青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「アジア・アフリカの難民・避難民展」
聖心女子大学(聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ)で「アジア・アフリカの難民・避難民展」が9月17日より開催されます。


http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/

昨年(2017年)9月から、難民・避難民展の企画展を約半年毎に小テーマを変更し開催してきました。最初は「日本にいる難民・避難民」、次に「中東の難民・避難民」、そして今回最後の企画が「アジア・アフリカの難民・避難民」となります。


「ドカン」、バングラデシュのコンビニエンスストアを再現

国立民族学博物館、えひめグローバルネットワーク、網中昭世氏(アジア経済研究所)の特別協力により今回の展示が成立しました。

タンザニアのニャルグス・キャンプ、バングラデシュのロヒンギャ・キャンプに関する展示を中心に、写真・動画、民具、楽器、マーケット再現展示などを通して、日々たくましく生活する難民の人びとの暮らしを紹介します。


ケスター作《肘掛椅子》2012年 国立民族学博物館蔵
特設展示「武器をアートに」《肘掛椅子》の展示期間:2018年9月17日(月)〜2019年4月27日(土)

特設展示「武器をアートに」では、アフリカ南東部モザンビークで回収された武器から制作された作品(武器アート)を紹介。

国立民族学博物館所蔵の「肘掛椅子」(ケスター作)を聖心グローバルプラザエントランスに展示。

10月31日には特設展示を拡充。国立民族学博物館から2点、えひめグローバルネットワーク2点、網中昭世氏1点の計5点の(武器アート)作品を追加展示します。


サントス作《フルートを吹く男》2012年
国立民族学博物館蔵

モザンビークでのアートに結実した平和構築の営みと内戦を経て平和な未来を希求するアフリカの人びとの様子を感じられる展覧会です。


「アジア・アフリカの難民・避難民展」 

開催期間:2018年9月17日(月)〜2019年3月15日(金)
特設展示「武器をアートに」《肘掛椅子》の展示期間
:2018年9月17日(月)〜2019年4月27日(土)
特設展示「武器をアートに」小アート5点の展示期間
:2018年10月31日(水)〜2019年3月15日(金)
・開室時間:9:00〜17:00 (平日)
・会場:聖心女子大学グローバル共生研究所
東京都渋谷区広尾4-2-24 聖心グローバルプラザ(4号館)
http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/
・主催:聖心女子大学グローバル共生研究所
・特別協力:国立民族学博物館、特定非営利活動法人えひめグローバルネットワーク、網中昭世(日本貿易振興機構 アジア経済研究所)


アラブ、祈りとしての文学 【新装版】
岡 真理 (著)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5231

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 展覧会告知 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
世界初開催!「マジック:ザ・ギャザリング展」を見逃すな!
「Magic: The Gathering(マジック:ザ・ギャザリング)」をご存知でしょうか。スマホやパソコンのゲームが主流となっている今でも、根強い人気を誇る世界初のトレーディングカードゲームです。

世界最大級のプレイヤー数を有する知的カードゲーム「Magic: The Gathering(マジック:ザ・ギャザリング)」が今年で25周年を迎えるのを記念して展覧会が開催されています。


世界初開催!「マジック:ザ・ギャザリング展」
https://www.mtg-ex.com

ゲームにどっぷりとはまっている友人からその面白さ、奥深さについて熱く語ってもらったことがありますが、まさかこんなに人気の高いゲームだとは思いもしませんでした。

展覧会の「会場限定グッズ付きチケット」が発売3分で完売しちゃうとか、普段通っている絵画の展覧会ではあり得ないことです。



《末裔の道/Descendants' Path》、《稲妻のらせん/Lightning Helix》、《変異種/Morphling》、《果敢な勇士リン・シヴィー/Lin Sivvi, Defiant Hero》、《神の怒り/Wrath of God》をはじめとするカード原画約40点の特別展示を筆頭に、カードゲームの世界感にどっぷりとひたれます。

やり込んでいればいるだけ楽しみも何倍にも膨らむことでしょう。

ちなみに、マジック:ザ・ギャザリングのカードデザインは、マーベル・コミックや DC コミックス作品等でも実績を残す数々のアーティスト達により描かれています。


ミラーボーラー:打越俊明(インスタレーションアーティスト)

マジックの25周年を祝うため、日本を代表するアニメーション監督、森本晃司、コバヤシオサムによるオリジナルアニメーション作品や、大友克洋との共作でも知られる気鋭のアーティスト河村康輔によるコラージュアートを展示。

またサテライト会場の「サナギ 新宿」では世界のカルチャーシーンからも注目される、光と反射の空間作品を創りだすアート集団「MIRRORBOWLER」が、《Black Lotus》の作者、クリストファー・ラッシュに捧げるインスタレーション作品を披露しています。



実際にプロツアーで使用されるフィーチャーテーブルが再現され、そこでは、マジックの歴史に名を残す、プロプレイヤーたちの注目のプレイシーンを集めたオリジナル映像が放映されています。

どのようにプレイヤーたちがゲームを進めて行くのか、映像を見て確かめてみて下さい。きっとやってみたくなりますよ。

強豪プレイヤーにして、デッキビルダー浅原晃氏が選出した不滅のデッキベスト5を実際のカードで大公開と何だかスゴイことになっている「マジック:ザ・ギャザリング展」なのです。

「マジック:ザ・ギャザリング展」は9月17日までです。


「25th Anniversaryマジック:ザ・ギャザリング展」

開催日程:2018年9月11日(火)から9月17日(月・祝)
開催時間:11:00から21:00 ※最終入場時間は閉館の30分前まで
開催会場:ルミネ ゼロ(JR新宿駅新南口直結 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan Shinjuku5F)
展示内容:生誕25周年を記念した貴重なカードコレクション・原画や、クリエイターコラボ作品など
https://www.mtg-ex.com

そうそう、最強の9枚のレアカードα版の「パワー9」や、世界でもっとも希少なトレーディングカードとしてギネス記録にも認定されている《七福神ドラゴン/ShichifukujinDragon》も一同に展示してます。


マジック:ザ・ギャザリング 基本セット2019 デッキビルダーセット日本語版

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5228

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 展覧会告知 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
文化庁主催「江戸絵画名品展」「長澤蘆雪展」開催中です!
「江戸絵画名品展」と「長澤蘆雪−18世紀日本のアバンギャルド」展が、文化庁主催でこの秋開催されます。

ちょっと待って!そんな展覧会開催するの聞いていないよ〜どこの美術館でやってるの??と気になりますよね、焦りますよね、チェック漏れかと思い。

実はこの2つの日本美術を紹介する大規模な展覧会、日本国内ではなく現在海外の美術館で行われているのです。


「江戸絵画名品展」

こちらの会場はロシアのプーシキン美術館
文化庁は,平成30年9月4日から平成30年10月28日にかけてロシア連邦・モスクワ市のプーシキン美術館において「江戸絵画名品展」を開催します。文化庁主催海外展をロシアで開催するのは今回が初めてです。

本展覧会は,日露間における人的交流の拡大に向けた方策の一つとして安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が合意した「ロシアにおける日本年」の主要イベントの一つです。




日本国内でこの規模の展覧会を開催したら何十万人も押し寄せる人気展になること間違いなし。冷静に考えると今現在これらの作品は、日本ではなくロシアにあるのです!

「国宝 鷹見泉石像」渡辺崋山筆(東京国立博物館)
「国宝 納涼図屏風」久隅守景筆(東京国立博物館)
「重要文化財 風神雷神図屏風」尾形光琳筆(東京国立博物館)
「重要文化財 夏秋草図屏風」酒井抱一筆(東京国立博物館)
「重要文化財 群仙図屏風」曽我蕭白筆(文化庁)
「重要文化財 万歳図」与謝蕪村筆(文化庁)
「冨嶽三十六景神奈川沖浪裏」葛飾北斎筆(千葉市美術館)
「富士山図屏風」狩野探幽筆(板橋区立美術館)

日本から出品される国宝,重要文化財を含む116件は当然ながらロシアでは初の展示となります。果たしてあちらの方々の目に江戸絵画はどのように映るのでしょう。

そしてロシアっ子に人気を博すのはどの作品なのでしょうか。気になります。セーラームーン大好きなメドベージェワにもこの展覧会観てもらいたいですね。


「江戸絵画名品展」

会期:平成30年9月4日(火)〜10月28日(日)
開会式:平成30年9月3日(月)
会場:ロシア・モスクワ市プーシキン美術館
https://pushkinmuseum.art/
主催:文化庁,東京国立博物館,プーシキン美術館
特別協力:千葉市美術館,板橋区立美術館

そして、もう一つの蘆雪展はスイス連邦・チューリッヒ州のリートベルク美術館で開催されています。


「長澤蘆雪―18世紀日本のアバンギャルド」展
この展覧会は,(1)長澤蘆雪の芸術に対して近世の禅思想はどのような影響を与えたか,(2)蘆雪はなぜ特に動物,子供,禅機といった画題にこだわったか,(3)蘆雪はパトロンとどのような関係をもったか,(4)蘆雪の作品に彼が活躍していた地方の特殊性がどのように反映するか,(5)蘆雪の誇張した表現への傾向にはどのような原因があったか,という研究テーマにより,54件の名品をもって蘆雪の画業を網羅します。

重要文化財「紙本墨画竜虎図のうち虎図」長澤蘆雪筆(無量寺所蔵)


「寒山拾得図」長澤蘆雪筆(高山寺所蔵)

「江戸絵画展」はまだバラエティー豊かな作品が並ぶので日本美術初見の海外の人にも興味を持ってもらえるかと思いますが、芦雪展となるとクセが強いので果たしてどうでしょう。

いきなり、芦雪の作品見せられて「凄い!」とはなりませんからね。

逆にスイスの方たちの素直な感想や反応が知りたくなります。

それにしても、紀串本町の禅宗名刹,無量寺の本堂障壁画の展示を、展覧会会場の中心に障壁画を約35枚,オリジナルの位置関係で見せるとはかなり本気です。



会期:平成30年9月6日(木)〜11月4日(日)
開会式:平成30年9月5日(水)
会場:スイス・チューリッヒ州 リートベルク美術館
http://www.rietberg.ch/en-gb/home.aspx
主催:文化庁,リートベルク美術館

日本古美術海外展のページ時折チェックしてみましょう!

そして、偶然この時期にロシアかスイスに行かれる用事のある方、是非展覧会も。これは自慢できますよ〜


かわいい こわい おもしろい 長沢芦雪 (とんぼの本)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5224

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| 展覧会告知 | 22:53 | comments(1) | trackbacks(0) |
「Edo⇄2018 すみだ川再発見!『ふねと水辺のアートプロジェクト』」
有名現代アーティストが隅田川を活用したアート作品を公開する「ふねと水辺のアートプロジェクト」が2018年9月よりスタートします。


「Edo⇄2018 すみだ川再発見!『ふねと水辺のアートプロジェクト』」
https://sumidagawa2018.com/

江戸時代、生活や経済を支える物流の基盤として、そして葛飾北斎などの文化人が芸術文化を生み出す場として、人々の日常生活に寄り添い、親しまれてきた隅田川。

「ふねと水辺のアートプロジェクト」は、浮世絵に多く描かれた江戸の名所である「水辺」を現代の「アート」で活性化させ、その価値を世界に向けて発信するプロジェクトです。

現時点で分かっているプロジェクトは以下の3つ。いずれも国内のみならず世界で活躍している現代アーティストです。

「ふねと水辺のアートプロジェクト」

【Project 1】

ファスナーの船:運航日は9月中旬以降に発表
江戸のころから花見や花火、月見などで賑わう隅田川は、庶民の遊び場であるとともに、武蔵国(むさしのくに)、下総国(しもうさのくに)という2つの国を隔てる国境でもありました。そんな境界の役割を担ってきた隅田川が、「ファスナーの船」で開かれたり、繋がったり――。水面をカンヴァスとし波紋を描きながら 前へ進むその姿を、「地球を開く」というイメージにまで昇華させた本作品が、隅田川の新しい未来を開き、川岸で見守るたくさんの人たちの笑顔を繋ぎます。
<アーティスト>鈴木康広(すずき・やすひろ)
東京造形大学デザイン学科卒業、東京大学先端科学技術研究センター客員研究員、武蔵野美術大学空間演出デザイン学科准教授。日常の何気ない風景や身近な物からインスピレーションを受け、物事の見方を変える作品を国内外で多く発表している。平成29年度文化庁文化交流使に就任し、海外各都市を巡る。

【Project 2】

西野達プロデュースのアートスペース:詳細は9月中旬以降に発表
隅田川に賑わいをもたらし、注目を集めるような非日常の空間が出現!春夏秋冬、花見、花火、月見、雪見で「大川」(隅田川の江戸時代の呼び名)を遊んだ江戸っ子に倣って、隅田川に親しみ、遊び、新たな視点をもたらす仕掛けを、アーティストの西野達がプロデュース。かつて葛飾北斎が描き、川岸には多くの芝居小屋が立ち並んで活気にあふれ、文芸作品の題材ともなった隅田川。江戸 から現代へと姿を変えてきた水辺の風景を、あらためて見つめ直し、体感してみませんか?
<アーティスト>西野達(にしの・たつ)
東京都とベルリンを拠点に活動。世界中の有名な彫像などを仮設壁で囲み、リビングルームやホテルに変えるなど大掛かりなインスタレーションを制作。パブリックなものをプライベートなものに変容させることで、鑑賞者の日常的な観念を壊す。2011年のシンガポールビエンナーレでは、マーライオンを取り込んだ「The Merlion Hotel」を発表。

【Project 3】

うろうろ船を探せ!:9月2日(日)実施
江戸時代、両国の船遊びの際などに、遊山船と呼ばれる屋形船の間を漕ぎ回って飲食物を売った小船「うろうろ船」がありました。そのうろうろ船が、現代の隅田川に復活。余分な添加物は使わず、良質なバターで仕上げる手作りクッキーなどが地元で人気の社会福祉法人「墨田さんさん会」が、江戸をモチーフに加えた新商品を皆様にお届けしに参ります。あっちをうろうろ、こっちをうろうろ――。
<アーティスト>野口一将(のぐち・かずまさ)
東京芸大美術学部建築科を首席卒業後、青木淳建築計画事務所勤務を経て独立。ギャラリー、住宅等の建築や内装設計など、建築家として活躍する一方、アーティストとしてロンドンやパリ、ベルリン、NYCなど世界各地で展覧会も行う。カナダ発、世界最高峰のデジタルアート集団・Moment Factory等とのコラボも実績あり。



このプロジェクトは墨田区主催のアートイベント「隅田川 森羅万象 墨に夢」(通称:すみゆめ)と同時開催で行います。

台船、屋形船、水上バス、水上タクシーなど多種多様な船の上で様々な体験を提供する、9月2日(日)のキックオフ企画「すみゆめ踊行列」を皮切りに、12月28日(金)まで数々のすみゆめイベントが行われます。

「Edo⇄2018 すみだ川再発見!『ふねと水辺のアートプロジェクト』」
https://sumidagawa2018.com/

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5215

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 展覧会告知 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
「博物館でアジアの旅」テーマはインドネシア!
東京国立博物館にて、東洋館の作品を紹介する「博物館でアジアの旅」が2018年9月4日(火)〜9月30日(日)開催されます。


https://www.tnm.jp/

2014年からはじまった「博物館でアジアの旅」も今年で4回目。今回のテーマは赤道にまたがる1万以上の島々からなる国インドネシア。

古来、人と物の盛んな往来があり、インドや中国をはじめとする各地に起源をもつ文化と土着の文化とが融合して、活力に満ちた独自の文化を育んできました。

東洋館12・13室では各地との活発な交流によって栄えた多様なインドネシアの作品を紹介します。


カイン・パンジャン(腰衣)白地唐草花禽獣文様(こしごろも しろじからくさはなきんじゅうもんよう)バティック
インドネシア、ジャワ島北岸、プカロガン 20世紀前半
(展示期間:9月4日〜11月4日)
赤と青を基調とした華やかな色使いで、様々な海と陸の生き物をデザイン。腰に巻いてスカートとして着用します。

ジャムバラあるいはクベーラ坐像
インドネシア、 中部ジャワ時代・8〜9世紀
(展示期間:9月4日〜12月25日)
ヒンドゥー教でも仏教でも信仰された福徳の神。太鼓腹に、財宝を吐き出すマングースを手にするのが特徴です。

インドネシア、ジャワ島東部 17〜18世紀 J.C.ベイレフェルト氏寄贈
(展示期間:7月18日〜10月14日)
クリスは神秘的な霊力をもつと考えられています。現代のインドネシアでも、男性が正装をする際に腰帯に挿します。

どれも興味深いものばかりですが、個人的に「これは!」と目に留まったのが「ワヤン」で用いられる人形です。

ワヤンとは、インドネシアの人形芝居のこと。約千年前に始まり現在も盛んに上演される伝統芸能です。

影絵人形を用いるワヤン・クリと木彫りの人形を用いるワヤン・ゴレがあります。


ワヤン・ゴレ ウマルモヨ
インドネシア、中部ジャワ 20世紀 田枝豪氏寄贈
(展示期間:9月4日〜12月25日)
木彫りの人形ワヤン・ゴレ。イスラーム教に基づく『アミル・ハムザ物語』で活躍する将軍ウマルモヨを表しています。
ワヤンを画像検索するとおお〜と思わせる多くの人形が見られます。



実はこのワヤンが、オーストリアのウィーンで活躍したエゴン・シーレに影響を与えていると言われています。

シーレの作品と比べてみて下さい。


エゴン・シーレ「アルトゥース・レスラー」1910年


エゴン・シーレ「自画像」1911年

ジョジョがシーレから影響を受けたと荒木氏も仰っていますが、シーレのこの独特な人物表現が、実はインドネシアの伝統的な人形劇ワヤンが元であることはほとんど知られていないのではないでしょうか。

2011年にオーストリアのレオポルド美術館で開催されていた「エゴン・シーレ展」で目にしちょっとした衝撃をうけました。

アートの世界では、いつなにがどこでどう繋がりを持つか分からないものです。インドネシアの伝統芝居とウィーンの世紀末を駆け抜けたシーレがまさか接点があろうとうは。



博物館でアジアの旅 日本インドネシア国交樹立60周年
「海の道 ジャランジャラン」


期間:2018年9月4日(火)〜9月30日(日)
開館時間:9:30〜17:00
※金・土曜日は21:00まで、9月中の日曜日と9月17日(月・祝)、24(月・休)は18:00まで、9月21日(金)・22日(土)は22:00まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日
※ただし9月17日(月・祝)、24(月・休)は開館、9月18日(火)、25(火)は休館
会場:東京国立博物館 東洋館
https://www.tnm.jp/


エゴン・シーレ 死と乙女 [DVD]

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5210

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 展覧会告知 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
【お知らせ】
おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」
「上原コレクション名品選」
「セーヴル、創造の300年」
「パリ・グラフィック」
かみさんが選ぶ「2017年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2017年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

<< 2/34PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...