弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
ミュージアムごはん ブリヂストン美術館編
美術館、博物館にお勤めの学芸員さんやスタッフさんに、ランチで利用しているお店や仕事帰りに立ち寄っているミュージアム近隣の美味しいお店を紹介して頂く新企画「ミュージアムごはん」

「ミュージアムごはん」とは?

前回第一回目の三菱一号館美術館編は想像していた以上の反響があり、慣れぬグルメ記事頑張った甲斐がありました。
ミュージアムごはん 三菱一号館美術館編

でもちょっと初回なので張り切り過ぎてしまい「うちの美術館の周りには三菱さんのような美味しいお店あまりないので…」と他のミュージアムスタッフに妙なプレッシャーを与えてしまったようで…

いいんです。2,3軒でも。お洒落なお店でなくとも、仕事帰りにスタッフがよく飲みにいく居酒屋でも。「ミュージアムごはん」が目指す“美術と食の融合”が叶えば。(と言うことで取材よろしくお願いします)


http://www.bridgestone-museum.gr.jp/


さて、第二回目の「ミュージアムごはん」は、前回三菱さんが見事なまでに丸の内のグルメスポットを教えて下さったので、前回は東京駅の反対側、八重洲口もこれは紹介しないとバランス悪いぞということで、老舗美術館であるブリヂストン美術館さんへ取材に伺って来ました。

果たして今回はどんなお店を紹介してもらえるのか…楽しみですね〜それでは、まずブリヂストン美術館の貝塚学芸員さんの行きつけのお店からです。(因みに貝塚さんはかなりの美食家です)


店名:ダバインディア (Dhaba India)
住所:東京都中央区八重洲 2-7-9 相模ビル 1F
営業時間:[月〜金] 11:15-15:00(L.O. 14:30) 17: 00-23:00(L.O.22:00)
[土・日・祝] 12:00-15:00(L.O. 14:30) 17:00-22:00(L.O. 21:00)
ランチ営業、日曜営業
食べログを見る

食堂を意味する「ダバインディア」南インド料理専門店です。本格的な南インドのカレーから屋台料理まで楽しめます。店内はとっても幻想的な雰囲気です。


店名:ソフィア (SOFIA)
住所:東京都中央区八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル 2F
営業時間:[月〜金 ランチタイム]
11:30〜15:00(L.O.14:00)
[月〜金 ディナータイム]
17:30〜23:00(L.O.22:00)
[土・祝 ランチタイム]
11:30〜15:00(L.O.14:00)
[土・祝 ディナータイム]
17:30〜22:00(L.O.21:00)
ランチ営業
定休日:日曜日
食べログを見る

日本で唯一のブルガリア料理専門店です。ブルガリア大使館公認のレストラン。ソフィアがある八重洲ブックセンターの裏手辺りは東京駅八重洲口の隠れた名店が軒を揃えています。

続いて、細矢学芸員さんのがよく食べに行かれるお店です。

店名:マルゼンカフェ 日本橋店
住所:東京都中央区日本橋2-3-10 日本橋丸善東急ビル3F
営業時間:9:30〜20:30
ランチ営業、日曜営業
食べログを見る

早矢仕有的氏が明治時代に考案した「元祖ハヤシライス」はイチオシです!高島屋の正面という好立地。ブリヂストン美術館の帰りに高島屋を経由して帰る、もしくはここでお腹を満たしてから美術館へ。丸の内側のオアゾの中にも丸善カフェはあります。

そうそう、ここのお店のハヤシライスは、島田館長もお好きだそうです。


店名:グリル・シャトー
住所:東京都中央区八重洲1-6-14
営業時間:11:30〜14:30(L.O)
17:00〜23:00(L.O.22:00)
ランチ営業
定休日:土・日・祝
食べログを見る

東京駅から歩いてすぐの場所にありながら、知らないと絶対に入らないであろう老舗の洋食屋さん。かれこれ50年は続いているのではないでしょうか。知る人ぞ知る名店です。

お次は、学芸課アルバイトの青木さんのおススメ店。


店名:クロアチアレストラン・ドブロ (Dobro)
住所:東京都中央区京橋2-6-14 日立第六ビル 1F
営業時間:ランチ 11:15〜14:00
ディナー 18:00〜23:00(L.O.22:00)
ランチ営業、日曜営業
定休日:年末年始
食べログを見る

日本で唯一のクロアチア料理のお店。クロアチアでシーフードを出すカジュアルなレストランのことを意味する「konoba」が店名の由来。クロアチアの伝統料理サルマ(塩漬けロールキャベツ)は超おススメです!お店の雰囲気もとても良い感じです。

最後に、ショップ担当の石川さんと、日テレの新人アナウンサーに似ている広報の久野さんが良く行くお店をご紹介。


店名:レストラン・サカキ
住所:東京都中央区京橋2-12-12
営業時間:【洋食】
[月〜金]
11:30〜13:40 (L.O)
【フレンチ】
[土]
11:30〜13:30(L.O)
[月〜土]
18:00〜20:30 (L.O)
ランチ営業
定休日:日曜・祝日・第2土曜昼
食べログを見る

知らないとちょっと入らない店構えですが、とても美味しいお料理がいただけます。ランチは、ボリューム満点の洋食。夜はフレンチ。店員さんもとても親切で居心地のよいお店です。


店名:カストール
住所:東京都中央区京橋2-7-14 ビュレックス京橋 1F
営業時間:【レストラン】
ランチ:11:30〜15:00(LO14:00)
ディナー:17:30〜22:00(LO21:00)
【ケーキブティック】
ティー:11:30〜21:00
テイクアウト:11:30〜21:00
ランチ営業
定休日:日曜・月曜
食べログを見る

私たちイチオシのお店です!鶏のコンフィ、キッシュ等々なにを食べても美味しいです。パンも是非食べてみて下さい。それとパティシエさんが作るケーキも美味。ガトーショコラを日本で初めて考案したお店でもあります。

店名:山登 (やまと)
住所:東京都中央区京橋3-6-21 京橋伸和ビルB1F
営業時間:[月〜金]11:30〜14:00 17:30〜22:00
[土]11:30〜15:00 17:00〜20:00
定休日:第3土曜日、日曜・祝日
食べログを見る

銀座に近い、お蕎麦屋さんです。魚料理も美味しく仕事帰りに日本酒を飲みに行きます。〆のお蕎麦(変わりそば)は早めに注文しておかないと無くなってしまいます。出来ればこのお店は教えたくないのですが…


店名:レ ロジェ ビストロ ド ロア
住所:東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 1F
営業時間:11:00〜23:00(フードL.O.22:00 ドリンクL.O.22:30)
ランチ営業
食べログを見る

京橋に新しく出来た複合ビル「東京スクエアガーデン」の1階にあるビストロです。今、旬な場所です(笑)

ブリヂストン美術館さんのある京橋界隈は古くからあるお店が路地を一本入った場所にあります。丸の内に比べ歴史や伝統を色濃く感じさせるエリアです。三菱一号館美術館とブリヂストン美術館の良い対比ともなっています。

お忙しい中、取材に応じて下さったブリヂストン美術館スタッフの皆さま、ありがとうございました!最後の最後にブリヂストン美術館のカフェ「ジョルジェット」も!!


Tearoom Georgette ジョルジェット
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/tearoom/

ブリヂストン美術館カフェ「ジョルジェット」のインタビュー記事はこちらです。読んで頂けると「京橋魂」を感じて頂けるかと思います。

ブリヂストン美術館現在開催中の展覧会
「色を見る、色を楽しむ。ールドンの『夢想』、マティスの『ジャズ』…」


「追悼 ザオ・ウーキー」

【ブリヂストン美術館展覧会スケジュール】


特別展「カイユボット展ー都市の印象派」
2013年10月10日(木)-2013年12月29日(日)

カイユボット展特設サイト


日本で初開催となる「カイユボット展」お見逃しなく!!

現在、1000円もお得な早割り前売りペアチケット販売中です!

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3331

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| ミュージアムごはん | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミュージアムごはん 三菱一号館美術館編
美術館、博物館にお勤めの学芸員さんやスタッフさんに、ランチで利用しているお店や仕事帰りに立ち寄っているミュージアム近隣の美味しいお店を紹介して頂く新企画「ミュージアムごはん」

「ミュージアムごはん」とは?


http://mimt.jp/


まず、第一弾として東京の玄関口として、昨年(2012年)駅舎の復元工事を終え100年前の東京駅の開業当初の姿を取り戻した東京駅丸の内口に位置する三菱一号館美術館さんの「ミュージアムごはん」を伺って来ました!

はじめは、三菱一号館美術館の副室長の服部さんがランチによく行くお店をご紹介。


店名:ムードボード (mood board)
住所:東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア 3F
営業時間:LUNCH
11:00〜15:00
※土・日・祝は15:00〜cafe営業
DINNER
[月〜木]
17:00〜23:00(L.O.22:00) 
[金]
17:00〜翌2:00(L.O.翌1:00) 
[土・日・祝]
17:00〜23:00(L.O.22:00)
ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
食べログを見る

「ランチプレートに10種類以上のパン食べ放題、ドリンク飲み放題でとてもお得なお店です。夜はお酒の種類も豊富で食べ物だと野菜が新鮮で美味しいです。定員さんもとても親切で、カーテンで仕切り個室も作れるので、歓送迎会にも使ったりします。」

店名:伊勢廣 帝劇店
住所:東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル B1F
営業時間:月〜金11:30〜13:30(L.O.13:00)
月〜金17:00〜21:00(L.O.20:30)
土 17:00〜20:30(L.O.19:45)
定休日:土曜日昼・日・祝
食べログを見る

「砂肝、団子、ももで構成された『焼き鳥重』は鳥スープ付きで1000円とお得。お勧めの食べ方は、七味と山椒をよく混ぜて、付けて食べる!スープとお重との相性は抜群です。ガッツリ食べたい時はここです。」


店名:中国料理 小花
住所:東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル B1F
営業時間:ランチ 11:00〜14:00
ディナー 17:00〜22:00(L.O.21:00)
ランチ営業
定休日:土・日・祝
食べログを見る

「チャーシューメンをよくここで食べます。元々はまかないメニューだった夏季限定の冷やし排骨麺や、冬季限定の牡蠣蕎麦は絶品です。また絶妙な半熟玉子が何と言ってもおススメです。夜は中華料理店の中に寿司カウンターが出現し、寿司バーにもなります。」

旧パウリスタというお店で、現在のおかみさんのお婆さんは関東大震災の際に炊き出しをし、食べ物をふるまったそうです。東日本大震災でもその志は健在で、やはり無償でおにぎりをふるまってくれました。

※この調子で紹介していると、大変なことになるので、少しピッチ上げます(汗)

続いて広報担当の酒井さんがよく行かれるお店です。


店名:小岩井 フレミナール(KOIWAI Freminar)
住所:東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 5F
営業時間:[月〜土] 11:00〜16:00(L.O.15:00) 17:30〜23:00(L.O.22:00)
[日・祝] 17:30〜22:00(L.O.21:00)
ランチ営業、日曜営業
食べログを見る

「日本鉄道会社副社長の小野義眞(おのぎしん)、三菱社社長の岩崎彌之助、鉄道庁長官の井上勝の三名が共同創始者となり3名の姓の頭文字を採り「小岩井」農場と名付けられた。」(Wikiより)

「三菱とはゆかりの深いお店です。新しくなった東京駅もばっちり見える最高のロケーションと昭和の香りのするお店の雰囲気が好きです。気軽に入れるファミレス風の洋食屋さんです。」

店名:M&C Cafe (エムシー・カフェ)
住所:東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ 4F
営業時間:09:00〜21:00(L.O.20:30)
朝食営業、ランチ営業、日曜営業
食べログを見る

「美術書を買いにオアゾの丸善まで行くついでによく立ち寄ります。丸善創業者の早矢仕有的が生みの親といわれる早矢仕ライス(ハヤシライス)が断然おススメです!」


店名:根室花まる KITTE丸の内店
住所:東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 5F
営業時間:[月〜土]
11:00〜23:00
[日・祝]
11:00〜22:00
ランチ営業、日曜営業
食べログを見る

「KITTEの中にある回転寿司です。ここはこれ以上混雑しちゃうと困るので教えたくないのですが…とにかくネタが新鮮で、とってもリーズナブルです。」

あまりに酒井さんがプッシュするので、取材の帰りに食べて来ちゃいました!

さて、お次は夜、飲みに行っているお店を日本酒担当広報担当の後藤さんから聞いてきました。美術館の中って空気乾燥させてますから喉が渇くんですよね〜夜間開館鑑賞後に一杯飲みに行くなら…


店名:シンパチキング
住所:東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル B1F
営業時間:17:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日:日祝
食べログを見る

「神田シンパチの初代店長が出したお店です。とにかく日本酒の種類が豊富、嬉しくなります。「神亀」も500円で飲めます。お魚の鮮度やよく美味しいお店ですが、150円の肉豆腐はまず行ったら必ず最初に注文します。お姉さんの感じがよく、丸の内ではなく下町のお店のようです。」


店名:あろいなたべた(aroyna tabeta)
住所:東京都千代田区丸の内3-7-11
営業時間:11:00〜23:00
ランチ営業、日曜営業
食べログを見る

「今の蒸し暑い季節は無性にタイ料理が食べたくなります。アーチ状のJRのガード下にある本格タイ料理のお店です。料理は全て630円均一!中でもエビセンがおススメです。シンハー・ビールを飲みながら、最後はメコンウイスキーを〆で飲みます!」


店名:三富
住所:東京都千代田区丸の内1-10-12
営業時間:[平日] 11:00〜15:30、17:00〜22:00(L.O. 21:40)
[土] 11:00〜19:00(L.O. 18:30)
ランチ営業
定休日:日祝
食べログを見る

「また、ガード下のお店です…餃子や揚げ茄子炒めがとっても美味しく、仕事帰りに一杯飲むのにもってこいのお店です。アルバイトの子も絶賛していました。ランチもやっていて一時社食かのように通いました。肉野菜炒めがおススメです。」

順調にお店情報を伺っていると、高橋明也館長がやって来ました。なんでも取材に訪れた日は高橋館長の60回目のお誕生日とのこと。


美術館スタッフが用意したパティスリー・サダハルアオキ・パリ (Patisserie Sadaharu AOKI paris)特製の真っ赤な還暦祝いケーキを手にしご満悦な高橋館長。

折角なので、高橋館長にもよく行かれるお店伺ってみました。(しかしそれにしても60歳には見えないですよね〜お若い!若さの秘訣はやはり名画鑑賞かしら)


店名:ワインショップ・エノテカ ザ・ラウンジ
住所:東京都千代田区丸の内3-2-3 富士ビル 1F
営業時間:[月〜土]
11:00〜14:00(L.O)
17:00〜22:00(L.O)
[日・祝]
11:00〜15:00(L.O)
17:00〜21:00(L.O)
ランチ営業、日曜営業
食べログを見る

「美術館すぐ近くのワインバー、ビストロ。ランチも夜も良く行きます。」


店名:東京うりずん
住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 5F
営業時間:11:00〜14:30(L.O)
17:00〜翌4:00
(フード翌2:00L.O、ドリンク翌3:30L.O)
[日]11:00〜15:00(L.O)
17:00〜23:00
(フード22:00L.O、ドリンク10:30L.O)
ランチ営業、夜10時以降入店可、始発まで営業、日曜営業
食べログを見る

「那覇の名店が都内で最初に店を出したのがここ。とにかく美味しい!」

その他、女性が好むフレンチのお店「アルカナ 東京 カラト (arcana tokyo KARATO)」や国際ビル地下にあるトルコ料理のお店「トプカプ 丸の内店」などがお勧めだそうです。

それでは、最後に三菱一号館美術館のカフェ&ショップを担当されている村田さんに「Café 1894」情報を交えお話伺ってみましょう。

まずは、ランチによく行かれるお店を伺いましょう。


店名:ブラッスリーオザミ丸の内
住所:東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル 1F
営業時間:ランチタイム
平日 11:30〜14:00(L.O)
土日・祝 11:00〜14:30(L.O)
カフェタイム
平日 14:00〜18:00
土日・祝 14:30〜17:30
ディナー&バータイム
平日・土 18:00〜22:30(L.O)
日・祝 17:30〜21:30(L.O)
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
食べログを見る

「丸ビルにあるオザミトーキョー AUXAMIS TOKYO)は高級店ですが、こちらはランチが1000円で食べられるパリのビストロ風の入りやすいお店です。味も雰囲気もコストパフォーマンスも最高です!外国人のお客さまも多いお店です。」

もう一店は、有楽町東京国際フォーラム村のネオ屋台村だそうです。出店スケジュールはこちらのサイトで。

「600円程度でランチが楽しめ、丸の内周辺では最もリーズナブル。皇居外苑で自然を感じながら食べるロコモコは最高です。また一号館美術館裏手のブリックスクエア(中庭)で食べるのも好きです。」


店名:CAFE 1894
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館
営業時間:[月〜木・土・日・祝]11:00〜23:00(L.O.22:30)
[金]11:00〜翌02:00(L.O.翌01:30)
ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
食べログを見る

カフェ1894で常に一番の人気メニューなのがこちら。


「Café 1894」自家製 クラッシックアップルパイ
リンゴの甘みとやさしい酸味をサクサクとした食感で楽しめる焼きたて自家製アップルパイ。リンゴを丸々2つ使っているそうです。

また現在開催中の展覧会「浮世絵Floating World−珠玉の斎藤コレクション」のタイアップメニューとして初めてご飯ものを提供しています。


浮世絵展タイアップランチ「浮き浮きちらしセット〜穴子のかわりチラシ〜」

ご飯ものはどうかな〜と思っていたそうですが、これが大変な人気だそうです。今までのタイアップメニューの中でもダントツの売上だとか。

浮世絵展の見せ方と同じく和洋折衷にしたのが受けたのでしょうか。

長時間に渡り、美味しいお店、美酒が飲めるお店情報教えて頂きありがとうございました。掲載出来なかった分は後日ツイッターでツイートします。(ハッシュタグ #ミュージアムごはん)

これから伺う予定の美術館・博物館の皆さま。今回は初回ということで多くのお店を掲載しましたが、数件ご紹介いただけるだけで結構ですのでご心配なく。

最後に三菱一号館美術館の展覧会と超お得なチケットをご紹介し終わりにしましょう。


展覧会公式サイト:http://mimt.jp/ukiyoe/
「浮世絵 Floating World」
会期:2013年6月22日(土)〜9月8日(日)


三菱一号館美術館名品選2013 −近代への眼差し 印象派と世紀末美術−
会期:2013年10月5日(土)〜2014年1月5日(日)


「ザ・ビューティフル ― 英国の唯美主義1860-1900」展
会期:2014年1月30日(木)〜2014年5月6日(火・祝)

フェリックス・ヴァロットン—冷たい炎の画家
会期:2014年6月14日(土)〜2014年9月23日(火・祝)

【超お得なチケット情報】
英国美術の黄金時代を紹介する「ラファエル前派展」@森アーツセンターギャラリーと「ザ・ビューティフル」展@三菱一号館美術館の2つの展覧会を2000円で鑑賞出来る「夢の英国美術周遊券」を10月4日から一ヶ月限定で発売されます!


(クリックで拡大)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3325

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| ミュージアムごはん | 22:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
「ミュージアムごはん」はじめます。
美術館、博物館さんに併設されているカフェやレストランは、ここ数年注目が集まり、雑誌や新聞などメディアでも取り上げられるようになりました。

NIKKEI プラス1「カフェも楽しめる美術館」

青い日記帳では、更にその先を行く「ミュージアムごはん」なる連載を始めるべく準備しいます。

ミュージアムごはん」とは?

・美術館・博物館の周辺の飲食店(レストラン、カフェ)情報です。

・美術館、博物館にお勤めの学芸員さんやスタッフさん3〜5名に、ランチで利用しているお店や仕事帰りに立ち寄っているミュージアム近隣の美味しいお店を紹介して頂き掲載します。

・地方にお住まいの方が上京しミュージアムに立ち寄った際に近くにある美味しいお店の情報があればとても助かるはずです。(私も関西へ行くときはツイッター経由で地元の方におススメのお店を聞いています)

・また近郊にお住まいで都心の美術館に通い慣れた方でも、「こんなお店がミュージアムの近くにあったのか!」と新たな発見があるはずです。次に展覧会へ行く時はこのお店にも寄ってみたくなります、きっと。

・もちろん、記事の中には美術館・博物館に併設されているカフェやレストラン、ミュージアムショップ情報や展覧会情報も掲載します。

美術館・博物館通いを始めたばかりの方から、毎週のようにどこかの展覧会を観ているコアな美術ファンまで美味しい「食」に関する情報は誰しもが欲しているはずです。

連載を考えており、ひとまず10館を目標にシリーズ化し約半年で紹介していければな〜とぼんやりとした目標立てました。

まず、トップバッターは三菱一号館美術館。
http://mimt.jp/

東京丸の内エリアのどんなお店を紹介してもらえるのか、楽しみ楽しみ!美術館の印象とは違うディープな飲み屋も登場予定。近日中に公開します。どうぞお楽しみに〜


三菱一号館美術館 Café 1894

TBSテレビ 日曜劇場『半沢直樹』第6話に三菱一号館美術館のカフェが登場するそうです!

美術館・博物館の広報担当者の皆さま。
取材依頼お待ち申し上げております!!

こちらに記載されたgmailまで気軽にご連絡下さい。

Takeshi Nakamura | バナーを作成


【カフェ担当者インタビュー記事】

ブリヂストン美術館カフェ「ジョルジェット」

山種美術館カフェ「椿」

根津美術館カフェ「NEZUCAFE」

原美術館「カフェ ダール」

三菱一号館美術館「Café 1894」

NIKKEI プラス1「カフェも楽しめる美術館」

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3317

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| ミュージアムごはん | 23:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」
「上原コレクション名品選」
「セーヴル、創造の300年」
「パリ・グラフィック」
かみさんが選ぶ「2017年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2017年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

<< 2/2PAGES 

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...