food_beams
企画・主催:株式会社ビームス

※トークの様子はyoutubeでも配信されます。

イベントスケジュール(予定)

6/25 松島大介×加藤健宏(PADDLERS COFFEE)
7/1 原川慎一郎(the Blind Donkey)
7/23 小島真理子×小島麻貴二(margo)
7/30 福田里香(菓子研究家)


ゴードン・マッタ=クラーク展

会期:6月19日(火)〜9月17日(月・祝)
会場:東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園3-1)
URL:http://www.momat.go.jp/am/exhibition/gmc/

取り壊し前の建物を切断し、見慣れた日常を全く新たな空間へと変容させる「ビルディング・カット」をはじめ、ゴードン・マッタ=クラークの多角的な活動を、彫刻・映像・写真・ドローイング・関連資料などで紹介するものです。

美術・音楽・ダンスのためのスペース「112」やアーティストによるレストラン「FOOD」の経営に携わり、グラフィティなどのストリートカルチャーにいち早く注目するなど、時代の空気を鋭敏に読み取りながら1970年代NYを拠点に駆け抜けたマッタ=クラークは、美術界に新しいアーティスト像を提示しました。

35歳で夭折するまでにつくられた作品の多くが個人蔵や欧米の著名美術館所蔵のため、これまでアジアではまとまった形で見る機会がなかったその活動ですが、世界的には没後40年経た今もなお、アート、建築、ストリートカルチャー、食など多くの分野で支持を集めています。


食べる西洋美術史 「最後の晩餐」から読む (光文社新書)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5134

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| その他 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」
「上原コレクション名品選」
「セーヴル、創造の300年」
「パリ・グラフィック」
かみさんが選ぶ「2017年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2017年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

<< 2/1007PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...